SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。

さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■クイズの答えは……

正解:キウイフルーツ

難易度:★★★☆☆

甘さたっぷりの新種も登場

キウイフルーツは1年を通して流通しているため、旬の時期がわかりずらいのですが、国産ものの収穫量のピーク、つまり旬は11月~4月頃となります。

国産のキウイフルーツは収穫時期となりますが、その後一定期間追熟させて食べ頃の状態で出荷されるため、市場に出回る量が増えるのは12月頃からとなります。

キウイフルーツの生産国といえば真っ先にニュージーランドを思い浮かべる人が多いと思います。しかし原産国は中国で、20世紀初め頃にニュージーランドに種が持ち込まれて、品種改良の後、本格的な商業栽培がスタートして世界中に普及したといわれています。

ニュージーランドに伝来した当時は、チャイニーズグーズベリーと呼ばれていましたが、ニュージーランドの国鳥「キーウィ」に似ていることから「キウイ」という名がつけられました。

スーパーで見かけるのキウイフルーツのほとんどがニュージーランド産ということで国産ものは珍しいと思われがちですが、実は、もともと国産ものも流通していたのです。

ところが近年では、安価な輸入ものの増加に押され、国産ものの生産量が減少傾向となってしまっているのです。

しかし、ここにきて世界的な燃料費高騰と円安の影響で、輸入ものの価格が高騰。国産ものの価格のほうが安いといった逆転現象が発生しているという報道もされています。

キウイフルーツには、果肉が緑色の「グリーンキウイ」、黄色い「ゴールドキウイ」の2種類が代表的ですが、新品種の種の周りが赤いグラデーションになる「レインボーレッド」も人気となっています。

甘みと酸味のバランスがとれた品種はグリーンキウイで、爽やかな味わいが特徴です。ゴールドキウイは酸味が控えめで甘味が強めの品種です。

新品種のレインボーレッドは糖度の高さが特徴で、ほかのキウイフルーツが11~16度くらいなのに対し、平均で17度前後、20度を超えるものもあります。

ちなみに、「さるなし」というひと口サイズのキウイフルーツに似た日本に自生する果物がありますが、これもキウイフルーツの仲間です。

次のページ
美味しいキウイフルーツの見分け方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…