SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

かつて「偏差値29」から東大理科二類に合格した伝説の東大生がいました。杉山奈津子さんです。その日から十うん年……現在は、小学生から高校生までを指導する学習塾代表として、心理学から導いた勉強法を提唱しています。その杉山さんが、受験生を持つ親に贈る「言ってはいけない言葉」と「子どもの伸ばす言葉」。近著『東大ママの「子どもを伸ばす言葉」事典』から一部を抜粋し、入学試験シーズン真っただなかに集中連載でお届けします。

「そうなんだ」に加えて、子どもの言葉をオウム返しする

相手の発言に対して、言葉をそのまま「オウム返し」をして繰り返すというテクニックがあります。カウンセラーやコンサルタントがよく用いる方法で、「ミラーリング」、または「バックトラッキング」といいます。

たとえば子どもが、「学校でテストの点数がよくて、うれしかった」と報告してくれたとします。このとき、「そうなんだ」と、相づちを打ってほめる人が多いと思います。次回からはそこに、「そうなんだ。テストの点数がよくてうれしかったんだね」と、相手の用いた言葉をそのまま付け加えた返事をしてみてください。

相手は、ただ相づちを打たれてほめられるだけのときよりも、自分の発言を「しっかり聞いてもらっている」という心地よさを覚え、深く肯定されているように感じます。

相手と同じ発言や動作によって、好意が伝わる

一緒にいると夫婦は似てくるといいます。実際のところ、人間はよい関係を築いていたり、好意を抱いていたりする相手と、同じような言動をするようになるという性質を持っています。相手の言葉を真似するミラーリングは、それを逆に利用したもので、相手と同じ発言や動作をすることにより、好意を持っていると感じさせるテクニックです。

ニューヨーク大学のターニャ・チャートランド博士が行った、「しぐさを真似することによる好感度」を調査した実験があります。

まず、初対面である参加者と協力者にペアをつくらせて、15分間会話をしてもらいました。協力者の半分には、参加者の声の調子やしゃべり方を真似してもらうように指示し、もう半分の人たちには、特に何も真似をすることなく、会話を続けてもらいました。

その結果、しゃべり方を真似された参加者のほうが、会話の中で共感されていると感じ、相手を好意的にとらえる傾向があったことが実証されました。人間は、無意識のうちに、同じ行動をする相手に対して、心を開くようになるのです。

次のページ
子どもの表情、話し方、動作、姿勢に合わせ...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...