MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
蕎麦前 ながえ(そば/尾山台)|世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。約100種のお酒もあり!

蕎麦前 ながえ(そば/尾山台)|世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。約100種のお酒もあり!

店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。

蕎麦前 ながえ(最寄駅:尾山台駅)

透明感溢れるつゆで二八をたぐる

合わせる酒は王道に日本酒でもいいけれど、焼酎の原酒や古酒なんて変化球にいくもよし。ゆるゆると酒盃を傾けたら、〆の温蕎麦にも胃袋をぐっとつかまれるのだ。本枯節と昆布でとったダシに、薄口と白醤油のかえしを合わせた、すっきりとキレのある琥珀色のツユが、酒の後の舌にしっとりなじんでくれる。自家製粉して二八で打った心地良い喉ごしに蕎麦をたぐる箸が止まらない。

鴨南蛮そば
1620円

蔵王産の合鴨は、自家製ダレと共に蒸し煮にして繊維の中まで味をしみ込ませている。添えてある2枚は酒のアテにするもよし、熱々の汁にくぐらせ蕎麦と共に味わうのもよし

花巻そば
1050円

蓋をあけた途端に立ち上る有明海苔の香りをまずは堪能したい。別添の本ワサビを汁に溶かせばさらに香りが膨らむ

蕎麦前セット
910円

この日は焼き味噌、はりはり漬け、板わさ、金華鯖ハムの燻製、ワサビ茎のかえし漬けなど。昼から注文できるのも嬉しい

花垣生酛純米70グラス750円、武勇酒蔵生酛純米グラス540円、やまと桜純米酒グラス540円。日本酒は約50種、焼酎は約40種を揃えている

お店からの一言

店主 中溝伊織さん

「昼酒も大歓迎!つまみも揃えています」

蕎麦前 ながえの店舗情報

[住所]東京都世田谷区等々力4-9-3 M'sGarden尾山台1階 [TEL]03-3701-6050 [営業時間]11時半~14時(LO)、18時~21時(LO)※ランチタイム有 [休日]火、1/1~1/4 [席]カウンター席あり、全14席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急大井町線尾山台駅から徒歩2分 ※夜は酒とつまみの注文必須で、20歳以下は入店不可


電話番号 03-3701-6050

撮影/貝塚 隆 取材/菜々山いく子

2019年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
夏到来! 今年はマスク必須でこれまで以上に厳しい暑さとの戦いになること必至です。そんなときはつるつるっといただける爽快感抜群の冷やし麺が一番!! 冷やし中華や冷麺、ラーメンに、蕎麦、うどん。すすりにすすって見つけた三ツ星麺をご覧あれ。ほか、夏に効く「辛くて旨いもの」、この夏食べたい「アイス&ソフトクリーム」特集もあります。
179views 本誌紹介
赤羽屈指の行列店で、言わずと知れた讃岐うどんの名店だ。一番人気は、ジューシーな鶏もも肉の天ぷらが3つと大根おろしがのる「かしわおろしぶっかけ」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt