MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(旧店名:武蔵野 はせがわ)|うどん好きならば、この店名にピンと来るだろう。大泉学園にある武蔵野うどんの名店『長谷川』から暖簾分けし、2016年にオープンした。

perm_media 《画像ギャラリー》うどんの名店「長谷川」から暖簾分けした今大注目の新宿のうどん屋の画像をチェック! navigate_next

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽(最寄駅:新宿駅)

名店の味を受け継ぐ大注目のニューカマー

香川から取り寄せるふすま(小麦の外皮)を加え、練ってからひと晩寝かせた麺は、パンチ力抜群の香りと旨みを持つ。武蔵野うどんにありがちなゴツゴツとした剛麺ではなく、そののど越しはなめらかそのものだ。さらに“うどん前”も大充実。その日の朝水揚げされたばかりの魚の刺身や、趣向を凝らしたつまみが勢揃い。まずはクラフトビールの生でカンパイしたら、料理に合わせて厳選した地酒に切りかえ、じっくり酒盃を傾けたい。

本日の鮮魚盛り合わせ
1400円

プリッとした身は新鮮さの証。この日はブリ、イトヨリダイ、カサゴなど

かまぼことマスカルポーネの炙り
500円

添えられたワサビがまったりとしたコクを引きしめる

サバの生ハム
680円

牛すじぶっかけうどん白
750円

デミグラスソースで煮込んだ濃厚な牛スジにひけをとらない麺の存在感だ

肉盛りうどん
800円

ツユに入ったスペイン産豚バラ肉のコクが麺の風味を引き立てる

お店からの一言

店長 筒井智紀さん

「クラフトビールは生で常時2種類あります!」

蔵出し和酒と江戸前天ぷら 甲州街道 賽の店舗情報

[住所]東京都渋谷区代々木2-13-6 YU-WAビル地下1階 [TEL]03-6276-2451 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(フード22時、ドリンク22時半LO)、土12時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]計31席/全席禁煙/平日の昼以外は予約可/3000円以上でカード可/サなし、お通し代300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅南口から徒歩6分

電話番号 03-6276-2451
2018年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店に足を踏み入れると鰹ダシの豊潤な香りに包まれる。加えて名古屋人絶賛の味噌煮込みうどんがいただけると聞けば、自然と期待値も上がるはず。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル