MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
新宿 肉料理/ガッツリ旨い13選♪牛豚鶏ほか全ジャンルを網羅!

新宿 肉料理/ガッツリ旨い13選♪牛豚鶏ほか全ジャンルを網羅!

今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。

perm_media 《画像ギャラリー》新宿 肉料理/ガッツリ旨い13選♪牛豚鶏ほか全ジャンルを網羅!の画像をチェック! navigate_next

はじめに

とにかく人が多い印象の東京都新宿区。ビジネスマンだけでなく、観光で訪れる人など、朝から夜遅くまでにぎわっていますよね。
疲れた仕事帰りに、肉が食べたい!と思い立つことも多いのではないでしょうか?!そんなときにぜひ行ってみてほしいのが今回紹介する肉料理のお店の数々!焼肉だけじゃない、いろんなジャンルの『絶品肉料理』をご賞味あれ!

肉の種類はピカイチ!「肉炭火焼きの盛り合わせ」/『肉ビストロ灯』

▲本日の肉炭火焼き おまかせ2種

店頭のケースにずらりと並ぶ塊肉は、銘柄牛やブランド豚から、羊や鴨、鹿まで約10種類。厳選肉の旨さをダイレクトに味わえる炭火焼きが店の主役だ。

日替わり厳選肉の炭火焼きは単品注文もできるが、悩んだらおまかせを頼むのが◎。「あか牛ランプ」200gと「岩中豚骨付き肩ロース」200gの盛り合わせは2~3人でシェアしても大満足の量。特別なルートで仕入れる岩中豚の骨付き肉は、ここでしか味わえない希少品。

肉を焼く音、炭火の香りなど、五感をフル活用して、全身で肉を味わえる「肉ビストロ」!炭火で炙ったブランド豚や牛、羊や鹿など、色んな肉を、ワインとともに豪快にいただけます。
まず、肉の種類の多さに驚くことでしょう!シェフこだわりの料理はどれも美味しく、中でもじっくりと炭火で焼き上げる肉の盛り合わせや、旬の野菜をグリルしたホットサラダなどがおすすめ。ステーキなどの赤身肉は岩塩やワサビをつけて食べるこだわりも。

カウンター席、ソファー席、個室など、シーンに応じて使いやすい店内。おしゃれな雰囲気なので、デートにも使えます♪
倉庫にあう150種以上のワインも忘れずに!!

▲『肉ビストロ灯』店内の様子

■『肉ビストロ灯』
[住所]東京都新宿区西新宿7-16-3 第18フジビル2階
[TEL]03-5332-5298
[営業時間]17時~23時半、金曜日・土曜日・祝前日」17時〜24時
[休日]不定休
[座席]カウンター18席、テーブル32席、個室1部屋8席、計58席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し540円別
[アクセス]JRほか新宿駅西口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線西新宿駅E8出口から徒歩3分

肉とチーズのコラボ!「ハンバーグ モッツァレラチーズ」/『ハンバーグ ウィル』

▲ハンバーグ モッツァレラチーズ(クリームマスタードソース)170g/1,580円 200g/1,780円(ランチライムはセットあり)

ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。
モッツァレラチーズを入れてこんがり焼き、生クリームベースの酸味がおだやかなクリームマスタードソースをかけ、地養鶏温泉卵をトッピング。想像してみてください。挽き肉にチーズに生クリーム、そして温泉卵! コッテリクリーム好きにはたまらない最強の組み合わせなんです!!

名物のハンバーグは、岩手県の高級銘柄豚である岩中豚を100%使用した、とてもジューシーなお肉!牛ではなく豚肉を100%も使ったハンバーグは、とても珍しいですよね!ロースやバラなど4種類の挽き方を変えた部位を配合し、玉ねぎやヨーグルトでまろやかに仕上げています。

シンプルに肉の旨味を味わえる「プレーン」のほか、「ブラックペッパー」や食感がくせになる「軟骨」など、数種類のメニューがあります。ソースも3種類あり、デミグラス、柚子胡椒、クリームマスタードからチョイスできます。
どれも各々の特徴があって美味しいのですが、是非おすすめしたいのが、写真の「ハンバーグ モッツァレラチーズ」!ドイツ産のチーズを使用していて、濃厚なコクがたまりません!ナイフを入れて半分に割ると、トロトロのチーズが流れ出ます♪
オシャレな洋食屋のような店内は女子会にもぴったりですよ!

▲『ハンバーグ ウィル』店内の様子

■『ハンバーグ ウィル』
[住所]東京都新宿区新宿1-3-8 YKB新宿御苑ビル101
[TEL]03-3358-4161
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~22時(21時LO) ※ランチタイム有 [休日]年中無休
[座席]カウンター8席、テーブル2席×1卓、4席×2卓、テラス6席 計24席/夜のみ予約可(平日:20時まで、土日祝は19時までに入店)/カード不可/全席禁煙/サなし
[アクセス]地下鉄丸ノ内線新宿御苑駅2番出口から徒歩1分

肉好き必見!「生ラムたたき」/『だるまや』

▲生ラムたたき 1240円

肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
「生ラムたたき」は、ラム肩ロースを塊ごと炭火で表面を香ばしく炙ってスライス。ポン酢で食せば柔らかな身とラムの風味をダイレクトに味わえる。

カウンターのみのこちらのお店はいつも賑わっています。新宿でジンギスカンの名店はいくつかありますが、ぜひ食べてほしいのが、写真の「生ラムたたき」!驚くほど臭みが少なく、しっとりと柔らかいので、虜になる人も!お酒のあてにもぴったりなので、ジンギスカン鍋を味わう前に、ビールとともにちびちびと食べたいですね。

もう一つのおすすめはラム肉をミンチにした「ハンバーグ」!溢れ出る肉汁と旨味がやみつきに!ガーリックバターと合わせると、もう最高!
お肉の中では低カロリーでヘルシーということで女性客も多いです。

▲『だるまや』店内の様子

■『だるまや』
[住所]東京都新宿区西新宿1-15-7 西口ライフビル2階
[TEL]03-3344-1129
[営業時間]17時半~24時(23時LO)
[休日]祝日
[座席]カウンター14席 計14席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し(野菜+お新香)代480円別
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩5分

肉ランチ!おすすめ①「ビーフシチュー膳」/『太樹苑 西新宿店 Part1』

▲ビーフシチュー膳 990円

西新宿エリアに2店舗を構える焼き肉店で、このPart1のみ平日限定の昼営業を行っている。ランチでは「ローストビーフ丼」や「牛すじ煮込み膳」など魅惑の肉メニューが揃う。
なかでもイチオシが「ビーフシチュー膳」だ。グツグツと音をたてながらやってくる石鍋の中には、大きくカットされた牛タンがゴロリと贅沢に入る。

3000円以下からのリーズナブルなコースや飲み放題もあって、宴会にもおすすめの焼肉店ですが、注目してほしいのが「平日限定ランチ」!低温でじっくり火を入れた数量限定のローストビーフ丼や、甘辛のタレが絡んだプルコギ丼などが食べられます。
中でも特におすすめなのが、写真の「ビーフシチュー膳」。石鍋で出てくる見た目も最高ですが、とろとろの大きな牛タンがゴロゴロ入っていて、ソースのコクも抜群の、絶対に食べたい逸品です。

▲『太樹苑 西新宿店 Part1』店内の様子

■『太樹苑 西新宿店 Part1』
[住所]東京都新宿区西新宿7-23-1 TSビル1階
[TEL]03-5348-8929
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~翌1時(24時LO)※ランチは平日のみ ※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]カウンター8席、テーブル28席、座敷30席 計66席/昼は13時までは全席禁煙、それ以降は分煙。夜は全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩7分

肉ランチ!おすすめ②「牛ロースステーキ定食」/『いわて門崎丑牧場 新宿御苑前店』

▲牛ロースステーキ定食 1500円

写真は、週替わりランチで人気の牛ロースステーキ。150gあるが、脂が実にあっさり。岩手の田んぼを買い上げて栽培された米を使用したご飯と味噌汁はおかわりOK。白ワサビと生のパイナップルを使った特製ソースが添えられる。
特筆すべきは、あっさりとして飽きがこず、胃弱の私でも翌日、もたれないこと! 「ランクにこだわらず、まず味わってほしい」と店長さん。絶品の赤身肉を低価格で味わえるのもうれしい。

岩手県の牧場が直営するこのお店は、常に行列ができる人気店!カウンターだけのこじんまりした店なので、ひとりで行きやすく、昼でも夜でもがっつり肉を堪能できます。
ランチではハンバーグ定食や焼肉定食などの定番定食もありますが、一番に人気なのが、写真の「牛ロースステーキ定食」。白わさびとパインのソースでいただきますは、醤油ベースのソースで煮込んだステーキは驚くほど柔らかく、肉質の良さが伝わってきます!
ご飯と味噌汁はおかわり自由。お腹いっぱいの大満足ランチになること、間違いなしですよ♪

▲『いわて門崎丑牧場 新宿御苑前店』店内の様子

■『いわて門崎丑牧場 新宿御苑前店』
[住所]東京都新宿区四谷4-25-10 ダイアパレス御苑前1階
[TEL]090-7566-1129
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~22時(21時LO) ※ランチタイム有
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター11席 計11席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]地下鉄丸の内線新宿御苑前駅2番出口、四谷三丁目駅2番出口から徒歩7分

新鮮な地鶏!「大山地鶏の半身揚げ」/『地鶏専門店 とさか』

▲大山地鶏の半身揚げ 1200円

鹿児島の軍鶏と鳥取の大山どりの魅力を余すところなく味わえる専門店。
各部位は様々な鶏料理に、骨はガラスープに使うから捨てる部分は一切ナシ。
「大山地鶏の半身揚げ」は、特製ニンニク塩ダレに漬け込んで素揚げ。低温のラードで30分ほどじっくり火を通し、仕上げに高温で揚げれば皮はパリッと中はジューシーに仕上がる。

地鶏の専門店として人気のこちらのお店は、鹿児島軍鶏と鳥取の大山鶏という鶏の2大ブランドを堪能できると評判です!
「鳥取 大山地鶏」は、大自然に恵まれた山陰の麗で健康で鮮度抜群の地鶏!肉厚でふっくらした味わいです。
「鹿児島 薩摩軍鶏」は、きめ細かい肉質で、軍鶏独特の風味と強い弾力があります。
どちらも食べてみたい!という方には、2種類の盛り合わせがおすすめ!それぞれのむね肉ともも肉を食べ比べできます!

写真の、自家製の塩だれに1日漬けた「大山鶏の半身揚げ」は、パリパリの皮とジューシーな肉がたっぷり味わえます。
新鮮だからこそ提供できる「地鶏の刺身」は、日本酒と一緒にぞうど!いつも満席なので予約必須ですよ。

▲『地鶏専門店 とさか』店内の様子

■『地鶏専門店 とさか』
[住所]東京都新宿区新宿3-35-13 裕永ビル2階
[TEL]03-5368-1212
[営業時間]11時半~15時、17時~24時半(23時45分LO)、土曜日・日曜日・祝日:12時~24時半(23時45分LO)
[休日]不定休
[座席]カウンター8席、テーブル26席、計34席/禁煙席なし/予約可/カード可/サなし、お通し380円別
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東南口から徒歩3分

安い料理も揃う庶民派!「すき焼き・しゃぶしゃぶ」/『米新(よねしん)』

▲すき焼き特上(写真は二人前) 1人前2250円

さくら通りにある、外国人観光客で賑わう『ロボットレストラン』の電飾ぶりとは対照的な、シックで高級感ある佇まい。しかし入れば、サワーが揃い、100円台からのおつまみもあるなど、実は庶民派で敷居の低いすき焼き、しゃぶしゃぶの老舗。綺麗にサシの入る国産和牛が2430円で出せるのは、前身が肉屋だったからだそう。

創業53年の老舗でありながら、コスパ抜群でアットホームな雰囲気のこちらのお店では、すき焼きやしゃぶしゃぶ、さらにステーキまで味わえます!
すき焼きは関東風。きれいにサシが入った国産和牛を使った「特上」は、肉の旨みと割下の甘さが口の中で調和されて感動もの。野菜もたっぷり食べられます。これで1人前2250円だなんて、コスパが良い!
他にも熊本直送の馬刺しもおすすめ。ハイボールや焼酎と一緒にいただきたいところですね♪

▲『米新』店内の様子

■『米新(よねしん)』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-16-12 梅谷ビル1F
[TEL]03-3209-4864
[営業時間]16時~23時(22時半LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]テーブル4席×3 座敷4席×4 計28席/喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し324円
[アクセス]JR他新宿駅東口から徒歩4分

名物は辛味噌で食べる「焼肉」/『味楽亭』

▲カルビ、上ロース、タンなど、メニューが豊富!

焼肉といえばロースかカルビ。ホルモンも腸にミノあたりしかなかった昭和の時代から牛アカセンやウルテといった希少部位を提供していた焼肉店。
辛味噌のモミダレが名物で、その辛さは“辛みなし”から“めちゃ辛”の6段階で注文可能。

「辛い焼肉が食べられる!」ことで有名なこちらのお店。名物の辛味噌が辛さが選べますが、一番下のレベルでも普通に辛い!刺激を求めるなら、一番辛いのを頼むのもあり!汗をかきながら味わってください!
濃厚な味噌だれに漬け込んだカルビなどもおすすめ。大衆的な雰囲気も良く、リピーターもたくさんいます。

■『味楽亭』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-23-10 第1本間ビル1階
[TEL]03-3200-1919
[営業時間]平日16時~翌3時、土曜日・日曜日・祝日:12時~24時
[休日]無休
[アクセス]都営地下鉄大江戸線、東京メトロ副都心線「東新宿駅」徒歩7分、西武新宿線「西武新宿駅」徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」徒歩8分、JR中央線他「新宿駅」東口徒歩9分

ホルモン好きなら!「肉盛り」/『芝大門 夏冬 新宿店』

▲肉小盛り 1300円

とにかく毎朝市場から届くそのホルモンの新鮮さには目を見張らされるお店。寿司店のネタケースに入れられ、客の目の前に陳列してあるのも、その新鮮さへの自負とプライドだろう。
なにしろコブクロなんて、キラッキラッと純白に輝いて、もう真珠みたいですらある。

新鮮で旨いホルモンを味わえると大人気のお店!どのホルモンもツヤツヤしていて、輝くピンク色。臭みはもちろんなく。角もピーンと立っていて、新鮮具合が一目瞭然です!
もくもくの煙の中で自分で焼いて食べるスタイルで、美味しくて焼く手が止まらなくなります。
タレが何種類かあるのも嬉しいポイントで、醤油ダレ、塩ダレ、辛味噌など、お好みのものにつけて味わう。ごま油もあり。

▲『芝大門 夏冬 新宿店』店内の様子

■『芝大門 夏冬 新宿店』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-21-6
[TEL]03-6228-0050
[営業時間]17時~翌5時(翌4時半LO)
[休日]日曜日
[座席]カウンター8席 テーブル4席×1 8席(入れ込み)×1 計20席/喫煙可/予約可/カード不可/サ、お通しなし
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩7分

感動のジビエ料理!「炉端焼 肉 盛り合わせ」/『炉とマタギ 新宿店』

▲三獣奏 (写真は兔、鴨、鹿)

綺麗に盛られたジビエをワイルドに食べるべし!炉端でじっくりと焼かれた猪、鹿、鴨、兎たちは、噛みしめるほどにその肉の繊維の間から自然の滋養がほとばしり、食べるそばからナチュラルなパワーが体をみなぎってくるのがわかる。マタギ発祥の地・秋田の食材を取り入れた料理にも心踊る。

鴨や猪、うさぎなどの肉を炉端焼きにし、素材の味を引き出すこだわりジビエ料理のお店!
おすすめは「三獣奏」というメニュー名の、三種のジビエ盛り合わせ。仕入れ状況でその日のおすすめが出てきます。兎肉はあっさりしていてタンパク、鴨肉はジューシーで食べやすいなど、食感や旨味の違いを楽しめるのが面白い!岩塩や味噌をつけていただきます♪
4つの部位が楽しめる「馬刺し」も絶品!原始焼きと呼ばれる、じっくり焼いた串刺しの川魚もSNS映えしそうな絵になる一品。
個室があるので、ゆっくり過ごしたい人にもおすすめです。

▲『炉とマタギ 新宿店』

■『炉とマタギ 新宿店』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-6-3 石塚ビル6階
[TEL]03-6233-9396
[営業時間]17時~23時半、金曜日:17時~24時、土曜日・日曜日・祝日:16時~23時
[休日]元日
[座席]カウンター6席、4席×6卓、6席×1卓(以上、半個室)、8席×1卓、座敷16席、 計60席/全席喫煙可/カード可/サなし、お通し378円
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩5分

どれを食べても旨い!「焼き鳥」「地鶏の刺身」/『新宿 つむぎ』

▲おまかせ五種盛り合わせ(5本)800円

歌舞伎町奥にある小さな店ながら毎日通ってくる客もいて、連日にぎわうのがこちら。その理由は、焼き鳥は塩味が基本、一品料理も変に飾らない。
部位によって中がしっとりレアに仕上がるよう、絶妙に火を入れる。五種盛りのこの日は(左から)もも、ささみ、ねぎま、ぼんじり、豚タン。

先代から受け継いだ秘伝のタレを使う焼き鳥が美味しいお店です。オープンキッチンで、職人の仕事を眺めることができるのも楽しみの一つ。部位によって焼き加減を変える熟練ならではの腕が光ります!
ももやぼんじりなど、焼き鳥のおまかせ五種盛もほか、ピンク色に輝く「地鶏の刺し盛り」も絶品です!
現代アーティストが描いた壁の絵も印象的。深夜3時まで営業しているうえに、テイクアウトもできるので、使い勝手の良さも人気の理由です。

▲『新宿 つむぎ』店内の様子

■『新宿 つむぎ』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町2-23-10 第一本間ビル1階
[TEL]03-3202-6339
[営業時間]18時半~翌3時
[休日]不定休
[座席]カウンター7席、テーブル4席×2卓、計15席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩10分

安くて旨い生ラム肉!「ジンギスカン」/『羊肉の名門 せきね家』

▲ジンギスカン(野菜付き) 1280円

インパクトある店の佇まいと、なにより漂ってくる生ラムの香りで、道行く人を立ち止まらせるジンギスカン専門店。
店のすすめる食べ方は、鍋全面に敷いた野菜にある程度の熱を通したトコロで、鍋上面を開け、そこに肉を拡げ、両面を色が付く程度に焼いて“食うべし”。
独特の甘い香りが口に鮮烈に広がる、幸福の味が待ち構えている。

屋台のような店構えが雰囲気をさらに盛り立てるジンギスカンの専門店!臭みが無く厚みのあるラム肉が、この安さで食べられるのはとてもお得!大量のもやしと一緒に、どんどん箸が進みます!
ふらっと立ち寄りやすいので、飲んだ後の2軒目や、一人で〆にしたいときにもおすすめですよ!

▲『羊肉の名門 せきね家』外観

■『羊肉の名門 せきね家』
[住所]東京都新宿区歌舞伎町1-3-8
[TEL]080-4469-2929(15時~23時)
[営業時間]18時~翌5時
[休日]席
[座席]カウンター11席/全席喫煙可/カード不可/サなし、お通し500円
[アクセス]JR山手線ほか新宿駅東口から徒歩6分

肉の珍メニュー三昧!「コブラツイスト うずまきウインナー」/『アントニオ猪木酒場 新宿店』

▲コブラツイスト うずまきウインナー 1980円

展示、映像、メニュー名に至るまでアントニオ猪木尽くし!お宝や映像に歓喜!

「必殺!!コブラ・ツイスト」「必殺 16文ハンバーグ(馬場)」「なんだコノヤロー」。これらはすべてお店のメニュー名!猪木ファンなら嬉しくて悶絶してしまいそうなラインナップです。
特にお肉のメニューが豊富で、リブステーキの【アントニオスペシャル「アントニオ リブ」フルサイズ】や、牛さがり肉を塩こしょうで焼いた【猪木酒場風「び~ふ すて~き」】という一口サイズのステーキは、がっつり肉肉しさを味わえるのでおすすめ!
お肉には元気になるパワーがありますが、ここではなお一層、パワーを養えますよ!

■『アントニオ猪木酒場 新宿店』
[住所]東京都新宿区新宿5-17-13 オリエンタルウェーブビル7F
[TEL]03-5155-7680
[営業時間]17時~24時(23時LO)、金曜日・祝前日:17時~25時、土曜日:16時~25時、日曜日・祝日:16時~24時
[休日]元日
[アクセス]JR「新宿駅 東南口」から徒歩1分

おわりに

ここまで新宿の美味しい肉料理が食べられるお店をご紹介してきましたが、気になるお店は見つかりましたか?新宿には魅力的なお店がたくさんありますが、お肉が食べたいときはこちらでご紹介したお店を思い出してくださいね!どこも人気のお店なので、訪れる際は予約を忘れずに!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
道を究めた一流の料理人と、日本を代表する美容業界社長という、異業種の組み合わせで語り合う本企画。第3回目となる今回は、天ぷら界随一の理論派でもある近藤文夫さんをフォーカス。対する高級化粧品会社社長・小林章一さん、実は“天ぷらNG”の前情報もあり、ビジネス談義以外も見所満載。 果たしてふたりの会話の行方は如何に、そして小林社長は天ぷら開眼なるか!?
最新記事
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
新型コロナウイルスの感染拡大で、3密を避けたアウトドアライフが注目を浴びています。 週末に楽しむバーベキューなどのキャンプ料理で、「肉」にスポットを当てました。第3回は、焚き火で作るワイルドな“ローストビーフ”の紹介です。
1964(昭和39)年に東京・新宿で創業した元祖サラサラカレーの店『モンスナック』。ビルの耐震補強工事のため、2021年7月15日で一時休業になる。SNSをはじめ惜別の声が多数あがり、お昼時や週末を中心に行列ができている。ライター市村もしばしの別れを惜しむらく、お店へ向かった。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
『おとなの週末Web』を運営する講談社ビーシーは、編集スタッフを募集します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル