SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

「おとなの週末Web」では、食に関するさまざまな話題をお届けしています。「『食』のクイズ」では、三択形式のコラムで読者の知的好奇心に応えます。第20回のテーマは「食中毒」です。

出題:三井能力開発研究所代表取締役・圓岡太治

自然毒と人工毒

【問題】
人間に有害な毒は、大きく「自然毒」と「人工毒」に分けられます。自然界に存在する「自然毒」には、生物由来の「生物毒」(毒蛇やトリカブトなどの動植物の毒、赤痢菌などの微生物の毒)と、鉱物由来の「鉱物毒」(ヒ素など)とがあります。「人工毒」は、おもに人間が人工的に作った有害な化学物質で、青酸カリなどがあります。

さて、これらの毒の中で毒性が最強のものは、人工毒ではなく、食中毒を引き起こすある生物由来の自然毒です。その毒素を作り出す生物とは、以下のどれでしょうか?

(1)フグ
(2)テングタケ(毒キノコの一種)
(3)ボツリヌス菌

最強は「自然毒」なんだね

答えは次のページ!

次のページ
毒性を比較してみると…...
1 2 3

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

湯気の向こうに笑顔が浮かぶ ブーム到来!焼売 今号の大特集は「焼売」でございます。餃子じゃなくて!?...