SNSで最新情報をチェック

「皇室と駅弁のつながり(2)」では、昭和、平成、令和と時代を追って、さらなる皇室と駅弁のつながりを紐解いていく。平成以降、地方への移動には飛行機のご利用が増えている。“空弁”なる存在も気になるところだが、“機内食”の出番を奪うことはできないだろう。駅ごとに彩り豊かな食を味わうことができる列車旅。駅弁の旅は続くよ、どこまでも。

icon-gallery

鉄道の旅を好まれた昭和天皇

戦後の全国御巡幸以降、昭和天皇は鉄道を利用して全国を旅して回った。無論、ご公務であることは言うまでもないが、長距離の移動であっても飛行機は使わず、鉄道での移動を好まれた。結果、必然的にお召列車の中でのご昼食の機会が多くなり、歴代天皇の中では“駅弁”を一番召し上がったのは昭和天皇であった。

なかでも、1958(昭和33)年10月にお召列車で碓氷峠(群馬、長野県境)を越えて富山県へ向かわれた際に、途中の国鉄信越本線横川駅(群馬県)で駅弁を購入された。特別にあつらえた陶製の容器で提供された特別メニューの駅弁「特製 峠の釜めし」に、昭和天皇は大変ご満悦のご様子だったと伝え聞く。

また当時の皇太子(現在の上皇陛下)ご一家も、幾度となく訪れた軽井沢でのご静養の際には、碓氷峠を行き交う列車の中で「峠の釜めし」を召し上がったそうだ。

当時の献立をもとに、陶製の容器を使用して再現した駅弁「特製 峠の釜めし」=写真提供/荻野屋
昭和天皇(25歳)、香淳皇后(23歳)の時に撮影されたお写真=宮内公文書館蔵

チキン弁当がお好き?

平成の時代、ご公務で地方へ向かわれた日は、おおむねご訪問先の知事らとご昼食をともにされるのが慣例となっていた。その後、ご年齢を重ねられた天皇陛下(現在の上皇陛下)の負担軽減を理由に、移動中の列車内もしくは飛行機内でご昼食をおとりになられてから、現地入りされるように改められた。このため、「車中ご昼食」「機内ご昼食」といった機会が増えることになった。

上皇陛下(当時の天皇陛下)は、列車の中で駅弁を召し上がることを楽しみにされていたそうで、事前に駅弁のパンフレットをお取り寄せになり、美智子さまとお弁当談議に花を咲かせながら、お選びになったという。なかでも上皇陛下は、東京駅の有名駅弁がお好みのようで、ご注文の回数が一番多いのだとか。美智子さまは、上皇陛下と同じ駅弁になさったり、ご自身でお好みのものを選ばれることもあったそうだ。

残念ながら、お弁当の種類は非公表。一説では「チキン弁当がお好み」とも伝えられるが、 当の駅弁業者に真意を問うと、「お弁当の種類はお答えはできない」との由。食材や容器も市販されている駅弁と同じ、とのことだったが……。

東京駅の有名駅弁「チキン弁当」(NRE)=2023年6月2日、新幹線車中にて写す
お召列車(特別車両)の中から奉送者に向けてお手ふりでお応えになる上皇ご夫妻(当時は天皇、皇后両陛下)=2012年10月6日、東京駅
次のページ
愛子さまも召し上がった?...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

工藤直通
工藤直通

工藤直通

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…