MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ノウラ(ビストロ/浅草)|カジュアルなフレンチビストロ店☆デザートやアラカルトも充実♪

ノウラ(ビストロ/浅草)|カジュアルなフレンチビストロ店☆デザートやアラカルトも充実♪

高過ぎるコストパフォーマンスに僭越ながら客代表で感謝状を贈りたい。その店は星付きのフランス料理店『オマージュ』の裏にある姉妹店だから『ノウラ』。

perm_media 《画像ギャラリー》ノウラ(ビストロ/浅草)|カジュアルなフレンチビストロ店☆デザートやアラカルトも充実♪の画像をチェック! navigate_next

ノウラ(最寄駅:浅草駅)

驚愕のコスパに感謝感激。正統派フレンチビストロ

いわゆる高級店の前者に対し、カジュアルなビストロ料理を楽しめる。コースは選べるプリフィクスで、そのレベルがすごかった。自家製スモークサーモンの前菜、王道ステーキ……と続けば脳内歓声鳴り止まず。大満足で満腹。がここは追加で魯肉飯もいってしまおう。台湾? となるだろうが実はコレ、『オマージュ』の賄いだった名物なのだ。香辛料が利いた丼飯はどこかホッとする味。ちなみに予約は前日から。思い立ったら『ノウラ』だ。

コース メイン(ブラックアンガス牛のステックフリット)
3800円(プリフィクス料理は季節や仕入れで変わる)

サーロインステーキは噛むほどに肉の旨みがあふれる

小さなスープ(ガスパチョ)

トマトベースの冷たいスープ

前菜(タスマニア産スモークサーモンのラタトゥイユ詰め)

スモークサーモンの中はラタトゥイユ。ハーブクリームをトッピング

アミューズ パンケーキ

サクふわの食感。トリュフとバターの香りが食欲をそそる

デザート(クレームブリュレ)

表面カリッと中は滑らか。

魯肉飯
500円

台湾醤油と黒糖、八角などの香辛料で煮た豚ウデ肉と豚足、半熟玉子を白飯にオン

お店からの一言

シェフ 松本義夫さん

「アラカルトもあります。シンプルに食材の美味しさを楽しんでほしい」

ノウラの店舗情報

[住所]東京都台東区浅草4-10-6 [TEL]03-6458-1255 [営業時間]11時半~15時(14時LO)、18時~21時LO(月が祝の場合、日は~21時LO、月~20時LO)※ランチタイム有 [休日]月・火 [席]全22席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA、masterのみ)/サ10%、お通し代なし [交通アクセス]つくばエクスプレス線浅草駅から徒歩9分、地下鉄銀座線ほか浅草駅1番出口から徒歩12分


電話番号 03-6458-1255

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
福岡市内で話題のエリア「渡辺通」にある『ビストロ・クワバラ』は、独自のメニュー構成であることに加え、看板猫がいることでも人気のお店です。そのメニューと、かわいい猫ちゃんに迫ります。
扉の向こうは、高井シェフによって繰り広げられる美味なる劇場だ。元は料亭で腕を振るった和食の職人で、ワインとの出合いをきっかけにフレンチにどっぷりハマってから十数年。
輝かんばかりの肉オーラ。見るからに旨そうだ。いやかなり旨い。正体はこの店の二大看板。出荷数が少ないため「幻の和牛」と称される宮崎県の尾崎牛とイタリア産高級牛のファッソーネピエモンテ牛。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル