SNSで最新情報をチェック

今年もやってきました、3月8日。そう、サバの日です。昨年2021年に長州対天龍を実現し、度肝抜くキャンペーンを実施した山田水産が、今年も仕掛ける! なんとあのプロレスラーが対決するという。うなぎとサバの店を巻き込んだ壮大なキャンペーンとは!?

画像ギャラリー

プロレス界を巻き込んだ人気商品「さばカツ」

2020年のデビュー以来、サバファンの熱いハートをつかみ続ける「さばカツ」。大分県佐伯市を本拠地とする水産加工メーカー・山田水産による業界初の「サバのフライ」だ。

「ライバルはとんかつ」だというさばカツ。見た目も巨大とんかつ。とんかつと間違えて購入する人もいるらしい
「ライバルはとんかつ」だというさばカツ。見た目も巨大とんかつ。とんかつと間違えて購入する人もいるらしい

最高のコンディションのサバを半身まるごと二度揚げして甘辛いソースにからめた逸品は、スーパーの売り場面積を年々拡大する大ヒット。昨年対比138.4(ひゃくサバ.よん!?)%と、サバのぼりの売上を誇る勢いだ。

そして、昨年の3月8日「サバの日」には、長州力さんと天龍源一郎さんを起用した「サバの日対決」という、史上初の「サバ×プロレス」というキャンペーンで度肝をぬいた。

昨年のサバの日のスーパー・イオンでの風景。長州! 天龍! さばカツ!! とろさば照り焼き! 売り場が闘いのワンダーランドと化した……っ!
昨年のサバの日のスーパー・イオンでの風景。長州! 天龍! さばカツ!! とろさば照焼! 売り場が闘いのワンダーランドと化した……っ!

そんな山田水産がまたまた、史上初の領域に足を踏み入れる! 「またぐなよ、またぐなよ」と言われてもやってしまうのが、山田水産なのだ。

世界初!? うなぎとサバのみの店

今回、新たな戦いの場に選んだのは、聖地、東京・後楽園ではなく、その近くの飯田橋にある『ハレ時々うなぎ』。山田水産の主力商品である「完全無投薬のオーガニックうなぎ」が堪能できるお店だ。

そして「さばカツ」と同社のロングセラー商品である「とろさば照焼」を使ったサバグルメが楽しめる

「時々」ではない。常時提供

っていうかお店のメニューはなんと、キッパリ「うなぎとサバ」のみ

ハレ時々うなぎのメニュー。まさかの「うなぎ」VS「サバ」。夢の対抗戦がここに
ハレ時々うなぎのメニュー。まさかの「うなぎ」VS「サバ」。夢の対抗戦がここに

史上初の「うなぎとサバの店」である。

日本人の心をわしづかみにする二大シーフードのタッグかはたまた対抗戦か。鼻息が荒くなるしかないお店にジェンヌもリングイン!

ハレ時々うなぎで出迎えてくれたのは、以前ご紹介した「うな重弁当」や「さばカツ海苔弁当」を販売するフードトラック「山田のうなぎ号」を運営するUNAKENの荒川勝利さんだ。

ハレ時々うなぎ店主の荒川勝利さん
ハレ時々うなぎ店主の荒川勝利さん

「うなぎはハレの日に時々食べるものだと思うので、ふだん気軽に食べられるサバもメニューに加えました」と荒川さん。

ハレの日のうなぎメニューはこちら。

絶品のうなぎを使ったうな丼「うなぎ(霧島湧水鰻〉」(2800円)。鹿児島県志布志市で丁寧に育てられたうなぎをオン。香ばしくふっくらほっくり、雑味ナシ、やさしい味わいのうなぎとピカポカの炊き立てごはんの旨みにノックアウト!!

「うなぎ(霧島湧水鰻〉」(2800円)テリッと美しく、焼きあがったうなぎは、雑味なくピュアな美味しさ
「うなぎ(霧島湧水鰻〉」(2800円)。テリッと美しく、焼きあがったうなぎは、雑味なくピュアな美味しさ

続いて、「うなぎときつね」(3000円)。なんと、うなぎとダシがジュワッとしみたふっくら厚揚げのコラボ。驚きの美味しさー!

うなぎときつね 3,000円。意外な組み合わせに、一度食べるとハマる人続出
「うなぎときつね」(3000円)。意外な組み合わせに、一度食べるとハマる人続出

次のページ
ありそうでなかったサバメニュー!...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...