MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
※閉店※WAGYUdoki 茶屋町|周辺会社員のオアシスアクセス抜群のオシャレ焼肉(焼肉/茶屋町)

※閉店※WAGYUdoki 茶屋町|周辺会社員のオアシスアクセス抜群のオシャレ焼肉(焼肉/茶屋町)

 2016年4月26日、阪急梅田駅からすぐの茶屋町にオープンした新感覚の焼肉店。注目は、ソファから、照明までデザイン性にあふれた焼肉店とは思えないスタイリッシュさ。

※閉店※WAGYUdoki 茶屋町(最寄駅:梅田駅)

こちらで楽しめるのが3758円の「焼き肉食べ放題」。ピリ辛のあとに甘さを感じさせるタレで食べる。 併設される立ち食いスペースももちろんオシャレ。人気の秘密は、国産牛にこだわる肉質の良さ。ジューシーな上カルビなど、若い客層にウケている。肉を1枚から注文できるため、特に周辺飲食店やショップスタッフの“ちょい食べ”利用のほか、会社帰りのひとり焼肉も多い。

焼肉と焼き野菜+ドリンクセット
1684円

上ロース、WAGYUdokiカルビ、ハラミ、下駄カルビといった国産牛の赤身を中心とする肉8種に焼き野菜とドリンクがセットになった人気メニュー。野菜は京阪奈伝統の地野菜を使用

国産牛上カルビ、国産牛希少部位、国産牛カルビ
各216円

国産牛の赤身肉は、ジューシーなカルビと濃厚なこの日の希少部位(カイノミ)との肉の旨さの違いを確かめたい

ハチノス
118円

白系のホルモンは、それぞれ個性的な食感を食べ比べられる。

ホルモン、てっちゃん
各129円

上ミノ
172円

牛タン塩
162円

牛タン塩はアンデスの紅塩で。

※閉店※WAGYUdoki 茶屋町

大阪府大阪市北区茶屋町4-6 竹村ビル1階 [TEL]06-6377-6686 [営業時間]17時~24時(フード23時LO、ドリンク23時半LO) [休日]無休 [席]100席+立ち食いカウンター8人 計108席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]阪急梅田駅茶屋町口から徒歩3分

電話番号 06-6377-6686
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
50gずつ注文できる焼き物に、直径10㎝の小型スキレットを駆使したアヒージョやチーズフォンデュなどのつまみ類。スペインバルのタパスがごとく、少量ずつ色々試せる、まさにひとり焼肉&飲みにぴったりの1軒なのだ。
希少部位の握りに、目の前で炙った赤身の七輪焼き。とび切りの黒毛和牛をハイコスパで味わうならば、ここを訪れるべし!
神田駅西口にある予約のとれない人気焼肉店が3月にオープンさせた、個室主体の2号店。芝浦市場の問屋から仕入れる上質な黒毛和牛を手頃な価格で味わえる。
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
極上の赤身肉とワインが豊富な『焼肉キンタン』。その麻布十番店だけにしかないのが「シャトーブリアンサンド」。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt