SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

2022年5月、東京都世田谷区の人気ベーカリー『Comme’N TOKYO(コム・ン トーキョー)』の向かいに『Comme’N GLUTEN FREE(コム・ン グルテンフリー)』がオープン。

その名の通り、グルテンフリーのパンや焼き菓子などが並び、小麦アレルギーの方の選択肢を広げる逸品が揃っている。食物アレルギーはいつ誰もがなってもおかしくないからこそ、ぜひチェックいただきたい。

みなさんは大丈夫? アレルギー患者が年々増加中

身の回りで、さまざまなアレルギーが増えていないだろうか? かなり身近なところでは花粉症やハウスダスト、もちろん甲殻類や果物といった各種の食物アレルギーなど。

そんななか、もしなってしまったら非常に悲しいと容易に想像がつくのが、小麦アレルギー(なられている方、ごめんなさい)だ。

小麦粉を使っているものがNGだと、食べられるものってかなり少なくなる。

メカニズムは完全には解明されていないものの、特定の食品を摂り続けていると発症することもあるとされる食物アレルギー。我々『おとなの週末』のライターは、特集により同じものを食べ続けることがよくあるので、いつなってもおかしくないのかもしれない。

食物アレルギーは、食事の選択肢の自由を奪うだけでなく、友だちなどとの食事の機会=楽しみを減らしてしまうなど、日常生活に支障をきたすこともあるので思っている以上に深刻だ。

小麦アレルギーでも安心して食べられるパンがズラリ
小麦アレルギーでも安心して食べられるパンがズラリ

都内屈指の人気ベーカリーがグルテンフリーのパンに挑む

ひっきりなしにお客さんが訪れる、九品仏のベーカリー『Comme’N TOKYO(コム・ン トーキョー)」。2020年8月にオープンしたこちらの人気の秘密は、小麦の特性を生かした芳醇な香りと豊かな食感のパンがいただけること。営業時間中は焼きたてのパンおよそ80種類程度が、入れ替わりながらどんどん並ぶ様は圧巻だ。

そんな人気ベーカリーのオーナーシェフである大澤秀一さんが今年、完全グルテンフリーのパン作りに挑んだ

オーナーシェフの大澤秀一さん
オーナーシェフの大澤秀一さん

このベーカリーのオープンに至ったきっかけは、『コム・ン トーキョー』で修業していたスタッフ・佐藤優奈さんの存在。年々ひどくなる小麦アレルギーにより退職を余儀なくされたが、パン作りへの強い思いを絶ちきれなかったのだそう。

その思いを汲み、『コム・ン グルテンフリー』の立ち上げメンバーとして呼び込み、スタッフに抜擢した。

「これまで食品アレルギーの方は、消去法で食事を選ぶことが多かったと思うんです。でもこれもあれもと選ぶ喜びを感じ、おいしく食べていただけたらうれしいです」(大澤さん)

グルテンフリーのサンドウィッチ類のほか、パンは約20種類焼き菓子などは8種類ほどを揃えており、本当によりどりみどりでうれしくなってしまうのだ。

次のページ
カスタムサンドの組み合わせはなんと1万種...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...