MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【高田馬場 おすすめランチ】コスパの良い人気店!9選

【高田馬場 おすすめランチ】コスパの良い人気店!9選

早稲田大学を始め学生街のイメージが強いエリアですが、安い・旨い・大盛り等、肉や和食など魅力満載のグルメが多く、都内有数のランチ激戦区としても有名です。ひとりでも入りやすいお店もたくさん。メニュー写真付きでご紹介します!

perm_media 《画像ギャラリー》【高田馬場 おすすめランチ】コスパの良い人気店!9選の画像をチェック! navigate_next

はじめに

幅広い年齢層が集まる高田馬場には、安いB級グルメから和食や洋食まで、個性豊かなお店がたくさんあります。逆にありすぎで、何を食べるか悩むことも多いのではないでしょうか?
今回は、絶対に行きたい、ハズレなしの人気店を厳選してご紹介します!おいし~い時間を満喫しましょう!!

グルメマップ

まずは地図でご紹介!

とにかく安い!「立ちスパ アッパーカット」【スパゲッティ】

▲ミートソース(並盛)380円+トッピングC(マッシュポテト、ガーリックオイル、焼きチーズ)200円

学生の街、高田馬場「立ちスパアッパーカット」の超ボリューム「ミートソース」、思わず「大盛り注文してないですよ?」と言いたくなる量だが、これで並盛り(500g)、値段は380円……安!

「立ちスパアッパーカット」のオーナーの臼井さんは元プロボクサー。「どこよりも安くて、腹いっぱいになれるスパゲッティ屋がやりたくて」と、ミートソース一本勝負の店を始めた。
さらに驚くのは後を引く旨さ。粗挽き肉やチキンがゴロゴロ入った濃厚ソースは、オイル煮にした香ばしいニンニクが味の決め手だ。気づけばペロリと完食。

安い価格でイタリアンランチが食べたい!と思ったときに絶対的におすすめ!店名の「立ちスパ」とは、「立ち食いスパゲティ」の意味。その名のとおり、店内はカウンターのみで、椅子は置いていません。

普通スパゲッティの1人前といえば100g程度と認識しているが、なんとここでは並サイズでその5倍の500gも!圧巻の迫力!愛情込めて茹でられた太めの麺に、ソースや具がぴったりと絡むのはもちろん、ガーリックオイルが癖になるんです!!
行列に並んででも食べる価値大ですよ!!

■『立ちスパアッパーカット』
[住所]東京都新宿区大久保3-10-1 [TEL]080-4916-4558 [営業時間]11時~17時頃(売り切れ次第終了)※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]スタンディング9席、テラス9席 計18席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩6分

ゴボ天てんこ盛り!「大地のうどん 高田馬場店」【うどん】

▲肉ごぼう天780円

博多っ子が愛してやまないうどんの具といえば“ごぼう天”である。福岡に本店を置く『大地のうどん』は、丼からはみ出すジャンボサイズのごぼう天が名物。博多うどんの旨さを東京でも広めようと、2016年に高田馬場に進出した。

店の信条は「切りたて、茹でたて、揚げたて」。注文を受けてから切る平打ち麺は、もっちり、ちゅるちゅるの食感が楽しい。熱々のごぼう天を豪快に頬張り、天ぷらの旨みが溶けたつゆを一気にすすれば、夕方まで大満腹。

▲『大地のうどん 高田馬場店』店内の様子

うどんの聖地、福岡の人気店が高田馬場にオープン!麺は透き通っていて、ツルッとした喉越しが特徴。この麺を作るのには温度管理、熟成や茹で加減など熟練の技が求められます。

人気の「ごぼ天うどん」は、SNS映えしそうなビジュアル!ささがきのゴボウが幾重にも重なって丼からはみ出しています!もちろん揚げたてサクサク!でいて、つゆにつけると少しフワフワしてこれもまた旨い!!少しずつ崩しながら、麺と絡めて食べ進めてください♪
「かき揚げ」や「丸天」も一度は食べたいおすすめメニューです。

■『大地のうどん 高田馬場店』
[住所]東京都新宿区高田馬場3-22-14 [TEL]03-3369-7190 [営業時間]11時~15時半LO、18時~22時半LO ※ランチタイム有 [休日]水曜日 [座席]カウンター8席、テーブル20席 計28席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩5分

ランキング常連!「とんかつひなた」【とんかつ】

▲ランチロースかつ定食(130g) 1000円(ランチタイムのお得価格)

とんかつ激戦区に新星のごとく誕生した次世代の名店!
究極のとんかつ愛とでも言おうか。ひと皿を完成させるために、豚肉の選別から付け合わせのキャベツ、漬物、器にまで心を注いでいる。
肉質は脂が甘く、サックリと歯が入る柔らかさ。独自のブレンド油で揚げれば蒸し料理のように衣の中で甘みが増幅し、怒涛の如く肉の旨みが押し寄せる! 絶妙な火入れもポイントだ。

▲『とんかつひなた』の外観

モダンな小料理屋のようなおしゃれな店内で、極上のとんかつを味わえる!厳選した素材のみを使用した、高田馬場のこだわりとんかつ専門店です。

食材へのこだわりも徹底していて、宮城の『漢方豚』を一頭買いしている。
黄金色に輝く豚肉本来の旨みがギュッと濃縮されたとんかつは、ソースではなく、2種類用意されている「塩」で食べるのがおすすめ。脂身の甘さと塩味が絶妙なハーモニーを奏でます。

ランチ定食の汁物が、一般的な味噌汁ではなくチャシュースープなのも斬新です。

■『とんかつひなた』
[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9  [TEL]03-6380-2424 [営業時間]11時~14時半LO、17時~21時LO ※ランチタイム有 [休日]日曜日 [座席]カウンター14席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩5分

絶品と話題!「Heaven's Kichen玲音(レオン)」【たまごカレーごはん】

▲たまごカレーごはん 850円

高田馬場駅からは少し歩く住宅街の隠れ家的ロケーションにある。そこにちょっとカフェめいたファンキーな中華屋は存在する。

ピシッとスパイシーで適度な汁気のあるカレー、挽き肉と玉ねぎがライスと一体化。なんとも絶妙なバランスだ。
大阪『自由軒』のカレー、旨そうやなと、オリジナルで作ったら評判に。中華スープは鶏ガラに豚骨。スパイスはカレー粉と生姜も少々入ってます。ライスは気持ち硬めに炊いてます。

▲『Heaven's Kichen玲音』の店内の様子

中華料理店なのですが、ランチで大人気なのが「たまごカレーごはん」!テレビや雑誌で紹介された話題のメニューです。

ラーメン用の中華スープに、ひき肉・玉ねぎ・カレー粉を加えたものをごはんと混ぜて、チャーハンのように炒めて作ります。真ん中に乗った生卵を混ぜながら食べるとまろやか~な味に変化し、あまりの美味しさにニヤケが止まりません♪やみつきになります!

■『Heaven's Kichen玲音』
[住所]東京都新宿区高田馬場4-34-14 [TEL]03-3227-2080 [営業時間]11時半~23時 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター9席、テラス4席、小上がり6席、計19席/13時まで禁煙(小上がりは禁煙)/予約可/カード不可/サなし [アクセス]JR山手線高田馬場駅戸山口から徒歩8分、地下鉄東西線・西武新宿線高田馬場駅早稲田口から徒歩15分

ゆっくり食べたい!「ウルムチ」【ウイグル・トルコ料理】

▲シシ カワプ(子羊肉の串焼き) 一串200円

中国の西側・ウイグル地方の料理と、トルコ料理を味わえる本格的なハラル(イスラム教の戒律に適う)レストランが2017年3月に開店。
一番人気はラム串「カワプ」。唐辛子やクミンをたっぷりかけ、脂を落としながら丁寧に焼く。湯気からラム独特の香りがたち、しかしクセはなく柔らかい。

▲『ウルムチ』の店内の様子

珍しいウイグル・トルコ料理が楽しめるお店!オリエンタルな雰囲気と香りが漂う店内は、異国情緒たっぷり!

ランチでは、ウイグル料理の代表「ラグメン」という野菜たっぷりの餡かけ手延べ麺が安い価格で味わえます。一番人気の子羊肉を串焼きにした「シシカワプ」は、独特のスパイスが癖になる!ランチ時間帯も1本から注文可能なのも嬉しいですね。
シルクロードに思いを馳せながら、旅行気分でランチタイムが過ごせますよ。

■『ウルムチ』
[住所]東京都新宿区高田馬場3-36-9 [TEL]03-6331-3602 [営業時間]月曜日~木曜日・土曜日・祝日・祝前日:11時30分~15時、17時~22時、 金曜日: 17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日 ※金曜日はランチ営業はありません [座席]カウンター6席 テーブル4席×4卓 計22席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通しなし [アクセス]西武新宿線下落合駅南口から徒歩10分、JR高田馬場駅早稲田口から徒歩12分

和食ならここ!「福茶庵(ふくちゃあん)」【和定食】

▲本日の魚と肉W定食 950円

高田馬場で41年続く実力派和食店。ボリューミーな日替わりランチは魚定食、肉定食ともに800円とお値打ちだが、悩んだときは両方味わえるダブル定食を頼むべし。

この日のメニュー、カジキの照り焼きは身が厚くてしっとり。「友人がしょうが焼き専門店をやってて。そこの秘伝ダレを使ってます」というしょうが焼きも、なるほど納得の美味しさ。ご主人のお母さんが作る小鉢やぬか漬けがこれまた名脇役で、お替わり自由のご飯がモリモリ進む。

▲『福茶庵』の店内の様子

食材の美味しさを最大限に活かす和食が美味しいと幅広い年代から支持されている小料理屋さんの”絶品日替わりランチ”は、安い価格とボリュームで大人気!

今日は肉の気分?魚の気分?とメニューを眺めながら迷う必要なし!なんとどちらも食べられる「W定食」という名の夢のようなメニューがあるんです!!プロが作る和食は、味付けが丁寧で、からだに染み渡る!やはり素人が作るそれとは異なります。

実はこちらのお店、北海道のハンターから一頭買いする鹿料理が有名。落ち着きを感じる雰囲気に、夜にも訪れたくなるお店です。

■『福茶庵』
[住所]東京都新宿区高田馬場3-12-6 [TEL]03-3364-0577 [営業時間]11時半~14時、17時~23時半 ※ランチタイム有  [休日]日曜日・祝日 [席]カウンター8席、テーブル10席 計18席/全席喫煙可/夜のみ予約可/夜のみカード可/サなし [アクセス]JR山手線ほか高田馬場駅早稲田口から徒歩4分

一人で早く&旨いものが食べたい!「プネウマカレー」【チキンカレー】

▲チキンカレー 580円

店主の長谷さんは趣味のカレー歴が約20年。スパイス感はあるが、インド風ではなくこだわりのオリジナルカレー。
辛さはほどよく、とろりとしたルウはご飯と一緒に食べるとたまらない威力を発揮する。伊吹島の鰯を発酵させたアンチョビソースを使っているので、奥深い旨みが潜む。
シンプルなビジュアルも、かえって存在感をアピールする。

▲『プネウマカレー』の外観

伊吹島産のアンチョビを使用した、スパイシーでやさしい味わいのカレーが人気のお店です。
毎日調合する挽きたての新鮮なスパイスは、それぞれの味がしっかりと感じられ、且つ見事にまとまっています。
写真のチキンカレーは、キーマカレーのような、水分が少な目のカレーがお好きな方に特におすすめ!
注文してからの提供時間が早いので、時間があまり取れないときのランチにも良いですよ♪

■『プネウマカレー』
[住所]東京都新宿区高田馬場1-17-10 ふじ荘1階 [TEL]080-5434-2626 [営業時間]10時45分~15時半、17時~20時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター8席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [アクセス]JRほか高田馬場駅早稲田口から徒歩5分

おしゃれに手軽に!「バインミー★サンドイッチ」【ベトナムサンドイッチ】

▲ベトナムハム&レバーペースト 550円

美味しくって、コスパ大絶妙な味のバランスも感激のサンドウィッチ!

手軽に食べられるサンドイッチはランチにぴったり!
こちらは程よい硬さのフランスパンにパテ・なます・香味野菜を挟んで食べるベトナムのサンドイッチ「バインミー」の専門店。
高田馬場の行列ができるお店としても有名です。
「ヌクマム」というベトナムの魚醤を使用し、蒸して仕上げたオリジナルのハムは、本場よりも美味しいと話題に!

■『バインミー★サンドイッチ』
[住所]東京都新宿区高田馬場4-9-18 畔上セブンビル101 [TEL]03-5937-4547 [営業時間]火曜日~金曜日:11時~19時、土曜日:11時〜18時、祝日:11時〜17時 [休日]日曜日・月曜日/イートインなし ※外にベンチあり [アクセス]JR山手線 高田馬場駅から徒歩1分

お昼ごはん限定営業!「いせ万」【伊勢おうどん】

▲伊勢おうどん 500円

たまり醤油の甘みがたまらない「伊勢おうどん」や白味噌の甘みがじんわり広がる「肉白みそおうどん」(750円)などメニューが豊富。
現在は昼のみの営業で、ビジネスマンで賑わう。

東京で美味しい本格的な伊勢うどんが味わえる、貴重な存在のお店!しかも平日の昼間のみの営業という、レア度満点!!

1㎝ほどもある太くて柔らかい麺と、甘みのあるたまり醤油を使用したタレが特徴で、濃厚な色のタレなので一見味が濃いように見えますが、塩辛さはありません♪

お腹にやさしいうどんは、疲れている日のランチにもおすすめです。茹でるのに時間がかかるため、急いでいないときに訪れましょう。

■『いせ万』
[住所]東京都新宿区高田馬場2-6-6 [TEL]090-1406-4630 [営業時間]11時30分~14時(13時45分LO) [休日]土曜日・日曜日・祝日

オリジナルコラム

実力派の新店も続々! 高田馬場は高コスパの宝庫!

高田馬場といえば早稲田大学のイメージが強い。が、デザイン系や医療系など専門学校が20校近くもあり、ごった煮感のある雰囲気が楽しい。

めし処もしかり。ガッツリ系一辺倒ではなく、『福茶庵』のように “渋イイ”感じの個人店も豊富だ。とんかつ激戦区でもあり、新店の『とんかつひなた』ではハイレベルなランチを発見。また福岡の人気店『大地のうどん』が進出するなど、街全体の〝グルメ感度〟の高さがうかがえた。

もちろん、これぞ学生メシ!な満腹ランチもピカイチ。380円スパゲッティの『立ちスパアッパーカット』や、今回は取材NGだったが焼き鳥店『串鐵』のきじ丼も忘れ難き味。これからもお世話になります!

※「おとなの週末」2017年10月号時点の情報です。

おわりに

ここまでイチオシの9店を分かりやすく纏めてきましたが、いかがでしたでしょうか?
バラエティに富んだお店が立ち並んでいてどこも魅力的ですよね。ぜひ全制覇を目指してみてください!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
歴史の長さと遊興的な文化度の高さから、多くの文人をひきつけてきた街・浅草。著名作家が活き活きと言葉にした老舗の魅力を、令和時代の今も追いかけることができる。小説・随筆の世界にたちまちトリップできる、名店5軒の味をご紹介。
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で発見したランチ情報のまとめ記事です!みなとみらいエリアや横浜駅周辺は取り上げられることが多いですが、ここでは市内全域を隈無く駆けずり回って、真におすすめのお店のみを厳選しました!
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル