MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ふくや六地蔵店(郷土料理/和田塚)|鎌倉で山形料理と季節の旬菜が楽しめる蕎麦バー!

ふくや六地蔵店(郷土料理/和田塚)|鎌倉で山形料理と季節の旬菜が楽しめる蕎麦バー!

鎌倉・大町にある山形郷土料理『ふくや』の2号店。蔵を改装したホステルの1階という、異色の立地が面白い。

perm_media 《画像ギャラリー》ふくや六地蔵店(郷土料理/和田塚)|鎌倉で山形料理と季節の旬菜が楽しめる蕎麦バー!の画像をチェック! navigate_next

ふくや六地蔵店(最寄駅:和田塚駅)

山形への愛があふれる酒と蕎麦とつまみ

宿泊客もゲストも気軽に利用できる蕎麦バーで、定番の山形郷土料理と季節の旬菜、そして秋から冬にかけて芋煮が登場する。〆は山形独特の冷たい蕎麦か、はたまた体の中から温まる芋煮カレー蕎麦か、大いに迷うのも楽しい。

秋茄子揚げ浸し、玉こんにゃく、厚揚げ
486円、324円、648円

ダシがじわっと香る揚げ茄子は季節料理。味が染みた玉こんに南蛮の薬味が美味しい油揚げなど、どれも日本酒がクイクイすすむ

出羽桜山廃ひやおろしグラス
864円

日本酒はひやおろしが入荷中

つったい肉そば
918円

冷たいダシで食べる蕎麦が山形流だ

お店からの一言

店長 宮本良一さん

「芋煮も始まりましたよ!」

ふくや六地蔵店の店舗情報

[住所]神奈川県鎌倉市由比ガ浜2-5-16 [TEL]0467-25-2227 [営業時間]7時半~10時、11時半~22時(※月・火はランチ休、18時~22時)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全12席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]江ノ島電鉄和田塚駅から徒歩4分、JR横須賀線ほか鎌倉駅西口から徒歩7分


電話番号 0467-25-2227

撮影/西﨑進也 文/岡本ジュン

2018年11月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
関連記事
海外はもちろん、国内への旅もなかなか難しい昨今。旅へ行きたい! という気分を満たすべく、都内で楽しめる全国の郷土料理店をご紹介! ここでは、北海道、広島、沖縄の店が登場。郷土の味と酒を楽しみながら、少しでも旅気分を味わってみては?
生産者から直送の新鮮な馬刺しに、オーダーが入ってから衣を付けて揚げた熱々の辛子蓮根、歯触りしゃっきりの一文字ぐるぐるなど、熊本が誇る旨いものが一挙に集結。そんな心魅かれる郷土料理に加えて、カウンター内にある焼き場で煙を上げるのが、日本最大級の地鶏「天草大王」の串だ。
炭火で丁寧に焼かれた名物の「銀鯖串焼き」をひと口含めば、パリッと焼かれた皮の食感の後にジュワリと脂が溢れ出す。そのあと繊細な旨みが押し寄せるが、脂はむしろサラリとしていることに驚く。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
2018年2月、徳島県が情報発信拠点として開業。レストラン、バー、マルシェ、宿泊施設が揃うなど、充実の内容だ。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル