MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
さとう(鉄板焼き/代々木公園)|名店が地域密着で挑む おにぎり、惣菜、もんじゃの“三刀流”店

さとう(鉄板焼き/代々木公園)|名店が地域密着で挑む おにぎり、惣菜、もんじゃの“三刀流”店

 代々木八幡の大人気ポルトガル料理店『クリスチアノ』の佐藤幸二氏が新たに手がけたのは、惣菜ともんじゃの店だ。「惣菜を買える街場の店を出したい」開店。

perm_media 《画像ギャラリー》さとう(鉄板焼き/代々木公園)|名店が地域密着で挑む おにぎり、惣菜、もんじゃの“三刀流”店の画像をチェック! navigate_next

おそうざいと煎餅もんじゃ さとう(最寄駅:代々木公園駅)

 この店の朝は早い。8時から店頭でおにぎりを販売し、10時からは惣菜が並ぶ。12時になると奥の座敷でもんじゃタイムのはじまりだ。座敷の手前に設けられているのが足洗い場! 新品の靴下も販売し、スッキリした気分で食べられる。 もんじゃは、具材を混ぜ込んだダシとオリジナルの粉を鉄板に敷いて煎餅を作る。土手は作らない。カツオや鶏の入った特製ダシがしっかり利いて食事やつまみにピッタリ。もんじゃのイメージが覆る旨さだ。のんびりできるスペースがあって、惣菜も買える。家の近くに欲しいなぁ。

牛すじビーツもんじゃ
1200円

ゴロッとした牛スジやビーツが入る変わり種。カスリメティ(フェヌグリークの葉)やマスタードシードといったスパイスが風味豊か。焼くときにのせるサワークリームと食べれば、まろやかな味わいになる

鶏の発酵もんじゃ
1200円

発酵させた鶏モモ肉、焼きもち米、パクチーなど個性的な具材が入る。上にのっているのは「煎餅」。具の味がなじんだ生地の薄皮で、『さとう』のもんじゃの特徴だ。少し冷ますとパリッとした食感に

惣菜3種盛り
600円

佐藤氏の奥さんの祖母直伝の味が中心となる惣菜。この日は、愛知の家内味噌で作る「大根の煮た」、文京区の老舗『小林豆腐店』のひと口揚げを使った「生あげとキュウリの酢味噌和え」と「鶏団子」の3品

おそうざいと煎餅もんじゃ さとう

東京都渋谷区富ケ谷1-9-22 守友ビル1階 [TEL]03-6804-9703 [営業時間]おにぎり8時~売り切れ次第終了、惣菜9時半~19時、もんじゃ12時~22時 ※ランチタイム有 [休日]月 [交通アクセス]地下鉄千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩2分

電話番号 03-6804-9703
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
近江牛に仙台牛、オマール海老、アワビ、産直の旬の鮮魚、種類豊富なヨーロッパ野菜……。これら一流の食材を鉄板で豪快に焼き上げるのが『伊達』の一番の醍醐味だ。
甘みが際立つレバーに絡むタレ、ニラの香り、さらに白いご飯との相性が悶絶必至の旨さ!
 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。
休日はゆったり贅沢気分を味わいたい―。そんな時、蒲田近辺で探すならこの店はいかが。
 東京もんじゃと言えば月島だが、もっと安くてウマい“荒川(区の)もんじゃ”をご存知だろうか。味付き挽き肉と乾物のきりイカが入るのが特徴で、焼く前にウスターソースで味付けする。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル