MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
かつを肴に呑める店!東京都内で厳選6店

かつを肴に呑める店!東京都内で厳選6店

おかずの大定番としてだけでなく、酒の肴にもぴったりなのが「かつ」。サックとした衣はビールを呼び、口中に溢れる肉汁は焼酎やワインにもぴったり。絶品「とんかつ」、「カツ」で呑める東京都内の秀逸店を集めてみました!

まるしげ 夢葉家(むようや)(最寄駅:赤坂駅)

梅山豚のロースカツ 1000円

かつに使われる“梅山豚”は日本では茨城の塚原牧場でのみ飼育される超希少な豚だ。魅力は何よりその香り高い脂身。ナッツのような香ばしい風味で、甘やかながらもすっきりとした後味が特長。低温でじっくり揚げたとんかつの、じゅわ~と口中に広がる濃厚な脂や肉の旨みに合わせるなら、ガツンとパンチの効いた黒糖焼酎がおすすめだ。

東京都港区赤坂2-14-8 山口ビル2F ☎03-3224-1810 [営]17時~翌1時LO(金曜・祝前日~翌3時LO)、土曜19時~23時(22時LO) [休]日・祝 [席]カウンター11席、テーブル58席、個室6席、計75席/喫煙可/カード不可/チャージ300円 [交]東京メトロ赤坂駅2番出口より徒歩2分、銀座線溜池山王駅徒歩5分

田中屋(最寄駅:千住大橋駅)

とんかつ 1260円

当時のままの作り方で供されるとんかつは、厚さ約2.5cmとボリューミーだが、酒との相性を高める意味で脂身が切り落とされ、正肉の四角い切り身がきれいに並ぶ姿はどこか気品すら感じさせる。肉厚な身はしっとり滑らかな食感で、肉の旨みも衣の油気もじつに程よいあんばい。脂身がないことで重たさがない分、たしかにすいすいと酒盃が進む。酸の効いた地酒とともにじっくり味わいたい。

東京都足立区千住橋戸町13 ☎03-3882-2200 [営]17時~22時 [休]日 [席]カウンター11席、座敷51席、計62席/喫煙可/カード不可/サなし [交]京成本線千住大橋駅より徒歩30秒

あげもんや(最寄駅:高円寺駅)

とんかつ 650円

メニューは唐揚げやメンチといった王道から、納豆フライ、豚角煮カツといった変わり種もあって多彩だが、やはり押さえるべきはとんかつ。ラードと牛脂を混ぜた油で揚げ、しっかりとした香味をプラス。程よい弾力の豚肉は噛むほどに旨みが滲み出て、衣のコク深い油としっとり溶け合う。そこにグビッと生ビールやハイボールを流し込む幸せといったらもう……。揚げ物天国へぜひ。

東京都杉並区高円寺南4-29-9 第3穴吹ビル1F ☎090-5416-9154 [営]11時半~23時 [休]なし [席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/喫煙可/カード不可/サなし [交]JR高円寺駅より徒歩1分

フーゴー(最寄駅:後楽園駅)

但馬牛100%メンチカツレツ 1280円

この人気ビストロの看板メニューは、熟成肉専門店『京都 中勢以』の但馬牛100%を使用した贅沢メンチカツだ。さっくり揚がった衣にフォークを入れれば、ほんのり赤味がかった断面からはキラキラと肉汁が溢れ出す。と同時にふわりと鼻腔をくすぐるふくよかな香り。たまらず口に含めば、熟成肉ならではの濃厚な旨みが口いっぱいに広がる。赤ワインソースにも熟成肉を煮込んだスープを使っているから、そのソースのコクがパテの味わいをグッと底上げするという仕掛け。これほどワインに合うメンチがあるだろうか。気づけばボトルが空、なんてことも不思議じゃない。

東京都文京区春日1-15-9 ☎03-3830-0525 [営]17時~翌1時(24時LO) [休]月 [席]カウンター4席、テーブル32席、計36席/全席禁煙/カード可/サなし [交]地下鉄南北線6番出口より徒歩1分

ビアライゼ’98(最寄駅:新橋駅)

ビアライゼ名物メンチカツ 980円

ビール注ぎ名人として知られる松尾光平さんの1杯を味わいに、まだ陽の明るい夕方から多くの人で賑わうビアホール。そのまろやかですっきりとした喉越しの奇跡のビールとともに、ここで誰もが味わう最強のビールの供がメンチカツだ。香味野菜をじっくり煮込んだコクのあるブラウンソース、肉の旨みと玉ねぎの甘みが生きた肉汁たっぷりのパテ、両者が織りなす奥深い味わいはまさにビールと相思相愛。松尾さんの師匠の時代から名物料理として親しまれてきたこのメンチカツ。名人のビールの美味しさをさらに引き立てる名バイプレイヤーといえる。

東京都港区新橋2-3-4 1F ☎03-5512-5858 [営]11時30分~14時(平日のみ)、16時~22時半、土(第1・3・5)16時~21時 [休]土(第2・4)、日・祝 [席] カウンター8席、テーブル110席 計118席/喫煙可(分煙)/カード可/サなし [交]JR新橋駅日比谷口より徒歩3分、都営三田線内幸町A1出口より徒歩2分

わくい亭(最寄駅:本所吾妻橋駅)

メンチカツ 600円

酒場好きに名の知れた同店は、刺身や焼き物といった旬の魚介料理はもちろん、タンシチューやレバーパテなど洋テイストの酒肴も揃える懐の深さが何よりの魅力だが、中でもメンチカツは必食の人気メニュー。衣の粗挽きパン粉はサクサクの食感、パテはケチャップやスパイスでしっかり下味をつけているのでそのままでウマイ。酒とともに1枚たいらげるのはあっという間。「あ~美味しいね~」とみんなで笑顔になれる、名酒場のステキな一品だ。

東京都墨田区本所3-22-12 ☎03-3829-3751 [営]17時半~21時LO ※土は予約不可 [休]日・祝 [席] カウンター7席、テーブル20席、小上がり3席、計30席/全席禁煙/カード不可/お通し300円 [交]都営浅草線本所吾妻橋駅A0出口より徒歩8分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「とんかつON!パーコー麺食べある記」とんかつ好きの諸君、〈パーコー麺〉はご存知ですか? 豚バラ肉をカリッと揚げて、それをスープ麺にON! せっかくカラリと揚げたお肉をわざわざ汁にのせるその大胆さが素敵です。いざ、実食。 撮影・文/池田一郎
【揚がるまでのつまみと酒でまたアガる「呑みカツ」はじめました。】とんかつってご飯と味噌汁と一緒に食べるものと思ってませんか。否、お酒とも非常に相性がいいのです。そこで、編集部が様々な店でとんかつを中心に一杯楽しむ“呑みカツ”をしてきました。意外とハマりますよ。 撮影/鵜澤昭彦、小澤晶子、瀧澤晃一 取材/池田一郎
極上店を探すべく、とんかつを食べ歩いた編集武内(以下武)とライター飯田(以下飯)。イイ店を見つける一方、ハズレの店も……。ここで今回の調査を振り返りつつ、総括します。
とんかつを彩るキャベツ、味噌汁、ソースのお話。惣菜の中でもトップクラスの人気を誇るとんかつ。しかし、とんかつだけではなんだか心もとない。脇役があってこそのとんかつなのです。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt