MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
薫る蕎麦の風味を、いっそう堪能!そばがきに惹かれて 東京厳選3店

薫る蕎麦の風味を、いっそう堪能!そばがきに惹かれて 東京厳選3店

蕎麦屋の一品の中でもファンが多い〈そばがき〉は、なんといっても薫る風味が身上。また、形状や食感もさまざまで、店ごとの個性が窺えるのも面白い。そんな奥深い〈そばがき〉を、歴史も踏まえて考察してみたい。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

perm_media 《画像ギャラリー》薫る蕎麦の風味を、いっそう堪能!そばがきに惹かれて 東京厳選3店の画像をチェック! navigate_next

室町砂場 赤坂店(最寄駅:赤坂駅)

蕎麦湯に浮くこれぞ王道の“ザ・古典”

そばがき大 1200円

江戸蕎麦御三家の流れをくむ『室町砂場 赤坂店』では、風味の強いもり蕎麦用の蕎麦粉を蕎麦湯で練る。丸く整え、箸で切りやすいように放射状に切れ目を入れる。
蕎麦湯に浸かっているのは温かいまま提供するためだ。だからこそ程よい弾力があっても舌触りはごく滑らか、つるりとのど越しよくいくらでも食べられそうだ。薬味はネギ、大根おろし、わさび。


[住所]東京都港区赤坂6-3-5 [TEL]03-3583-7670 [営業時間]11時~19時半LO、土~19時LO ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]テーブル16席、座敷14席、計30席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅6番出口から徒歩1分

東白庵 かりべ(最寄駅:神楽坂駅)

まるでムースのごとき食感の”ふわとろ”

そばがき 1300円

『東白庵 かりべ』の、熱湯を加え一気に高速で掻くそばがきは、空気を含んで驚くほどふんわり。まるで赤ちゃんのほっぺたのように柔らかく、口の中でとろりとほどける独特のテクスチャー。
この食感が評判を呼び、これを目当てに来る客も多い。蕎麦粉はせいろと同じ長野県黒姫産と新潟県塩沢産のブレンドで、香りと味のバランスがいい。ダシ醤油かそばつゆをお好みで、薬味はネギとわさび。


[住所]東京都新宿区若宮町11-7 [TEL]03-6317-0951 [営業時間]11時半~14時半LO、18時~22時LO、日・祝11時半~21時LO ※蕎麦が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]24席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線神楽坂駅1番出口から徒歩5分

蕎亭 大黒屋(最寄駅:浅草駅)

蕎麦の香り弾ける”粗挽き”

そばがき粗挽き 1750円

『蕎亭 大黒屋』名物の粗挽きそばがきに使うのは妙高山麓で昔から栽培されてきた希少な「こそば」。それを主人の菅野成雄さんが自ら目立てした石臼で挽き、美味しさを最大限に引き出している。
専用の土鍋で掻いて熱々で出すそばがきは、力強い香りとつきたての餅のような食感に驚かされる。旨みが濃いのでそのままでも絶品だが、ダシ醤油や国産きなこも添えられている。


[住所]東京都台東区浅草4-39-2 [TEL]03-3874-2986 [営業時間]18時~22時※完全予約制 ※ランチタイム有 [休日]日・月 [席] テーブル20席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩9分

蕎麦食の原始の姿にして 奥深きはそばがきの世界

 そばがきは実にシンプルな料理といえる。蕎麦粉を蕎麦湯や水などで練ったもので、蕎麦食の原始的な食べ方であり、当然ながら蕎麦切りよりも歴史は古い。石臼の登場で蕎麦粉が普及した初期の頃から、蕎麦の産地では常食のひとつとされてきた。そこで「カイモチ」「カッケ」「ソバネリ」などさまざまな地方名が残っている。現代の蕎麦屋では主役の蕎麦切りの陰に隠れた存在であるが、実は各店ごとに工夫を凝らしているので、食べ比べてみると面白い。

 「そばがきは水分量が大切。多すぎると水っぽくなり食べ応えがありません。少ないと固くなってしまいます」と話すのは『室町砂場 赤坂店』主人の村松豊さん。老舗蕎麦店らしく箸でちょうどちぎれるほどの固さで蕎麦湯に浸して提供する。一方、『東白庵 かりべ』は現代的ともいえるスフレのようなふわふわ感で、調理時間はなんと約20秒。「蕎麦は火が入るほどに香りが飛びますので早さが命です」と店主の苅部政一さん。希少な在来種「こそば」を粗挽きでそばがきに仕立てるのは『蕎亭 大黒屋』。粗挽きならではの蕎麦そのものをダイナミックに味わう美味しさがある。「もちもちしたねばりや甘みの強さは『こそば』ならではの特長です」と主人の菅野成雄さん。

 味付けもそれぞれに工夫があり、かえしを使ったつゆを添えたり、生醤油やダシ醤油であったり、『蕎亭 大黒屋』のようにきなこをつけるとデザートのようにもなる。薬味のネギは蕎麦よりもむしろ合うし、大根おろしやわさびも塩梅がいい。

 一見すると野暮ったい形態のそばがきだが、実は蕎麦切りよりも蕎麦の味がダイレクトに味わえるので、その店の蕎麦を知るには絶好のメニューである。「修業先の『竹やぶ』では、新そばが入荷するとまずそばがきを作って試食し、蕎麦の特長を確かめていました」と教えてくれたのは苅部さんだ。そばがきは蕎麦100%で作り、蕎麦切りのように茹でないので味が逃げず、香りも飛びにくい。従って蕎麦本来の味がよく分かるという。シンプルな調理法であるがゆえに、職人の心意気が現れる奥深きそばがき。蕎麦の香り豊かな新蕎麦のこの時期にこそ、味わいたいというものだ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
カルボナーラから和え麺まで 蕎麦の新風(ニューウェーブ)|蕎麦といえば、歴史ある江戸前の粋な食べ物。いってしまえば、見た目は地味! そう思う人が増えたのか、最近は見た目からして派手なインスタ映えする“創作系”が増えているんです。そして、味も個性的。そんな新世代のお蕎麦をお見せしましょう。
肌寒くなってくると、選択肢の上位に浮上するのがカレー南蛮。蕎麦のつゆを利用した懐かしい味もあれば、計算され尽くした新発見の味も。新旧を食べ比べれば、カレー南蛮を見る目が変わりますよ。
『熱々をすすれば、心まで温かく 感涙の待つ「温蕎麦」』湯気とともに芳醇な香りを立ち上らせるつゆ。牡蠣や天ぷらなどの具材とつゆの旨みをまとった蕎麦。すするたびに温かさと美味しさが口に広がるこだわりの温蕎麦は、必ずや感動を呼ぶこと間違いなし。
蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン
華やかな種もの蕎麦とは真逆の世界観の蕎麦が「かけ」と「花巻」。その静謐で奥ゆかしく、けれど心底「旨ぇ・・・」と感じる沁み渡る味わいは、姿は地味にして味わいは滋味深い、温蕎麦の宝なのです。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル