MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
コンビニダイエットでおすすめの【おやつ】ベスト13!

コンビニダイエットでおすすめの【おやつ】ベスト13!

ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアで売っているたくさんの美味しいおやつの中から、ダイエット中におすすめしたいスイーツやお菓子を厳選!間食しやすい一口タイプから本格的なものまで、見逃せない情報が満載です!

perm_media 《画像ギャラリー》コンビニダイエットでおすすめの【おやつ】ベスト13!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

ダイエット中でもおやつが食べたい!そんな時に是非参考にしてほしいおやつを、グルメ雑誌「おとなの週末」でコンビニダイエットのコラムを書いている人気ライターが厳選しました。

一見すると体重が増えてしまいそうな商品も、意外にも糖質がコントロールされていて、ダイエットにもってこいの商品ということも、、、!さっそくご覧ください♪

小腹が空いたときの定番おやつ!

『糖質を考えたシュークリーム』

いくらダイエット中でも自分の好きなものを完全にシャットアウトする必要はない!要は食べる量とか頻度の問題。というわけで、「生クリームたっぷりのスイーツは糖質が低い」ことに気づいたので、ナチュラルローソンの優秀なスイーツを紹介しよう。

■購入したコンビニエンスストア:ナチュラルローソン
■販売価格:120円(税別)※取材当時

低糖質だけど、脂質が多めでカロリーはおにぎり1個分くらい。しかしスイーツにしてはかなりの低カロリーだ!

『塩と油を使ってない素焼きのアーモンド』

ダイエット中の間食として注目された“素焼きナッツ”。栄養価が高く、量を間違えなければ低カロリー!いまや大手コンビニの定番商品になっている。自分もダイエット中の間食や、酒のつまみとして素焼きナッツをよく食べていたが、体重は順調に減っていった…。

■購入したコンビニエンスストア:ファミリーマート
■販売価格:128円(税抜)※取材当時

1袋食べても209キロカロリーなので、おにぎり1個分程度で問題ない。しかし一度に1袋食べてしまうよりは、何回かに分けて1日かけて食べた方がベター。

『赤城乳業「ガリガリ君 ソーダ」』

ガリガリ君は乳成分をほとんど含まない“氷菓”の代表選手。クリーミーで濃厚なアイスは、脂質が多く高カロリーになりがち。しかし、ガリガリ君などの氷菓は脂質ゼロのものが多く、低カロリーなのだ。

■購入したコンビニエンスストア:都内某コンビニ
■販売価格:メーカー希望小売価格70円(税別)※取材当時

69キロカロリー、脂質ゼロ、炭水化物(ほぼ糖質)が18.1グラムと、ダイエット中に食べるアイスとしては最高のスペックだ。

『ブランクリームサンド』

ブランには普通の小麦粉では不足しがちな食物繊維がたっぷり含まれているのが特徴。
こちらはバニラクリームをサンドした定番のビスケットで、味もいたって普通。しかし1袋(4個入り)で食物繊維が約15グラムも摂れるのだ。
1個でも3グラム以上の食物繊維を含むので、食前に1個食べておけば糖の吸収を緩やかにする効果が期待できる。

■購入したコンビニエンスストア:ローソン
■販売価格:148円(税込)※取材当時

『ダノン「オイコス」』

よく見かけるようになったギリシャヨーグルト。食べ比べた結果、おすすめはダノン「オイコス」だ!
クリームチーズのようなコクがあり、満足感もある。それでいて100キロカロリー未満で、脂質ゼロ!たんぱく質は通常のヨーグルトの約2倍も含まれている。
低カロリー、高たんぱくな上に、乳酸菌も摂れるのでダイエット中の間食として理想的というわけだ。

■購入したコンビニエンスストア:都内某コンビニ
■販売価格:「ダノン〈オイコス〉プレーン・加糖」160円前後(税込)、「ダノン〈オイコス〉ストロベリー」170円前後(税込)※取材当時

『ブランパン』

何がスゴイって、糖質がとにかく少ないのだ!おにぎり1個の糖質が35グラムほどあるのに対して、ブランパンは1個2.2グラム。しかも食物繊維が1袋11.4グラムもあって腹持ちが良く、便秘も予防できる。

■購入したコンビニエンスストア:ローソン
■販売価格:125円(税込)※取材当時

栄養成分はダイエットフードとして超ハイスペック!味は淡泊だがトーストしたり、ハムやレタスをサンドするなど、ひと手間かけてアレンジするとよりおいしい。

冷凍フルーツも見逃せない!

『アヲハタ「くちどけりんご」&「くちどけいちご」』

ダイエット中にアイスが食べたくなったら、なるべくカロリー控えめなものを選ぼう! というわけで今回アイスの代わりにおすすめしているのは冷凍フルーツ。カロリーが低く、食品添加物をほとんど使っていないことも魅力の理由だ。

■購入したコンビニエンスストア:セブンイレブン
■販売価格:くちどけりんご、くちどけいちご 各170円(税込)※取材当時

いちごは果糖で甘みを加えてあって炭水化物(糖質+食物繊維)が約12グラムあり、49キロカロリー。りんごもほぼ同じ47キロカロリー。ダイエット中の間食として問題ない!

『なめらかな食感 アップルマンゴー』

内臓を冷やすと基礎代謝が下がりダイエットにはあまりよろしくないが、それも量の問題。食べ過ぎなければ問題はない。要はどんなアイスを選ぶかで、セブンイレブンで売っている「濃厚でなめらかな食感 アップルマンゴー」はアイスのように食べられる!

■購入したコンビニエンスストア:セブンイレブン
■販売価格:200円(税込)※取材当時

原材料はマンゴーのみ、甘味料はもちろん食品添加物は一切使われていない。冷凍されていてもガチガチに硬いわけではなく、解凍しなくても“まるでアイスのような食感”でヒヤッとおいしく食べることができる!

『スタールビーグレープフルーツ』

ダイエット中はなるべく低糖質&低カロリーなものを選びたい!ということでアイスではないんだけど、解凍しないでアイスのように食べても冷たくて美味しいセブンの冷凍フルーツをおすすめします。
現在ではフルーツの種類もかなり増えていて豊富にラインナップしている。

■購入したコンビニエンスストア:セブンイレブン
■販売価格:200円(税込)※取材当時

グレープフルーツの栄養成分は1袋で糖質12.5グラム、55キロカロリーと、低糖質&低カロリー。丁寧に薄皮をむいて冷凍されている。
南アフリカ産のスタールビーという赤身の品種で、種が少なく食べやすい。
冷凍フルーツはいろんな種類を買っておいて、気分によって食べ分けたり、ミックスしてスムージーにするのもおススメ。

まだある!知っておきたい注目商品

残念ながらも既に販売が終了しているものや、コンビニでの取り扱いが終了してしまった商品にも、魅力的なものはたくさんあります。
どの商品も、復活や再販を願わずにはいられません!

『THEセブンロール』

ダイエットのモチベーションを維持させるには「好きなものを食べる!」のが一番だ。
「THEセブンロール」は糖質は15グラムくらいで、おにぎり1個の半分以下。これなら糖質を気にせず食べられる。
しかも生クリームが濃厚で最高にうまい!ダイエット中に週2〜3回は食べていたが、体重はグングン減っていった。

■購入したコンビニエンスストア:セブンイレブン
■販売価格:170円(税込)※取材当時

栄養成分表示に糖質の項目がない場合、炭水化物を見れば糖質量を推測できる。炭水化物は「糖質+食物繊維」のことで、普通のスイーツの場合はほぼ糖質と考えていい。

『仙大豆「ソイチップス」』

今回紹介する仙大豆の「ソイチップス」を見つけたときは、これはダイエット中でも食べられる!いや、ダイエット中だからこそ食べたいスナック菓子だと思った。
まず1袋で197キロカロリーしかないのに、たんぱく質が20.3グラムも含まれていることに驚いた。

■購入したコンビニエンスストア:ナチュラルローソン
■販売価格:299円(税込)※取材当時

さらに糖質と脂質が一般的なポテトチップスと比べて圧倒的に少なく、とてもヘルシーだ。ノンフライだから脂質も低く抑えられていて“高たんぱく&低脂質”なスナック菓子に仕上がっている。
低糖質で食物繊維もたっぷり。食物繊維は1袋で約1/2の9.2グラムも摂ることができる。

『ビオクラ食養本社「大豆チップス」』

ダイエット中でも食べらるスナック菓子として、原料に大豆を使った優秀なスナック菓子を見つけた。今回紹介する 「大豆チップス」は主原料の大豆はもちろん、油や甘味料、食塩まで国産品にこだわって作られているビオクラ食養本社の商品だ。

■購入したコンビニエンスストア:ナチュラルローソン
■販売価格:198円(税込)※取材当時

3種類のフレーバーがあり、自分が一番おいしいと思ったのが「あおさビネガー」。1袋でタンパク質が15.5グラムと、内容量35グラムの4割以上を占めるハイプロテイン。それでいて糖質はわずか6.2グラムと、糖質制限中でも食べられる。開封したら、食べきるまで止まらないという人でも安心。

『マクロビオティッククッキー』『チョコレート』『ドライマンゴー』

他のコンビニでは扱っていないようなヘルシーフードの品ぞろえが豊富で、意識高い系のコンビニとして知られるナチュラルローソン。プライベートブランドの商品も素材や製法にこだわったものが充実し、ダイエット中の間食にも食べられそうなお菓子がたくさんある!

■購入したコンビニエンスストア:ナチュラルローソン
■販売価格:かぼちゃのマクロビオティッククッキー、ココナッツシュガーチョコレート、ピュアドライマンゴー 各198円(税込)※取材当時

ココナッツをチョコレートでコーティングしたシンプルなチョコで、ココナッツのザクザク食感と、ハイカカオ(チョコレート生地中のカカオ72%)の濃厚な風味が同時に楽しめる。こちらは食物繊維も1袋で4.2グラム摂取でき、ダイエット中の間食として優秀。1袋で184キロカロリーと控えめだ。

おわりに

ここまで、セブンイレブン、ファミリーマート、ナチュラルローソンなど、おもなコンビニエンスストアで販売していた、ダイエット中におすすめのおやつをご紹介してきましたが、気になる商品は見つかりましたか?色んな商品を試してみて、納得のいくものを見つけてください!
美味しいおやつで心が満たされ、楽しくダイエットに励めますように、、、!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル