SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末Web』では、手作りの味も追求していきます。そんな「おとなの週末」を楽しんでいる手作り好きから、折々の酒肴を「季節の目印」ともいえる二十四節気にあわせて紹介しています。9回目は、みずみずしい新たまねぎや、出回り始めた夏野菜で作る和風ピクルスです。

画像ギャラリー

和風ピクルスは、新たまねぎや、葉しょうがで作りたい

春の桜を愛でて感じたことがあります。春は、案外雨が多いのだなぁ……ということです。実際、東京の桜が満開だった4月上旬、関東地方はまる2日、雨に見舞われました。「花散らしの雨」という言葉のままの今年の春でした。

いっぽうで、古くからの生活暦・二十四節気では4月20日からの2週間を「穀雨(こくう)」といいます。作物を育てるための種まきや、苗を育てるための雨のときとされています。季節も5月4日には「立夏」となります。穀雨は初夏を迎える前の大切な恵みの雨なのです

66歳のオイラ。血圧もやや高めということで、日々、塩分の摂り過ぎには気をつけております。具体的には、しょうゆ、ソース、ラーメンなど、塩分の多い調味料やメニューを控えめにしつつ、さまざまな減塩法にもチャレンジしてきました。

だしをきかせる分、塩を軽くしてうまみを引き出す減塩法「かるしおレシピ」なるものにも挑戦しましたが、やはり薄味はパンチに欠けます。ちくわや、さつま揚げなど、塩分の多い練り物については「お湯かけ塩ぬき」も試みてみました。もちろん、長続きはしませんでした。

そんなオイラの減塩修業のなかで、比較的長続きしているものが酢を用いるものです。「酢のもの」「レモン」「すだち」などもそうですが、酸味があれば、塩分に頼らずとも食べ物のうまみを引き出してくれます。そんなことで、減塩修業ジジイとしては、特に春から夏にかけては、ピクルス作りに精を出しております。使う塩の量もごくわずかです。

葉しょうがときゅうりの和風ピクルス
新しょうがとみょうがの和風ピクルス

とはいえ、元来、和風のジジイですので、料理研究家の先生方が作るような「おとなオシャレ」(おとなっぽく、オシャレという意味)なピクルスはできません。けれども、酒に合う和風のピクルスに関しては、けっこうな自信を持っております。はい。カッコつけました。「和風ピクルス」と言いましたが、要するに出回っている野菜を、甘酢漬けにするだけです。

実際、穀雨の頃には和風ピクルスに合う野菜がたくさん出回ります。オイラの好きな順で申し上げると、新たまねぎ、葉しょうが、新しょうが、みょうが、きゅうり……こいつらを甘酢漬け……じゃなかった和風ピクルスに仕立てると抜群においしいのです。

次のページ
初夏から出回る葉しょうがは「谷中しょうが...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...