MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おと週的料理系YouTubeの世界「Genと文庫食堂」

おと週的料理系YouTubeの世界「Genと文庫食堂」

ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。

perm_media 「Genと文庫食堂」の動画を画像でチェック! navigate_next

夜はまさに高画質時代! に、逆行する昭和96年の動画

映像はとんでもないスピードで進化を遂げている。4Kとか? ウルトラHDとか? テレビは叩けば直るもんだと教えられた時代に生まれた私には、ハテ、なんのことやら? なのだけども。そして昨今ではテレビ業界だけでなく、YouTube界にもそんな高画質な動画の波が押し寄せている

しかし! そんな世の中とは真逆の方向に突き進んでいる動画もあるのだ。それが「Genと文庫食堂」というチャンネルで紹介している「昭和96年に作られた料理」シリーズ。おわかりだと思うが、昭和96年を西暦に直すと2021年。令和の技術をフル活用して、バチバチの昭和風に作り込まれたお料理動画なのだ。

このシリーズの動画は、ぜひ音量をONにして見てほしい。なぜならご覧のように画像の粗さと共にガッサガサな音も昭和感たっぷり。まさにテレビが白黒からカラーに切り替わった時代を彷彿とさせるお料理番組を再現している。

加えて、そこに吹き込まれたナレーションの旨さよ! なんていうか、かつてのNHKアナウンサーを思わせる名調子風のイントネーションに聞き入ってしまう。途中まで、本当に過去の料理番組かと思っていたが、シャープ製の炊飯器が映った瞬間(動画開始から2分後頃)、令和に呼び戻された。

昭和映像の中に、ちょいちょい挟み込まれる令和

それに、この紳士的なアナウンサー風のナレーションの中にも「沸騰してくると、とんでもねえ量のアクが出てきやがるので」とか、「殺人的に赤い福神漬けを添えて行きます」と、ちょいちょい毒舌を挟んでくるのがたまらない!

さらにこちらは、まさに昭和のご馳走、ナポリタン。

新国立競技場すら昭和の景色

冒頭では、この夏に開催された東京オリンピックについて触れている。昭和の映像に移された新国立競技場の姿は現代なのに、どこかノスタルジック。

そうそう、ナポリタンである。作り方はいたって普通。そもそもこれは、ナポリタンの作り方を紹介する趣旨の動画ではない。ナポリタンという料理を通じて、昭和を味わう動画なのだ。

ナレーションで学生時代に朝までやってる喫茶店で、深夜3時にナポリタンを頬張っていると向かいに座った可愛い女の子から宗教の勧誘をされたというエピソードが笑えるので、どうぞ最後までご視聴を。

これらの動画を通じてお気づきの方もいると思うが、このシリーズでは画面サイズをあえてブラウン管時代のサイズに合わせ、それがなんともいい感じに昭和感を醸し出す。スクショ画像の両端が切れているのはそのためだ。しかも、動画の最初と最後に流れるCMまでも作り混んでいて、その卓越した編集センスに舌を巻く!

提供は動画の製作者Genさんも大好物という今治に実際にある和菓子店と、とあるYouTubeチャンネル

この「Genと文庫食堂」のチャンネルには、この「昭和96年に作られた料理」シリーズ以外にも膨大な手間と時間をかけて、コカ・コーラやケンタッキーフライドチキン、はたまたタバスコの完全再現にチャレンジした動画やら、飯テロ必至の料理を作っている様子を美しい映像でお届けする動画など非常に奥が深いので、またの機会にぜひ触れていきたいと思う。

文/菜々山いく子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
菜々山いく子

「おとなの週末」ライター歴15年。毎月の覆面調査により、これまで食べ歩いた飲食店は都内を中心に3000軒くらい。趣味は海釣りとYouTubeの視聴という陽キャと陰キャを行ったり来たりの生活を送っています。好きな食べ物はTKGと旬の時期限定の生イクラの醤油漬け。

関連するキーワード
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
かれこれ20年ほど前、カンボジアで夜道を歩いていた私は、ベトナム人のおばちゃんに突然、抱き着かれた。故郷で暮らす娘とそっくりで間違えたのだという。翌朝、娘への手紙を託された私は、ベトナムへと向かうバスに乗り込んだ。果たして、無事、そっくり顔の娘に会えるのかーー。インドシナ前編に続き、後編もお楽しみください。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル