SNSで最新情報をチェック

行列のできるローストビーフ丼専門店をはじめ。牛肉を扱う店でもランチを中心に提供されています。急増するなかで、どこの丼が美味しいのか!?徹底調査で見つけた厳選おすすめの6杯をお届けします。エリア:神楽坂/恵比寿/日本橋/田町/押上/蒲田

【神楽坂】和牛贅沢重専門店 神楽坂翔山亭

神楽坂

神楽坂を中心に展開する、焼き肉の『翔山亭』が、2015年9月にオープンさせた丼専門店がコチラ! 冷凍しない生のA4・A5ランクの黒毛和牛をふんだんに使用した、極上の1杯を味わえるのだ。 メニューは「松」、「竹」、「梅」の3種類を用意。モモ肉のローストビーフと自家製の牛しぐれ煮をのせた「梅」は、赤身肉のしっかりとした旨みをシンプルに堪能できる。それに加えて、脂ののったサーロインや、一頭買いをしているからこそ実現した、稀少部位のヒレも盛りつけた「松」は、部位ごとに異なる肉質を1杯の丼のなかで愉しめる。 牛肉は注文を受けてからタレにくぐらせ、炭火で炙っているため、香ばしさも抜群。まずはそのまま食してから、お次は卵黄をといたタレをまぶして。そして最後には卓上にあるワサビや海苔を添え、牛骨や鶏ガラ、利尻昆布などからとった熱々のダシをかけて、ひつまぶし風にしていただく。牛肉を知りつくした専門店だからこそ、その魅力をくまなく引き出した味わい方を提案している。

黒毛和牛贅沢重 梅

1,080円

黒毛和牛贅沢重 梅 1080円 上質なモモ肉のローストビーフは、キメ細やかな舌触りで濃厚な旨みがたっぷり。スジなどを煮込んだ自家製のしぐれ煮の甘辛い味つけが、ご飯を進ませる

【閉店】【恵比寿】GOU STAND(ゴウスタンド)

恵比寿

ディナーは、手頃なワインとつまみのそろう気軽なビストロ。約1年前から開始した、ランチ営業の目玉として開発したのが、このローストビーフ丼だ。 使用するのは、オーストラリア産の内モモ肉。フライパンで周囲を焼き固めてから、3〜4時間かけてじっくりと真空調理することで、肉汁をのがさずしっとりなめらかな舌触りに仕上げている。 ご飯に肉をうず高く盛りつけてから、温泉玉子を添え、玉ねぎの甘さを引き出したシャリアピンソースと、ワサビの風味をきかせた自家製マヨネーズソースをかければ完成。今では連日100人以上がこの味を求めて訪れるという人気ぶりだ。

ローストビーフ丼(L)

1,050円

ローストビーフ丼(L) 1050円 シャリアピンソースの玉ねぎの甘みや、ワサビマヨネーズのコクが、ローストビーフとご飯をバランスよくつないでくれる。ご飯、ローストビーフ、ソース、温泉玉子をよく混ぜていただくのが、おすすめの食べ方だ。あっさりとした肉質なので、Lサイズを注文する女性客も多いそう。ランチ限定メニュー

【日本橋】ミートビストロ・タン

日本橋

 熟成和牛と産地直送野菜を使った料理が看板を張るビストロが、ランチタイム限定で打ち出すのがコチラの1杯。塩・コショウをし、ひと晩置いて味をなじませてから、80℃の低温で数時間かけて蒸し焼きにしたローストビーフは旨みが凝縮。まずはそのまま、ダイレクトに力強いコクを味わいたい。 セットには約10種類もの季節の野菜を盛り込んだ、たっぷりのサラダがつくのもうれしいところ。丼にサラダを入れて、肉と一緒に頬張れば、シャキシャキの食感がアクセントとなり、爽やかな風味がさらなる彩りを添えてくれる。

ローストビーフサラダ丼

1,058円

ローストビーフサラダ丼 1058円 種類豊富な生野菜も一緒に食べられるのが女性客に評判だ。サラダにかけられた飴色玉ねぎのドレッシングのほど良い酸味が、ジュレ状に仕立てた甘みのあるステーキソースと合わさることで、ローストビーフの味わいをさらにふくらませてくれる

【田町】モン・トレゾール東京

田町

 『箱根・富士屋ホテル』で腕をみがいた料理長が作るのは、まろやかで爽やかな酸味のアボカドヨーグルトソースを添えた1杯。冷蔵庫でひと晩寝かし、余分な水分を抜いた豪州産モモ肉を丁寧に焼き上げたローストビーフは、しっとりとして柔らか。ショウガとニンニクの香りを生かした香味野菜のタレが牛肉のコクをしっかりと支えている。たっぷりと盛りつけられる野菜との調和もお見事! 夜はこのローストビーフをアラカルトで用意。赤・白・ スパークリングが飲み放題になるワインビュッフェ(1時間1296円)とともに愉しみたい。

ローストビーフ丼

900円

ローストビーフ丼 900円 醤油ベースで甘みのあるタレと、ヨーグルトを使ったほのかな酸味のソースが相性抜群。ローストビーフは、ランチの丼と夜のアラカルトで毎日14kgも焼いている

【押上】トップテーブル

押上

 新感覚和食の旗手として海外でも活躍する有名シェフ、ハル・ヤマシタ氏が考案したローストビーフ丼を味わえる。2日間かけてマリネした牛モモ肉を200℃の高温でローストし、余熱でじっくりと火を通すことで、よりレアに近いなめらかな舌触りに仕上げている。 これに合わせるのは、皮付きのまま低温調理した玉ねぎをペースト状にした醤油ベースのソースと、レモンのフレッシュな酸味をきかせた自家製の辛子マヨネーズ。温泉玉子やパクチーなどのトッピング(+108円)を添えて、自分好みのアレンジも自由自在だ。

究極のローストビーフ丼(トッピングなし)

1,058円

究極のローストビーフ丼 1058円+温玉 108円+パクチー 108円 パクチーを加えることで、一気にエスニックテイストに。力強いコクの牛肉に、優しい甘さのソースがしっかりと寄り添っている

【蒲田】the 肉丼の店

蒲田

1日に300人以上が訪れる超人気店。ご飯と牛肉との相性をトコトン追求した1杯だ。ローストビーフは焼き上げてから3日間かけて、中までしっかりと味を染み込ませている。ご飯にはコチュジャン入りのピリ辛ダレ、肉には赤ワインを加えた醤油ダレのダブル使いで、奥行きある味わい。バジル入りのワサビマヨネーズの清々しい風味も絶妙なアクセント。残ったご飯にココナッツミルクを使った「南国風牛すじカレー」(ルウ1/2人前200円)をかけるのもおすすめだ。

レアローストビーフ丼(並)

850円

レアローストビーフ丼(並) 850円 薄くスライスしたローストビーフは、繊維の奥までしっかりとタレがしみ込んでいるため、ご飯との馴染みも抜群だ。じっくり煮込んだ「南国風牛すじカレー」は、まろやかな甘みが特徴的

2016年4月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...