MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京都内のかき小屋巡り!飲んだくれライターが突撃!

東京都内のかき小屋巡り!飲んだくれライターが突撃!

グルメ雑誌「おとなの週末」記者のなかでも〝酔っぱライター〟を自負するライター・Iが、祐天寺の「かき小屋 祐天寺」、大森の「牡蠣バル 大森」、築地の「地下の粋」、松陰神社前の「マルショウ アリク」を巡り、本気でのんだくれリポート!

はじめに

フライにするのもいいけれど、生で食べる牡蠣の贅沢と言ったらありませんよね。大きな身をつるんと一口で頬張れば、口の中にふわっと広がる濃厚なカキの風味。お酒だってついつい進んでしまいます。東京都内の牡蠣小屋、オイスターバーをご紹介します。美味しいカキが堪能できる場所をお探しの方、必見ですよ!

カキ小屋さえあれば…
祭りだ―!

 最近なんか、「カキ小屋」ってやけに多くねえか? というギモンから、その実態を探るべく、今回ワタシめ〝酔っぱライターI〟にくだされたミッションは「カキ小屋めぐり」。カキ小屋=生ガキや焼きガキをメインに、カジュアルにあれこれカキを食べ比べられるスタイルの店で、のみ食い倒せと――。

 はい。不肖ライターI、海のミルク・カキは大好物。かねてより、かの国でバケツでムール貝を食すのならば、日本人としてはやはりバケツでカキをと夢想してたので…突撃します!

 で、最初に向かったのは祐天寺の「かき小屋 祐天寺」

【閉店】かき小屋 祐天寺(最寄り駅:祐天寺駅)

トングに軍手、タイマーも完備。焼き方はサポートもしてくれる。調味料の持ち込みもOK。

[住所]東京都目黒区五本木2-13-2 イクステンド1階 
[TEL]03-5768-3069 
[営業時間]17時~23時半LO、土・日・祝12時~16時、17時~23時半LO 
[休日]無休
[アクセス]東急東横線祐天寺駅東口から徒歩4分

 聞けば「カキ小屋スタイルのお店は、都内ではうちが一番最初」(店長談)なのだとか。ちなみに、恵比寿とか新橋とか、首都圏11店舗の「かき小屋」がここんちの姉妹店と判明。早くも謎が解けつつあるのだよ、明智くん。

 して、こちらの最大のウリはやはり焼きガキですな。

ふふふ
海の男、BBQ好きの血が騒ぐぜ!

焼き牡蠣は1人前600gで6~7個くらい。大網の上に並べるのがまた楽しい。

30㎝×70㎝の大網の上で自分で浜焼きできるのだ。火に乗っけてまずは4分、裏返して4分。ここで少し開きかけた貝殻をこじ開けて、割り下をちょいと垂らせば、ジュワジュワジュワジュワ……。

うほほーい

浜焼き気分全開でがしがし焼いて食べられます!

火と煙と磯の香りと片手にはがっちり生ビー。いやが上にも海の男の血が騒ぐ。こうなれば、ホタテやハマグリ、サザエまで追加して、貝祭りだぜ。

どうよ! 青森県産ホタテ貝(1枚320円)ほか、ハマグリ、サザエ……。リーズナブルだ。

わはは。こちら1人600円で飲み物何でも何本でも持ち込み可(2時間)。次回はケース担いでくるか!?

 と、お祭り気分のままに、お次は大森の{bold}「牡蠣バル 大森(閉店)」{bold}へ。

【閉店】牡蠣バル 大森(最寄り駅:大森駅)

[住所]東京都大田区大森北1-8-5 藤木ビル4階 
[TEL]03-3765-2166 
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時半(23時LO)
[休日]月
[アクセス]JR京浜東北線大森駅東口から徒歩1分

こちらは店名通り、バルスタイルでちょっと洋風。メニューを見ればお手頃価格のワインが豊富に揃ってる。

んではと、名物「牡蠣のカンカン蒸し(5個1400円)」(缶で蒸し焼き)、

お次は蒸しでっせ!
湯気がすでにカキーー!

カンカン蒸しは目の前にコンロをセットし、ダイナミックに蒸しあげてくれる

「牡蠣のアヒージョ(880円)」をボトルのワインとともに注文。


ワインでやるなら牡蠣バルだ!

アヒージョはキノコとの相性も◎

生ガキ食べ比べ「4種セット(1800円) 」もいく。

左から仙鳳趾(北海道)、志津川(宮城)、坂越(兵庫)、みるくがき(福岡)。もちろん単品でもオーダー可

本日は志津川(宮城)、坂越(兵庫)、みるくがき(福岡)、仙鳳趾(北海道)と揃って、順を追うごとにミルキー、ってのがちょっとニクいじゃない。ちなみにカンカン蒸しは広島の食べ方だそうで、蒸しあがったカキは湯気の中でふっくら。貝殻の上にもエキスを出して、「貝やねえ」としみじみ。熱々アヒージョはバゲットと一緒に。にんにくが効いて、こちらもワインが進む進む。カキ、まだまだイケるでー!

日も改まって3軒目。本日はちょいと〝カキ小屋・オトナバージョン〟で攻めてみることに。

まず向かったのは築地の「地下の粋」


地下の粋(最寄り駅:築地駅)

豊洲市場築地の仲卸三代が経営する牡蠣の店は、毎日新鮮なカキが味わえます。一日に8~9種類ものカキが入荷するので、最初は食べ比べセットがおすすめです。北海道や大分、宮城など、北から南まで全国のカキがここで堪能できますよ。牡蠣パテとクラッカーという洋風メニューも楽しめるのが魅力。スパークリングワインと一緒にどうぞ。

[住所]東京都中央区築地4-7-5 築地KYビル地下1階
[TEL]03-6228-4442 
[営業時間]17時~21時半LO 
[休日]日・祝  
[アクセス]地下鉄日比谷線築地駅2番出口から徒歩3分

カキ小屋オトナバージョン
これもいいぞ!


こちら、築地の仲卸、築地三代が経営するお店。言うまでもなく、毎日市場から仲卸の目で厳選された新鮮なカキが入荷される。さりげなく並ぶ発泡スチロールの箱や店長さんの帽子に長靴。そこここに築地らしい臨場感があるのもよいなー。

生ガキは毎日8~9種類。まずはやっぱり「食べ比べセット(1100円)」を樽生スパークリングワイン(氷入り)と。

左から浜中(北海道)、弁天かき(大分県)、浜市かき(宮城県)。セットは単品で頼むよりお得。

カキは味わい濃いーし、ピカピカ新鮮やし、海ーって感じだし。

もはや言うことなし
たまらん たまらん!


気づけばほかもほかもってペロペロって行けちゃって、そのうちカキ博士になってまうがなー(ないない)。

自家製「牡蠣パテ(680円)」や、

ちょいと焦げ目のついた西京味噌焼きもおいしゅーございました!

さて、最後は世田谷は松陰神社前、ちょいと隠れ家めいた「マルショウ アリク」へ。

マルショウ アリク(最寄り駅:松陰神社前駅)

東京世田谷区のおしゃれなお店は、日本の牡蠣とおばんざいのお店です。手始めに食べ比べ3種を味わいながら、日本酒をいただきます。ふんわりとしてクリーミー、濃厚なカキの味の違いを感じながら、ちびちび飲む幸せ。ごぼうの胡麻和えなど、おばんざいは単品で注文できて、普通と少なめがえらべるのでいろいろ食べたい女性にも最適です。

[住所]東京都世田谷区世田谷4-2-12 共悦マーケット
[TEL]03-6432-6880 
[営業時間]17時~23時 
[休日]月
[アクセス]東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩1分

商店街に佇むこちらは、「日本の牡蛎とおばんざい」の店。まずは迷わず「牡蛎の食べ比べ3種盛り(1,300円)」。

手前から、豊後水道(大分)、小長井(長崎)、坂越(兵庫)。沁みる旨さ

ご店主の前職がカキの仕入先とのことで、信頼する先からのカキは、どれもふっくら新鮮かつノーコー。特に店主が惚れ込む小こながい長井(長崎)なんて旨みが濃くって、あとを引く引く。かと思えば、店頭で産直の無農薬野菜も直売していて、その野菜を使ったおばんざいも、野菜の味は濃いし、旨ーい。

ここはやっぱり日本酒でしょ、ってことで、合わせたるは山梨の「七賢 本醸造」。

きれいで味が深い。くーっ、日本酒の揃えも素晴らしいじゃないの。カキの旨みを味わいながら、おばんざいでまた一杯。夜が更けてくなあ。

カキ旨かった!

おわりに

人気グルメ雑誌「おとなの週末」ライターが、自分で歩いて探して食べて見つけた、本当におすすめしたいカキ小屋を紹介しました。バーベキュー、浜焼き、カンカン蒸しなど攻め方はいろいろ。カキとお酒の相性はもはや説明不要!スパークリング系をがつっと飲むのもよし、日本酒をちびちび飲むのもよし、自由自在に楽しめる!今日もどこかで聞こえる「カキ、やっぱりうまいわ~」

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1162views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
20900views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3306views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt