MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
cafe OGU1(和食/東尾久)|栄養たっぷりな日替わり給食メニュー

cafe OGU1(和食/東尾久)|栄養たっぷりな日替わり給食メニュー

東尾久エリアの和食店「cafe OGU1 (カフェ オグイチ)」のおすすめメニューのグルメ取材記事と写真のページ。お店は若い女性が切り盛りする、Wi-Fi完備の一見おしゃれなイマドキのカフェ。しかし、ここではオトナの心をくすぐる魅惑のメニューを出している。

cafe OGU1(最寄駅:赤土小学校前駅)

元給食調理員が作る栄養たっぷりなイマドキの給食メニュー

それは日替わりの学校給食。オーナーの小林さんは、江戸川区など約10校で腕を振るった元給食調理員。主菜、副菜、汁物など150種類以上もあるレパートリーの中から季節に合わせた献立を組み立てている。さてさて、この日のメニューは、子供達に大人気という豚&鶏挽き肉にネギや味噌を練り込んだ「松風焼き」に、醤油で煮た大根おろしを絡めた「野菜のおろし和え」、汁物は鶏肉とキノコや野菜をふんだんに使った「鶏どり汁」。味も彩りも栄養バランスもバッチリの優秀な一食だ。ン十年前の思い出に浸りつつ、では手を合わせて「いただきます!」

日替り給食ランチ
900円

ランチタイムはドリンク付きで牛乳をチョイス! 子供用にはキッズサイズ(500円)も用意

お店からの一言

オーナー 小林早希さん

「デザートに懐かしの揚げパンはいかが?」

cafe OGU1 (カフェ オグイチ)の店舗情報

[住所]東京都荒川区東尾久1-33-1 [TEL]03-5901-2779 [営業時間]8時~19時 ※ランチタイム有 [休日]水 [交通アクセス]日暮里・舎人ライナー赤土小学校前駅から徒歩4分

電話番号 03-5901-2779
2017年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
153views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt