SNSで最新情報をチェック

「受験は競争、受験生もアスリート」。トレーナー的な観点から、理にかなった自学自習で結果を出す「独学力」を、エピソードを交えながら手ほどきします。名付けて「トレーニング受験理論」。その算数・数学編です。第11回は、「勉強が苦手」の生徒のやる気を引き出す方法に焦点を当てます。筆者が体験した「釈迦に説法」とは―――。

「これだけやればいい」言われた通りの勉強で成績急上昇

1990年代前半、大学時代に一風変わった個人塾で講師のアルバイトをしていました。塾長M先生は、別に本業を持っていましたが、医師、弁護士、経営者などのお客さん方から依頼を受けて、その子どもさん達に勉強を教えていました。そして、東大や国立大医学部など、本人たちの希望以上の大学に合格させていたのです。

その塾に、高校1年の女子生徒Jさんがいました。Jさんは、東京都内の中堅クラスの中高一貫女子高に通っていましたが、入塾当初、成績は学年で最下位に近く、学校からは退学を促されている状態でした。

Jさんの学校での定期試験対策として、M先生は「これだけやればいいから」と、問題に出そうな箇所に絞って教えていました。Jさんは言われた通りに勉強し、試験を重ねるごとに成績はみるみる上がっていきました。

私はその成果に驚きながらも、一方で「全体的な勉強をせず、試験に出る箇所だけの勉強で、さきざき大丈夫なんだろうか」との懸念も抱いていました。そこであるときM先生に、「重要ポイントだけの勉強で大丈夫なんでしょうか」と質問してみました。M先生は取るに足らぬ質問とでも思われたのでしょう。特には答えず、受け流されたように記憶しています。

その後も私の懸念をよそに成績は伸び続け、1年ほど経った頃には、「英語の試験がクラスでトップでした」と、大喜びで報告するJさんの姿がありました。

Jさんには、退学という差し迫った事情がありました。そのため成績を上げることが急務でした。ただ、Jさんに即効性のある勉強をさせたM先生の本当の狙いは、そのような単純な理由だけではなく、他にあったと思います。勉強が苦手だったJさんには、即座に結果の出る勉強が必要だったのです。Jさんは結果が出るからこそ勉強に意欲的になりましたが、そうでなければ息が続かなかったでしょう。

勉強のやる気スイッチ

偏差値30から70超に、「結果を出す」ことでやる気を引き出す

「子どもに勉強のやる気を出させるにはどうすれば良いでしょうか」というのは、保護者の方からよく出される質問ですが、もっとも効果的な方法は「結果を出す」ことです。試験の点数が上がれば、子どもは俄然やる気を出します。こちらが焚きつけなくても、自分から勉強に意欲的に取り組むようになります。したがって、こちらがすべきことは、努力が結果として実るような教え方や、勉強の仕方の手ほどきをしてあげることです。

しかし、その方法は生徒によって異なります。M先生は、Jさんにしたような指導を誰にでもしたわけではありません。別の生徒のK君には、1教科1冊の参考書を欄外の注釈まで徹底的に勉強させました。当初偏差値30だったK君は偏差値70を超え、早稲田大学をはじめとして受験した8大学にすべて合格しました。

結果を出すことがポイント

お釈迦様の「対機説法」

お釈迦様は、話をする相手の素質・能力に応じて法を説いたと言われます。いわゆる「対機説法」です。ずる賢く生きている人には「愚直に生きろ」と言い、不器用で損をしている人には「要領よく生きろ」と言う。一見、矛盾に感じますが、そうではありません。相手によって言うべき言葉は変わるのです。

M先生も、生徒一人一人の素質・能力に応じて、結果の出る勉強の仕方を教えていました。JさんにはJさん、K君にはK君の性格、学力、状況などがあり、結果を出すために必要な勉強のやり方はそれぞれ異なります。そして、いずれのケースも尋常でない結果が出ました。

今思えば、私の質問は若気の至りで、まさに「釈迦に説法」だったわけです。

次のページ
独学で結果を出す「スモール・ステップ法」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…