MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
蕎麦前 ながえ(そば/尾山台)|世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。約100種のお酒もあり!

蕎麦前 ながえ(そば/尾山台)|世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。約100種のお酒もあり!

店名に「蕎麦前」と冠するように、ここは酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋だ。玉子焼きやわさび芋といった大定番の他に、手書きメニューの季節の一品にも心惹かれる。

perm_media 《画像ギャラリー》蕎麦前 ながえ(そば/尾山台)|世田谷区にある酒と肴を嗜む大人のための蕎麦屋。約100種のお酒もあり!の画像をチェック! navigate_next

蕎麦前 ながえ(最寄駅:尾山台駅)

透明感溢れるつゆで二八をたぐる

合わせる酒は王道に日本酒でもいいけれど、焼酎の原酒や古酒なんて変化球にいくもよし。ゆるゆると酒盃を傾けたら、〆の温蕎麦にも胃袋をぐっとつかまれるのだ。本枯節と昆布でとったダシに、薄口と白醤油のかえしを合わせた、すっきりとキレのある琥珀色のツユが、酒の後の舌にしっとりなじんでくれる。自家製粉して二八で打った心地良い喉ごしに蕎麦をたぐる箸が止まらない。

鴨南蛮そば
1620円

蔵王産の合鴨は、自家製ダレと共に蒸し煮にして繊維の中まで味をしみ込ませている。添えてある2枚は酒のアテにするもよし、熱々の汁にくぐらせ蕎麦と共に味わうのもよし

花巻そば
1050円

蓋をあけた途端に立ち上る有明海苔の香りをまずは堪能したい。別添の本ワサビを汁に溶かせばさらに香りが膨らむ

蕎麦前セット
910円

この日は焼き味噌、はりはり漬け、板わさ、金華鯖ハムの燻製、ワサビ茎のかえし漬けなど。昼から注文できるのも嬉しい

花垣生酛純米70グラス750円、武勇酒蔵生酛純米グラス540円、やまと桜純米酒グラス540円。日本酒は約50種、焼酎は約40種を揃えている

お店からの一言

店主 中溝伊織さん

「昼酒も大歓迎!つまみも揃えています」

蕎麦前 ながえの店舗情報

[住所]東京都世田谷区等々力4-9-3 M'sGarden尾山台1階 [TEL]03-3701-6050 [営業時間]11時半~14時(LO)、18時~21時(LO)※ランチタイム有 [休日]火、1/1~1/4 [席]カウンター席あり、全14席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急大井町線尾山台駅から徒歩2分 ※夜は酒とつまみの注文必須で、20歳以下は入店不可


電話番号 03-3701-6050

撮影/貝塚 隆 取材/菜々山いく子

2019年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
自家製粉にこだわる、2代続く町の蕎麦屋さん。北は北海道から南は島根県まで、各地の蕎麦農家から収穫の出来や時期に合わせて仕入れ、そのときいちばん美味しい玄蕎麦を店で挽く。
立ち食い蕎麦、そしてセルフサービスのチェーン系蕎麦店。そんな気軽に味わえる蕎麦屋が今、どんな蕎麦屋よりもおもしろ美味しく大繁盛中なのだ!! 東京、神奈川にあるお店11軒をドドンとご紹介!
天然や地物にこだわり季節感を大切にしている。当日、何が出てくるかは暖簾をくぐってみなければ分からない。
立ち食い蕎麦のトッピングの王様といえば、これはもう天ぷらである。
 そんな天ぷらが白眉の店が、本郷三丁目の『そば処 はるな』。
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカレーが美味しいお店をご紹介します。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル