SNSで最新情報をチェック

伝統を大切にしつつ、自身の考える美味しい蕎麦や、その前にちょいと楽しみたい酒肴を用意し、実に居心地の良い店を実現させた新鋭たち。今回の蕎麦特集は、そんな店主が開いた新店をご紹介します!

画像ギャラリー

『蕎麦カネイ』@西荻窪

ざる(800円)
定番のざるは、粗挽き粉らしい豊かな香りが広がる。火入れしない“生がえし”のもり汁が、その蕎麦の甘みを引き出している

蕎麦の甘みを引き立てるキリッとした辛汁が、なんとも粋!

艶やかなもり汁をまずは舐めてみてほしい。キリッと立った醤油の風味から、本枯節と昆布のどっしりとした旨みが広がり、頬の奥がキュッと引き締まる。その濃さは都内でもトップレベルだろう。

一方の蕎麦は甘皮ごと粗めに挽いて外一で打つ。穀物らしいふくよかな甘みにかすかな雑味も加わって、素朴な味わいがなんとも愛おしくなる。平日には産地や品種、挽き方違いの限定のざるもあり、食べ比べてみるのも楽しい。

平日限定ざる(900円)
平日限定10食で打つ。この日は希少な奥出雲在来種「猿政小そば」を使用。その時々で変わる個性を堪能したい
カレー(1200円)
かけそばの上に鶏と鴨の挽き肉で作るキーマカレーを乗せたオリジナルの1杯。目の覚めるようなスパイス感とダシの深い香りの相性の良さに驚き、身体も芯からポカポカ温まる

さらに店は通し営業で、気の利いたつまみも昼から準備万端。蕎麦屋酒するならこんな店がいい。

うずら卵の味噌漬け(奥 500円)鴨炭火焼き(手前 1200円)
(奥)ポーチドエッグにしてから麹味噌に漬け、ほどよい甘みと卵黄のコクが日本酒のアテに最高だ(手前)炭火で炙り身の旨みと共に香ばしさも広がる
蕎麦がき(1000円)
鍋で力強く練り上げ、もっちりとした食感から蕎麦粉の滋味があふれ出す
『蕎麦カネイ』

[住所]東京都杉並区西荻南3-16-5
[電話]非公開
[営業時間] 11時半~20時(19時半LO、蕎麦が無くなり次第終了)
[定休日]第2・4火、水
[アクセス] JR中央線ほか西荻窪駅南口から徒歩3分

次のページ
『蕎麦 ほしのま』@入谷...
1 2 3 4 5

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...