×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

「おとなの週末Web」では、食に関するさまざまな話題をお届けしています。「『食』の三択コラム」では、食に関する様々な疑問に視線を向け、読者の知的好奇心に応えます。今回のテーマは「ナス科の野菜」です。

文:三井能力開発研究所代表取締役・圓岡太治

余分な塩分排出、体温も下げる

ナスは代表的な夏野菜のひとつ。カリウムを多く含んでいて利尿作用があるため、余分な塩分を排出するとともに、体の熱を逃がし体温を下げる働きがあります。まさに夏にうってつけの野菜といえるでしょう。

成分の90%は水分で、かつては栄養の少ない野菜と思われがちでしたが、ナスニンと呼ばれるポリフェノール(抗酸化物質)や、造血作用のある葉酸(ビタミンB群の仲間)、食物繊維など、魅力的な栄養素を含んでいます。

さて、生物学的にナスの仲間であるナス科の植物は意外に多く、つぎの3つの作物はいずれもナス科ですが、「ナス科ナス属」でないものが一つあります。それはどれでしょうか?

(1)トマト
(2)ピーマン
(3)ジャガイモ

ナスは、夏野菜の代表格
次のページ
分類学の父、リンネの鋭い洞察力...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

圓岡太治
圓岡太治

圓岡太治

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…