SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末Web』で好評連載中の「ニッポン“チャーラー”の旅」から端を発した(!?)、スタンプラリー型の食べ歩きイベントが、2024年8月31日まで愛知県内の中華料理店全12店を舞台に開催中。公式アンバサダーを務めるライター・永谷さん自ら全店制覇を目指します。その第2弾。今回も2軒巡りました。

4日で全店制覇のツワモノ現る!

名古屋市内及び近郊にある12軒の中華料理店でチャーラーを食べ歩くイベント「チャーラー祭り2024夏 supported by おとなの週末」。6月15日(土)から始まり、なんと、わずか4日間で全店制覇を成し遂げた猛者がいるとの報告を受けた。

全12店を4日間で巡ったということは、昼と夜、そしておやつにチャーラーを食べたということになる(笑)。どれだけ強靭な胃腸の持ち主なのだろう。客に扮しておいしい店を探す『おとなの週末』の覆面取材要員としてスカウトしたいくらいである。

元祖名古屋中華とは

さて、マイペースながら私もコツコツとチャーラー祭りの参加店を巡っていて、今回も2軒の店をレポートしたいと思う。

『元祖名古屋中華 渡辺』外観。駐車場も完備している
『元祖名古屋中華 渡辺』外観。駐車場も完備している

まずは、名古屋市熱田区伝馬町にある『元祖名古屋中華 渡辺』。店の入口にはチャーラー祭りのポスターが掲げられ、イベントを盛り上げたいという店主の心意気が伝わってきた。

注文したのは、提供メニューである「炒飯+冷麺」(1210円)。町中華における夏の定番だが、このセットはチャーラー祭りが終わる8月31日(土)までの限定メニューとか。

各テーブルに置いてあるチャーラー祭り提供メニューのPOP
各テーブルに置いてあるチャーラー祭り提供メニューのPOP

ふと、店内の壁に目やると、「冷やし中華 950円(税込1045円)」という貼り紙が目に飛び込んできた。と、いうことは「炒飯+冷麺」の炒飯はたったの165円(笑)。お値打ちすぎる

実はここ、激安のセットメニューがウリというか、それまでアラカルトのみだった中華料理店にセットメニューを普及させた革命的な店の流れを汲む店なのである

「先代が料理長として働いていた覚王山の『真弓苑』という店で中国人の料理人、蔡洪涛(さい こうとう)さんと出会い、互いに切磋琢磨して料理の腕を磨きました。そして、コーヒーを注文するとトーストやゆで卵が付いてくる喫茶店のモーニングサービスを参考にお値打ちなセットメニューを出したところ、大人気となりました」と、店主の渡辺司さん。

その後、先代と蔡さんは独立。先代は名古屋駅前に『中国料理 千龍』を、蔡さんは千種区に『中国料理 龍美』を開店させた。渡辺さんは兄弟とともに『中国料理 千龍』で働いていたが、2年前に独立してここをオープンさせたのだ。

店内入口近くに掲げられた名古屋中華についての紹介文
店内入口近くに掲げられた名古屋中華についての紹介文

一方、『中国料理 龍美』の蔡さんは5年前に亡くなり、現在は息子さんが後を継いで店を切り盛りしている。渡辺さんと、蔡さんの息子の斎藤さんは今も親交があり、セットメニューが充実している両店を「元祖名古屋中華」としてPRしている。また、『中国料理 龍美』もチャーラー祭りに参加しているので、いずれ紹介させていただく。

次のページ
炒飯と冷麺の無限ループ...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

永谷正樹
永谷正樹

永谷正樹

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。7月16日発売の8月号では、夏の食の風物詩「う…