MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
スパイス際立つ三ツ星カレー!東京でおすすめ7店<前編>(カレー/東京)

スパイス際立つ三ツ星カレー!東京でおすすめ7店<前編>(カレー/東京)

素材の旨み、スパイスの香りがまろやかに溶け合った欧風カレーは確かに美味しい。しかしここ数年増えてきているのは、インドやスリランカなどのペッパーやクローブ、クミンなどスパイスの香りや味わいが際立つカレー。都内で厳選した三ツ星カレーをご紹介!エリア:中目黒/下北沢/半蔵門/秋葉原/表参道/大久保/上石神井 ※ランチタイム有

FORRESTERの「ビーフカレー」【中目黒】

ビーフカレー 900円

フルーツを入れることで、甘みや酸味をプラス。大量のスパイスからあふれる香りや、ほろ苦さもそこに加わり、辛さのなかにも奥行きと厚みを感じさせてくれる

店のコンセプトは“スパイス&ミュージック”。ヒップホップやR&Bの流れる店内でその味を愉しませてくれる。カレーはビーフ、バターチキン、野菜、キーマの4種類を用意。なかでもとりわけファンが多いのが『GHEE』の代名詞とも言えるビーフだ。牛スジから3~4時間かけてとる旨みが濃厚なダシと、14種類のスパイスで具材の牛肉を煮込んだカレーは、フルーティな甘みや酸味を感じた後にやってくる刺激的な辛さがクセになる。 ディナータイムには、腕利きのバーテンダーでもある小山さんが作るカクテルを片手に、ジャークチキンをはじめとしたスパイス料理を愉しむのもいい。

東京都目黒区中目黒1-4-21 エグゼクティブ代官山 201 ☎03-6303-4164 [営]11時半~15時LO、18時~22時LO(土・日・祝は11時半~22時LO) [休]不定休 [席]カウンター4席、テーブル2席×1卓、4席×1卓、5席×1卓 計15席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし [交]東急東横線ほか中目黒駅から徒歩5分

カレーの惑星の「ドライキーマカレー」【下北沢】

ドライキーマカレー 950円

付け合わせは日替わりで、この日は自家製ジンジャーシロップ漬けトマト、紫キャベツのピクルス、小松菜クミン和え ※小鉢は夏の薬味セット(250円)

キーマのゴツゴツとした食感、スパイスが持つ心地よさ、自家ローストしたナッツの風味がアクセントだ。オススメのトッピング「夏の薬味セット」は、水切りヨーグルトやパクチー、キュウリ、ミニトマト、レモンを好みで入れてしっかり混ぜていただきたい。爽やかな酸味とシャキッとした食感が加わり、食欲が増進すること間違いなし。この「ドライキーマカレー」のほかは時期などで変更になるが、「チキンとパクチーのカレー」は、夏期中も提供される予定。各国のビールや果実酒などアルコール類も取り揃え、夜はスパイスバルとしての一面も併せ持つ。

東京都世田谷区北沢3-34-3 石川荘 1階 ☎03-6407-8377 [営]11時半〜14時半LO、18時〜22時LO [休]水 [席]カウンター2席、2席×3卓 計8席/全席禁煙※外に喫煙スペースあり/夜のみ予約可/カード可/サなし [交]小田急線・京王線下北沢駅北口から徒歩8分 ※ランチタイム有

欧風カレー ソレイユの「牛タンカレー温野菜添え」【半蔵門】

牛タンカレー温野菜添え 1800円

牛タンはとろけるような舌触りの柔らかなタン元と、濃厚なコクのタン先の両方をのせ、味わいの違いを愉しめる。リッチなバターライスや、カレーソースとの調和も見事で完成度の高い逸品だ

淡路島産の玉ネギを2日間煮込んだブイヨンに、仔牛の骨からとる“フォン・ド・ヴォー”と、鶏ガラをじっくり煮出した“フォン・ド・ヴォライユ”を合わせていく。ここにクミン、コリアンダー、ターメリックなど15種類のスパイスをバランスよく配合したルウと、ペースト状にした玉ネギを加えて、さらに煮込めば完成だ。バターを加えて炊き上げる香り高いライスと共に頬張れば、なめらかなソースから奥深いコクや旨み、そして豊かな甘みがあふれ出し、スパイスの香りがおだやかに立ち上ってくる。 下茹でしてからカレーソースの中で10時間かけてじっくり火を通した、とろけるような舌触りの牛タンをのせた、1日限定5食の「牛タンカレー」が特にオススメだ。

東京都千代田区二番町11-20 グンショウ二番町ビル 1階 ☎03-6261-0184 [営]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜22時(21時半LO) [休]日•祝 [席]カウンター4席、テーブル2席×6卓、4席×2卓 計24席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード可/夜のみ予約可/サなし [交]地下鉄半蔵門線半蔵門駅5番出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

カレーノトリコの「あいがけカレー」【秋葉原】

あいがけカレー 1200円

ご飯の上に盛りつけられているのが「牛すじドライカレー」で、濃厚な旨みが特徴。こんにゃくを加えることで、食感に変化をつけている。別々に食べるのもいいが、「インド風カレー」と混ぜながらいただくのもオススメだ

たっぷりの香味野菜をスパイスと共に煮込んだ「インド風カレー」は、スープのようなサラリとした口当たり。そこにサラダ油でマスタードシードやカレーリーフ、鷹の爪、クミンをじっくりと炒めて香りを移した“スパイス油”を注文後に1人前ずつ合わせることで、鮮烈な香りが口に広がる。最後にたっぷりのカスリメティ(フェヌグリークの葉)をふりかけ、爽やかな香りと風味をプラス。 「牛すじドライカレー」は下茹でしてペースト状にした牛スジ肉に粗挽きの牛肉と豚肉を加え、旨みを全面に押し出した濃厚な仕上がり。「あいがけカレー」は味わいの異なる両者が皿の中で出会って引き立て合うことで、また新たな美味しさが生まれる逸品だ。

東京都千代田区神田鍛冶町3-5 一八ビル 1F ☎非掲載 [営]11時〜14時、18時〜21時(売り切れ次第終了) [休]土•日•祝 [席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]JR山手線ほか秋葉原駅電気街口から徒歩4分 ※ランチタイム有

ハブモアカレー 野菜とスパイスとインド飯の「カレープレート 」【表参道】

カレープレート 1280円

旬の野菜を堪能できるのがうれしい。「きみひめ」とはトウモロコシの品種でレンズ豆のカレー・ダルの中にたっぷり入る。付け合わせの追加は一品につき150円。辛味ソースは無料。「ベジプレート」も可能だ。スパイスは極力店でローストし、ブレンドされる

インドの定食・ミールスにヒントを受けており、まず単品で味わったらしっかり混ぜて楽しむのがおすすめ。スパイスと素材の相乗効果で、幾重にも広がる味わいが堪能できるはず。野菜は店主が信頼する農家から直送されるもので、その個性と旨みをスパイスで引き出す手腕からは、食材そのものへの愛情も感じられる。付け合わせは5種類ほどから選択するが、追加料金でプラスすることもできる。インドや東南アジアなどのローカルフードを食べているような楽しさがある上、ひと皿ひと皿すべて味付けや食感が異なるような工夫が凝らされている。黄色が鮮やかなターメリックライスの香りも魅惑的だ。

東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山 地下1階 ☎03-3407-7001 [営]11時半~15時半(15時LO)、18時~21時半(21時LO)、日11時半~16時(15時半) [休]木 [席]カウンター8席、2席×3卓、3席×1卓 最大20席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]地下鉄銀座線ほか表参道駅B2出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

ナングロガルの「タカリスペシャルカーナ 」【大久保】

タカリスペシャルカーナ 1300円

カレーはチキンかラムから選べる。他にあっさりとした豆のスープカレー、ジャガイモとカリフラワーのドライカレー、葉野菜を発酵&乾燥させた“グンドゥルック”の漬け物や、トマトから作るソースなどがワンプレートに盛り込まれている

メニューに並ぶのは日本ではめずらしいローカル料理の数々。厨房にはネワール族とタカリ族、食文化の異なるふたつの民族のシェフが常駐。まずネワール族に代表される料理「サマエボウジセット」は、蒸してから潰して干したご飯「チウラ」を中心に、ラムやジャガイモのドライカレーが脇を固める。「タカリスペシャルカーナ」はタカリ族の定食で、バスマティライスを豆やマトンなどのカレー、青菜の炒め物や漬け物などと共に食す。カレーの他にも、写真の「モモ」や、ネワール風お好み焼き「チャタマリ」、干し肉の炒め物「スクティ」などなど、現地の味をそのまま再現したアラカルトも豊富に揃っている。

東京都新宿区百人町1-17-10 常陽第2ビル 3階•4階 ☎03-6304-0933 [営]11時~23時LO [休]無休 [席]テーブル68席  計68席/禁煙席あり/カード可/予約可/サなし [交]JR総武線大久保駅北口から徒歩2分 ※ランチタイム有

ふんだりけの「ムルギーカリー 」【上石神井】

ムルギーカリー 1380円

ムルギーとは鶏肉のこと。煮込んでから余熱で火を通したモモ肉は、身が骨からすんなりとはずれる柔らかさ。この日は豆のカレーも添えられていた。カトゥーリー(カップ)に入っているのは、鶏肉を煮込んだソースとアチャール、ライタ。農家から届く米はハリとコシがあり、カレーによく合う(平日のランチは1080円)

それぞれの食材に適したスパイスを惜しみなく使用し、奥深くもエッジのたった香りや味を表現している。いちばん人気のカレーが写真の「ムルギーカリー」。骨付きの若鶏のモモ肉をまるごと煮込むことで、骨から出る旨みがカレーにさらなるコクをプラス。最後に加えるガラムマサラの香りが爽やかに鼻腔を包み込む。どのカレーにも自家製のライタ(ヨーグルトのサラダ)とアチャール(漬け物)を添えており、カレーをご飯にかけてから、これらをよく混ぜ合わせて食す、南インドそのままのスタイルを提案している。また、6月末には西荻窪に2号店をオープンしたばかり。

東京都練馬区上石神井4-10-19 ☎03-6315-1387 [営]11時半~17時半頃、日•水は11時半~15時頃 [休]不定休 [席]2席×4卓、4席×2卓 計16席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交]西武新宿線上石神井駅北口から徒歩7分 ※ランチタイム有

スパイス際立つ三ツ星カレー!<後編>はこちら

2016年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
厚めにカットされているのに、柔らかくジューシーなことに驚かされるラムチョップ。生後4~6ヶ月のニュージーランド産ラムを、チルドの状態で約2ヶ月かけて船便で取り寄せ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt