SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

週刊漫画誌「モーニング」(講談社発行)で連載中の「クッキングパパ」は、主人公のサラリーマン荒岩一味が、得意の料理の腕を振るって、家族や同僚らとの絆を深めるストーリーが人気。

著者のうえやまとちさん自身が、試行錯誤を繰り返しながら作り上げた自信作のオリジナルレシピを、詳細なイラストと臨場感あふれる筆致で紹介しています。本稿では連載漫画を収録した単行本のなかから、毎週1つを取り上げ、その料理にまつわる四方山話をお届けします。

長引くコロナ禍で、自炊をする人が増えているいま、「クッキングパパ」を参考に料理を作って食べて楽しんでみませんか。第25回目は、「納豆づくり」です。

“腸活”ブームで納豆に再注目!

日本で古くから親しまれている発酵食品の代表格が、納豆です。また、最近では腸内環境を改善して、免疫力や代謝アップを目指す“腸活”ブームもあり、改めて納豆の持つチカラが注目されています。

「おかめ納豆」で知られる「タカノフーズ」(茨城)のホームページでは、納豆は稲わらについている納豆菌が大豆を栄養にして発酵することによって、アミノ酸などのうまみ成分のほか独特のネバネバや臭いになることが説明されています。

発酵とは、菌やカビなどの微生物が、ある食品を美味しく変化させる働きをいいます。さらに冷蔵室で冷やすことで発酵が止まり、味がまろやかに落ち着いてくる、いわゆる熟成の過程を経てできあがります。

こうしてでき上がった納豆には、たんぱく質からビタミンやミネラル、食物繊維などさまざまな栄養素がバランスよく含まれています。

実は「チャーハン」「丼物」に並ぶ人気メニュー

荒岩流・手作り納豆レシピ。大豆と市販の納豆から作る手軽さがポイントだ(『COOK.157 華麗なる納豆野郎』より)

博報堂生活総合研究所「生活定点」調査によると、首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城)と阪神圏(大阪、京都、兵庫、奈良)に住む男女2597人(20~69歳)を対象として2020年に実施した「好きな料理」の回答で「納豆」を挙げた人の割合は53.8%と半数を超えています。

この割合は、「チャーハン」54.1%、「丼物」53.4%とほぼ同じです。これら人気メニューと肩を並べていることから、納豆が地味な存在ながらも、いかに食卓に欠かせない“名脇役”となっているかわかります。

それどころか、しっかり主役の座にいますよ、というのがクッキングパパ「COOK.157華麗なる納豆野郎」のテーマです。

荒岩主任(当時)の取引先の営業マンでひときわオシャレな男性社員は、その華やかな外見からは想像つかないような質素な食生活を嗜んでいます。男性社員は、「納豆さえあれば メシにぶっかけて 他に何にもオカズはいらないし 栄養価も高い!!」と力説。

毎日食べても飽きないほどの納豆好きが高じ、切らさぬようになんと自宅で納豆を培養しているのです。手前味噌ならぬ“手前納豆”といったところでしょうか。

次のページ
クッキングパパに描かれたコツは「温度管理...
1 2

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...