MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ワインを気軽に楽しめる!バル・ビストロ×ワイン覆面取材日記(バル&ビストロ/東京)

ワインを気軽に楽しめる!バル・ビストロ×ワイン覆面取材日記(バル&ビストロ/東京)

ワインを気軽に楽しめるおすすめバル&ビストロを探すべく、ライター肥田木が東京都内を大捜索。指令は肉と魚の料理が秀逸な店。日々進化する人気店の数々を調査したら、最近の傾向が見えてきました!

 そうだワイン飲もう! そんな時に向かう先はもっぱらバルかビストロ。だって堅苦しくない雰囲気が楽しいし、手頃なワインと気取らない料理があれば、一緒に行く仲間との距離感もグッと近づく気がするんだもの。

そんなライター肥田木奈々が巡ったのは、肉と魚が自慢の店。いやあ、改めて調査してみたら全体的にレベルが高かった!

 肉系の傾向でいえば、最近オープンした新店は『ステーキ&トラットリアカルネジーオ』『炭焼き& WINE 利三郎』など既存の人気店の姉妹店が続々と登場してるということ。

ステーキ&トラットリア カルネジーオ(最寄駅:大手町駅)

USリブロースローストビーフ 3200円

炭焼き&WINE 利三郎(最寄駅:神田駅)

炭焼きハンガリーの国宝ラツカ羊のミルクラム 2650円

姉妹店といえコンセプトは違うから使い分けできるのもいいし、何より味が安定している。

特に前者のローストビーフはしっとり絶妙な焼き加減で、今ここに書くだけでヨダレもの。おまけに肉はレアだけど脂身部分は好みで食べやすいように炭火でよく焼いてくれる心遣いには参った。


 ほかの店でも共通して感じたのは、雰囲気は気負わないのにそれぞれ店のテーマや信念が驚くほどブレずにしっかりしているということ。

例えば『プレドショウイン』はリヨンの郷土料理、『ボノカーサ』はモツ料理、『ポークストック』は鹿児島の肝付豚、『ル・ジャングレ』はワインの品質管理などに並々ならぬこだわりを持つ。

プレ ド ショウイン(最寄駅:松陰神社前駅)

ローストポーク(限定5皿) 2500円

ボノカーサ(最寄駅:新橋駅)

牛トリッパのカリカリ焼き~ジェノベーゼ~ 920円

ポークストック(最寄駅:東十条駅)

炭火焼 放牧肝付豚モモ 1404円

ル・ジャングレ(最寄駅:飯田橋駅)

成城学園サルメリア69の生ハムサラミ盛り合わせ(100g) 2700円




あ、イマイチの店もありましたよ。鶏に特化した『T』では熟成させた鶏刺身が何とも微妙な臭みで。流行りだからって何でも熟成肉にすればいいってもんじゃないんだな~と思っちゃいました。

 魚系では『アベス』にゾッコン。肉厚サバを使ったスペシャリテのマリネはもちろん、フォアグラがのった牡蠣のピラフがもう旨いのなんのって。

Abbesses|アベス(最寄駅:恵比寿駅)

真サバのマリネ 1800円

こりゃワインが止まらん。確信! 分かっちゃいるけど、やっぱ晩酌的お気軽ワインは、バル&ビストロがテッパンなのです!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1188views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21089views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt