SNSで最新情報をチェック

行楽のおとも、鉄道旅行の楽しみといえば、「駅弁」ではないだろうか。昨今、大手百貨店の駅弁大会や身近なスーパーでも駅弁フェアなる催事が行われ、家庭でも気軽に味わうことができるようになった駅弁。皇室と駅弁のつながりは意外にも古く、明治時代まで遡る。はたして歴代の天皇は、どのような駅弁を召し上がったのだろうか。

icon-gallery

駅弁の起源には諸説あり

はじめて駅弁が販売されたのは、1885(明治18)年7 月16日の東北本線の宇都宮駅(栃木県)として紹介されることが多い。しかし、このほかにも1877(明治10)年の梅田駅(大阪府)や神戸駅(兵庫県)、1883(明治16)年の上野駅(東京都)などが名乗りを上げている。これらは、握り飯を竹の皮で包んだもので、その後、1890(明治23)年に姫路駅(兵庫県)で現在のような箱(折り詰め)に入ったものが販売されるようになり、こちらを「駅弁の元祖」とする説もあるほどだ。

ちなみに、駅弁に関する記念日は二つあり、4月10日の「駅弁の日」と7月16日の「駅弁記念日」である。前者は、国内の駅弁業者でつくる日本鉄道構内営業中央会が1993(平成5)年に制定したものであるが、後者は“宇都宮駅のはじめて”に由来する。

商業施設「GINZA SIX(ギンザシックス)」(東京・銀座)に出店している「峠の釜めし」で有名な荻野屋東京。定番商品はもちろんのこと、“銀座のわっぱめし”や“世界の釜めしシリーズ”など、駅弁をおしゃれにアレンジして販売している=2020年1月13日

列車で「ご昼食」のはじまり

1890(明治23)年10月26日、明治天皇と昭憲皇太后は、近衛諸兵秋季演習を御視察のため、茨城県を訪問された。上野駅を出発した御召列車(※戦前期は“御”と記す)は、水戸駅を目指すものの、当時はまだ常磐線はなく、東北本線の小山駅(栃木県)を経由して水戸線で茨城県へ入られた。

朝8時55分に上野駅を出発して、水戸駅に着いたのが午後1時55分で、途中休憩のため45分間の停車が2回あったにせよ、実に5時間もかかった。当時、すでに“駅弁”というものが存在しており、明治天皇の側近らも「移動中に食事をとれば効率よく目的地に到着できる」と考えたのだろう。明治天皇と昭憲皇太后は、小山駅と岩瀬駅(茨城県)の間(現在の水戸線)を走る御召列車の中で食事をとられた。

無論、食堂車などが存在しなかった時代のことであり、天皇と皇后は別々の車両(御料車)に乗られていたため、”仲よく顔を突き合わせてお食事”とはならなかった。では、どのような献立だったのかというと、残念ながら記録が残されていない。おそらく、小山駅近くの旅館か料亭が調理したものか、またはその厨房を使用して宮内省の料理人が作った「お弁当」だったのではないだろうか。車窓を楽しみながらの食事は、明治天皇と美子皇后(はるここうごう/昭憲皇太后の旧名は一条美子)にとって“はじめての体験”であり、それは格別なものとなったに違いない。

当時は、このような献立のものを召し上がったのではないだろうか=イメージPhoto
明治天皇 御聖影=宮内公文書館蔵
昭憲皇太后(美子皇后当時のお写真/はるここうごう)=宮内公文書館蔵
次のページ
名古屋駅で“駅弁”を購入...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

工藤直通
工藤直通

工藤直通

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…