×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

今でこそ世界で確固たる地位を築いている日本車だが、暗黒のオイルショックで牙を抜かれた1970年代、それを克服し高性能化が顕著になりイケイケ状態だった1980年代、バブル崩壊により1989年を頂点に凋落の兆しを見せた1990年代など波乱万丈の変遷をたどった。高性能や豪華さで魅了したクルマ、デザインで賛否分かれたクルマ、時代を先取りして成功したクルマ、逆にそれが仇となったクルマなどなどいろいろ。本連載は昭和40年代に生まれたオジサンによる日本車回顧録。連載第5回目に取り上げるのはスバルが初めて作ったスペシャルティカーのアルシオーネ。悲運の一台にスポットを当てる。

icon-gallery

祖父に刷り込まれた富士重工のイメージ

私は広島県呉市出身。だから小学生の頃はクルマといえば東洋工業(現マツダ)というイメージが強かった。そしてその次が富士重工だった。片田舎の小学生が、トヨタや日産じゃなくて富士重工のスバル車なのはなぜ? と思うだろう。実際当時の小学校の友だちは誰ひとり知らなかったのに私が知っていたのは、祖父(母方)から教えてもらった、というよりも刷り込まれたといったほうがいいだろう。

その祖父から、「クルマは富士重工が一番いい。のぶくんも大人になったら富士重工のクルマを買いなさい」とよく言われていたのだ。祖父はクルマに詳しいわけでもない。ただ呉海軍工廠で働いていたことを誇りに生きてきた人だったので、戦闘機を作っていた中島飛行機つながりで、スバル車が一番いいというイメージを持っていたんだと思う。それがわかったのは大学に入ってからだが、スバル車はいい、というイメージは確実に私の中に植え付けられていた。

中島飛行機をルーツを持つ富士重工は1958~1970年の12年間にわたり販売された360のヒットにより自動車メーカーとしての地位を確立した

富士重工は日本の航空機製造会社だった中島飛行機をルーツに持ち1954年に設立されスバルブランドのクルマを製造・販売。2017年4月1日から社名をSUBARU(スバル)に変更して現在に至る。

しかし残念ながら、スーパーカーブームの後、中学校、高校とどんどん自らのクルマ濃度は高まってきたが、それと逆行するようにスバル車への興味は薄れていった。なぜか? 当時はスバル車=レオーネというイメージしかなかった。世界初の4WDとか言われても、そもそも4WDの凄さがわかっていないため馬の耳に念仏状態だったのだ。スーパーカーブームを経験していて免許がない高校生には見て興奮するかどうかが一番重要なのだが、レオーネのデザインは武骨で地味に感じて、1mmもピクリとこなかった。今見ると味があっていいんだけど……。

写真はアルシオーネのデビューの前の年、1984年にデビューした3代目レオーネ。4WDセダン&ワゴンで世界で愛されたが、高校生にはその魅力はわかりづらかった

宇宙船にしか見えなかったデザイン

スバル車に対するイメージがいいクルマから地味なクルマへと変貌した経緯を述べてきたが、私が大学受験に失敗して浪人中だった1985年にアルシオーネがデビューした。日本では6月だったが、その年1月のデトロイトショーで正式発表され、発売開始も日本よりも北米が先だった。

車名は北米ではスバルXT、日本ではアルシオーネ、欧州ではボルテックスと仕向け地によって変えられていた。日本名のアルシオーネは、プレアデス星団(和名:すばる)で一番明るい星であるラテン語のALCYONE(アルキオネ)を英語読みにしたものというのは有名。話は飛ぶが、スバルスターズって知っている? モーターショーやイベントで活躍している女性たちだが、その前身はミスアルシオーネ。で、驚くのはミスアルシオーネはアルシオーネがデビューするよりも前の1982年から存在している。

日本に先駆けて発表・発売となった北米仕様のXT。このエッジの効いた直線基調のデザインは当時では異彩を放っていた

アルシオーネはスバル初のスペシャルティカーで、今見ても目を引くウェッジシェイプ(くさび型)のフォルムがセールスポイントだ。このデザインは当時も肯定派と否定派の賛否両論あった。私はカッコいいとは思わなかったが、地味で実直なスバルが、コンセプトカーみたいなデザインのクルマが登場させたことに驚いた。

実は私がアルシオーネの実車を始めてみたのは、大学入学後上京してから。広島にいる時は一度も見たことがなかった。生アルシオーネを見た感想は、「宇宙船みたい」。それほど新しく未知の領域だったということだ。

デザインスケッチをそのまま商品化したかのような斬新なエクステリアデザイン。低いボンネット、せり上がったリアにかけてのウェッジシェイプが斬新だった
次のページ
デザインにガンディーニが関与!?...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

市原 信幸
市原 信幸

市原 信幸

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…