MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
旨すぎる「中野ランチ」!知らなきゃ損する9軒を大公開!

旨すぎる「中野ランチ」!知らなきゃ損する9軒を大公開!

東京中野で美味しいランチが食べたいときに役立つお店情報をまとめました!新宿に近いこともあり飲食店の競争は苛烈なため、ボリューム満点なのにびっくりするほど安いお店や、おしゃれな雰囲気のお店もたくさん!その中からおすすめの10店をご紹介します!

perm_media 《画像ギャラリー》旨すぎる「中野ランチ」!知らなきゃ損する9軒を大公開!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

中野といえば、「中野サンプラザ」が一番有名でしょうか。平日はビジネスマンやOLで賑わっていますが、多田神社や氷川神社、哲学堂公園などゆっくり散策できる場所も数多くあり、お休みの日曜日には子連れの家族も来るため、連日多くの人が訪れているエリアです。
今回は、グルメ雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実食してみつけた、絶対に訪れてほしいランチスポットの情報をお届けしていきます。

中野のランチマップ

中野エリアのおすすめランチ情報を、まずは地図で分かりやすく紹介します!

タンメン『十番』(東中野駅 西口 徒歩3分)

▲タンメン 630円

タンメンにどっさり盛られた野菜はニラ、ニンジン、白菜、タケノコ、きぬさや、キクラゲなどバラエティ豊か。創業61年、大きな五右衛門鍋で仕込むスープの淡い味わいは健在。

まさに「町の中華屋」さん!老舗店のこちらは、「タンメン」と「餃子」が有名!
駅近の東中野ギンザ通り商店街にあり、開店前から並ぶ人もちらほら。

白菜やニラなど体に良さそうたっぷりの野菜と、ちゃんぽん麺のように太い縮れ麺が特徴です。野菜の旨味がぎゅっと詰まったスープは、ずっと飲んでいたいほど旨い!焼き餃子はしっかり味が付いていてそのままでも食べられます。中華丼やジャージャーメンも人気の逸品ですよ。

▲『十番』外観

■『十番』
[住所]東京都中野区東中野3-7-26 
[TEL]03-3371-0010 
[営業時間]11時半~14時、17時~20時半 ※ランチタイム有 
[休日]水曜日、第2・4木曜日 
[座席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[アクセス]JR総武線東中野駅西口から徒歩3分

カレー『スパイシーレストランアチャラ・ナータ』(中野駅 南口 徒歩3分)

▲スリランカワンプレートミールス 800円

欧風、インド、タイなど世界各国のカレーが花盛りの都内で、昨今注目を浴びているのがスリランカカレーだ。

オーナーシェフの馬渕さんが現地を旅しながら、レストランのシェフや友人の母親から習得したという料理は、油ひかえめであっさり。

じわじわ人気の出ているスリランカカレー。インドカレーとは少し違ったサラサラのカレーです。
こちらのお店は一見入りにくそうですが、中はアットホームな雰囲気!店主さんもフレンドリーです。

ランチはリーズナブルな「ワンプレートミールス」のみで、カレーはチキンかポークかを選択。豆カレー、大豆でできたソヤミートカレーもついた、安いのにお得な内容になっています!それぞれを味わった後は、全部混ぜていただくと味の変化を楽しめますよ。

▲『スパイシーレストランアチャラ・ナータ』店内の様子

■『スパイシーレストランアチャラ・ナータ』
[住所]東京都中野区中野2-27-14 丸萬ビル3階 
[TEL]]03-3381-3128 
[営業時間]11時半〜14時半LO、18時〜21時LO 
[休日]火曜日、水曜日、祝日の月曜日
[座席]テーブル1席×2卓、2席×3卓、4席×1卓 計12席/全席禁煙/カード不可/夜のみ予約可/サなし 
[アクセス]JR中央線ほか中野駅南口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ラーメン『バラそば屋』(中野駅 北口 徒歩3分)

▲バラそば(塩味玉) 900円

グループ初となる塩豚骨ラーメンの専門店バラそば屋で、豚の持つ独特の甘みを引き出した“最後まで飲み干せるスープ”を目指して味作りをしている。

ひときわ目を引く山盛りの肉は、羽釜でやわらかく煮込んだ豚バラチャーシュー。特製ダレでしっかり味付けしたものを、薄くスライスして盛り付ける。

平日はもちろん、土・日営業の塩豚骨専門のラーメン屋は、11時のランチタイムから深夜までず~っと営業しているので、食べたいときにいつでもその味を堪能することができます!!

火加減を見ながらじっくり煮込んだとんこつスープは、コクがあり、特製のタレで味付けした柔らかい豚バラチャーシューとネギの歯ごたえが絶妙なアクセントに!最後まで飽きることなく食べられます♪

▲『バラそば屋』店内の様子

■『バラそば屋』
[住所]東京都中野区中野5-59-14 
[電話]03-6454-0719 
[営業時間]11時~24時
[休日]無休 
[アクセス]JRほか中野駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム有

うどん『讃岐のおうどん花は咲く』(新中野駅 2番出口 徒歩3分)

▲彩り4種野菜のかき揚げぶっかけ 900円

「お客様にお腹いっぱいになって帰ってほしい」と、普通盛りを他店よりも多い350g以上で提供。

鰹、昆布、イリコ、ウルメ、ゲソからとるダシは、素材の旨みを最大限引き出せるように各々温度管理をしながら、1日2回、昼夜の分を分けてとる。麺は小麦粉4種をブレンドしてしっかり寝かすため、弾力のある食感だ。

うどん天下一決定戦2017で、東日本第1位、全国第2位にランキングされた、名物の「極上肉うどん」が食べられるのがこちらのお店!丸2日寝かせた麺はコシがあって柔らかく、子供から大人まで幅広く支持されています。

人気メニュー「極上肉うどん」もいいのですが、おすすめしたいのは、写真の「彩り4種野菜のかき揚げぶっかけ」。どどーんと高く積まれたかきあげの中心はネギ!見た目のインパクトを楽しんだ後は、丁寧にとった濃い出汁をかけて、さっそくいただきまーす!
意外にあっさりとした味わいでなのでどんどん箸が進みますが、最後にはお腹いっぱいになりますよ!

▲『讃岐のおうどん花は咲』店内の様子

■『讃岐のおうどん花は咲く』
[住所]東京都中野区中央4-6-12 
[TEL]03-6454-1546 
[営業時間]11時~15時、17時~21時、土曜日・日曜日・祝日:11時~15時、17時15分~21時15分 ※麺がなくなり次第終了
[休日]毎月第3水曜日
[座席]カウンター11席、テーブル2席×2卓、3席×1卓、4席×1卓 計22席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[アクセス]地下鉄丸ノ内線新中野駅2番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

ドライカレー『カフェハイチ』(中野駅 南口 徒歩10分)

▲ドライカレー 700円

南の海を思わせる青い皿の上に、こげ茶色のドライカレーがのった丸いライスが無人島のようにぽかりと佇んでいる。このフォトジェニックな光景が「懐かしい」となる人はきっと多い。

以前新宿で人気を博したお店が、中野で復活!当時の人気メニュー、ドライカレーがそのままの味で楽しめると大人気!
野菜やパイスの凝縮されたうまさがクセになる味で、サイドメニューの温玉を乗せて食べるのもオススメ。

外観も店内も、異国感満載!ひとりでも行きやすいこじんまりしたお店で、週替わりのワンコインランチも見逃せないです!

▲『カフェハイチ』外観

■『カフェハイチ』
[住所]東京都中野区中野3-15-8 マンション増田103 
[TEL]03-6454-1512 
[営業時間]10時~19時、木曜日~日曜日:10時~21時  ※ランチタイム有 
[休日]無休 
[座席]テーブル10席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[アクセス]JRほか中野駅南口から徒歩10分

うどん『うどんや大門』(中野駅 北口 徒歩5分)

▲かけ「ひやひや」小 400円

店主の一押しは冷たいうどんに冷たいツユをかけた「ひやひや」。香川の醤油を使った透き通るダシは清らかで、ほのかな甘さが小麦の風味を引き立てる。

こちらはカウンターのみのお店で、明るい雰囲気!女性も入りやすく、ひとりランチにも最適。
しなやかな細麺に、繊細でクリアなスープが合わさり、最後まで一滴も残さずに食べたくなる美味しさです。それなのにこの安さ!大でも600円というから驚きです。

冷やした麺に冷やしたつゆで食べる「ひやひや」がお店の一番の自信作!梅や豚肉の乗ったぶっかけもイチオシです!
店主がジブリの製作スタッフだったことから、店内にはイラストも飾られていますよ。

▲『うどんや大門』店内の様子

■『うどんや大門』
[住所]東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ地下1階 
[TEL]なし 
[営業時間]11時~18時
[休日]水曜日 
[座席]カウンター8席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[アクセス]JRほか中野駅北口から徒歩5分

蕎麦『ら すとらあだ』(中野坂上駅 3番出口 徒歩3分)

▲平打ちかけそば 太打ちせいろ 細切りせいろ ※すべてコースの蕎麦

店主の日比谷さんが打つ蕎麦は手挽き、自家製粉。パスタのような平打ちから蕎麦の旨みが濃厚な太打ちなど、各地の農家から届く蕎麦を、それぞれの特徴を考えて使い分けている。

住宅街に隠れ家のように佇む看板のないお店は、そば好きなら絶対にに一度は訪れるべき名店です。なかなか入ることができないので、事前の予約は必須!

ランチはコースのみで、贅沢にも平打ちや細切りなど3~4種のそばを食べ比べることができます♪それぞれの違いをじっくり味わっていただきましょう!

日本酒の種類が豊富なのも魅力的なので、夜にも訪れたいですね。

▲『ら すとらあだ』店内の様子

■『ら すとらあだ』
[住所]東京都中野区本町2-41-2 
[TEL]03-6276-8364 
[営業時間]火曜日・木曜日:12時~14時、水曜日・金曜日:18時半~21時、土曜日: 12時~16時 
[休日]日曜日、月曜日 
[座席]カウンター3席、テーブル4席、計7席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、お通しなし 
[アクセス]地下鉄丸ノ内線中野坂上駅3番出口から徒歩3分

ラーメン『味噌麺処 花道』(野方駅 徒歩3分)

▲味噌ラーメン 850円

スープは、鶏胴ガラやゲンコツ、コラーゲン質のモミジや豚足、ジャガイモなどの野菜類を長時間炊き、濃厚に仕立てたもの。ラードと共に鍋で煽り、焦げ目を付けた白味噌を合わせることで、濃厚ながらもマイルドで上品な印象に仕上がっている。

火曜以外は朝早い8時半から営業している、人気の味噌ラーメン店がこちら!
とろみのあるスープは、鶏ガラや豚足、野菜を煮込み、焦げ目のついた白味噌と合わせたもので、にんにくの効いた濃厚な味になっています!

麺は中太でもちっとしており、野菜は無料で大盛りにできるので、本当にボリューミー!男性も大満足のランチです!!
辛い味が好みの方は、味噌をベースにした辛味の強い「辛味噌ラーメン」や「辛味噌つけめん」もおすすめですよ。

▲『味噌麺処 花道』外観

■『味噌麺処 花道』
[住所]東京都中野区野方6-23-12 
[TEL]03-6902-2619
[営業時間]火曜日:10時半~23時、月曜日・水曜日~日曜日8時半~23時
[休日]無休 
[座席]カウンター6席、テーブル4名×2卓 計14席 
[アクセス]西武新宿線野方駅から徒歩3分

カレー『トリコカレー』(中野駅 徒歩6分)

▲カツカレー 1200円

おとなの週末「カツ&メンチカツカレー」特集掲載店舗。

酒とスパイスに漬けて揚げたカツは薄めながら、カレーに負けぬ濃い味わい。

ちょっとおしゃれなカレー屋さんは、カジュアルデートのランチにもぴったりな雰囲気。
酒とスパイスで漬けこんだカツを乗せた「カツカレー」はぜひ食べてほしい逸品!他にも、野菜たっぷりのカラフルな「ピピカレー」など、男女ともに満足できそうなメニューが豊富に揃っています。

カレーがとても濃厚なので、チキンスープを入れて自分好みの濃さにして食べるのが、こちらのお店のオリジナルスタイル!好みで量を調整し、自分だけのオリジナルな味わいを堪能しよう!

■『トリコカレー』
[住所]東京都中野区中野4-20-6 
[TEL]03-5942-4504 
[営業時間]11時45分~16時、18時~22時 
[休日]不定休
[アクセス]中野駅より徒歩6分

おわりに

たくさんのおすすめ飲食店がある中野エリアのおすすめ店をご紹介してきましたが、気になるお店は見つかりましたか?
どこも人気店なので、予約ができる場合はすることをおすすめします!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル