SNSで最新情報をチェック

『その時歴史が動いた』や『連想ゲーム』などNHKの数々の人気番組で司会を務めた元NHK理事待遇アナウンサーの松平定知さんは、大の“城好き”で有名です。2012年8月からは車雑誌「ベストカー」に月1回、全国各地の55のお城を紹介する記事を連載。20年には『一城一話55の物語 戦国の名将、敗将、女たちに学ぶ』(講談社ビーシー/講談社)として出版されました。「47都道府県の名城にまつわる泣ける話、ためになる話、怖い話」が詰まった充実の一冊です。「おとなの週末Web」では、この連載を特別に公開します。旗本の末裔で、NHK時代に「殿」の愛称で慕われた松平さんの妙趣に富んだ歴史のお話をお楽しみください。

icon-gallery

太田道真、道灌父子が築城

川越城は江戸防衛の要とされ、「江戸の大手は小田原城、搦め手(からめて)は川越城」といわれました。もとは太田道真、道灌父子が築城し、戦国時代は北条氏が武蔵国支配の拠点としていた城です。

しかし、天正18(1590)年の小田原征伐の際、前田利家に攻められて開城。徳川家康が関東に移った際には、譜代の酒井重忠が1万石で川越藩を開きます。その後も川越城は、武蔵国の中央に位置する重要拠点であったため、譜代大名で老中を務める人物が歴代城主になりました。

「小江戸」と呼ばれる川越の街並み show-m@Adobe Stock

江戸初期の幕政を支えた名老中

松平信綱は、初期の江戸幕政を支えた名老中です。伊豆守だった彼は幼少から利発で、「知恵伊豆(知恵出づ)」と呼ばれ、老中になってからもいくつもの難題を解決しています。
 初期の江戸幕府を揺るがす大事件としては、島原の乱(1637~1638年)や慶安事件(由井正雪の乱 1651年)、明暦の大火(1657年)の3つが挙げられますが、そのいずれも彼が冷静に対処して、幕府の権威を高めていきます。

皆さんご存じのように、島原の乱は領主・松倉勝家の苛政に対して、天草四郎を総大将に原城にたてこもったキリシタンを中心とする一揆です。当初、幕府は板倉重昌を鎮圧の大将として差し向けます。しかし、重昌は譜代とはいえ、わずか1万5000石の三河深溝(ふこうず)藩の藩主であり、動員された西国の諸将をうまく指揮できませんでした。

このままでは海外勢力の介入もあると危惧した幕府は、老中だった松平信綱を総大将として派遣します。功を奪われると焦った板倉重昌は総攻撃をかけますが、逆に4000人といわれる死者を出し、自らも戦死してしまいます。

川越城本丸御殿の廊下  shonen@Adobe Stock

砲撃で一揆軍の希望を打ち砕く

信綱が着任した際は、鎮圧軍は12万人にまで膨れ上がっていました。彼はおびただしい数の櫓を建て、原城を兵糧攻めにします。さらに矢文を打ち込んで内応を促すなど、徹底した心理戦に出ます。

さらに、平戸のオランダ商館長だったクーケバッケルに、原城に向けて艦砲射撃を依頼しています。攻撃自体にはさしたる効果がなく、外国勢に手を借りるとは何事かという意見もあって中止されますが、信綱には違う狙いがありました。

彼は、キリシタンである一揆軍はイエズス会を頼りとしており、南蛮から援軍が来てくれると信じていることを知っていたのです。砲撃により希望を打ち砕かれた一揆軍の精神的なダメージは、かなりのものでした。そして、籠城軍が餓えに苦しんでいると見るや、総攻撃に出て原城を落城させています。

川越市内の「時の鐘」   栄作 安藤@Adobe Stock
次のページ
酒井忠勝「信綱と決して知恵比べをしてはならない」...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

松平定知
松平定知

松平定知

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…