SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

第4弾は、福井・敦賀「中華そば一力」です。

地元では知らない人がいないほどの人気

第4弾は、地元では知らない人がいないほどの超有名店で、「ミシュランガイド北陸2021特別版」にも選出された「中華そば一力」さんです!

店舗名:福井・敦賀「中華そば一力」
住所:福井県敦賀市中央町1-13-21
電話:0770-22-5368
営業時間:11時~19時
定休日:火曜日(月曜日は隔週休み) 
創業:昭和33年
創業者:故・菅井幸二、二代目:菅井宏治 

・過去のラー博出店期間
2008年5月18日~2009年2月28日

新横浜ラーメン博物館出店当時の外観

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント

「『ふるさとラーメン』というシリーズのトップバッターでご出店いただきました。一力さんは屋台からスタートし、地元敦賀では知らない人がいないほど地域に根差しており、繁盛もしておりました。まさに『ふるさとラーメン』という言葉がぴったりです」

天然の良港を抱える敦賀

福井県の中央に位置し、北に敦賀湾口を開いて日本海に面し、他の三方は山岳が連なり、敦賀湾と平野部を囲んでいます。

東西約14km、南北約26km、面積は251.41平方km(令和元年7月1日現在)で若狭湾に大きく張り出た敦賀半島と54kmに及ぶ海岸線が、敦賀湾を日本海の風や波浪から防ぎ、天然の良港を形成しています。

日本三大松原の一つに数えられる気比の松原は、敦賀湾の最奥部に位置し、海とのすばらしい景観を織り成しています。
(※敦賀市HPから引用)

中華そば一力の歴史 昭和33年、屋台からの創業

中華そば一力の創業は昭和33年。製粉会社に勤めていた創業者の菅井幸二さんが当時2万円で売り出していた屋台を購入し、脱サラしたことに始まります。創業当時、敦賀のお客さんが中華そば自体を知らなかったこともあり、1杯40円の中華そばを売るのに大変苦労しました。

そこで菅井さんは福井県内にある高浜海水浴場まで移動し、中華そばを売り始めたのです。場所を固定しない流しの屋台で色々な場所を転々としたことで、徐々に評判となり、開業から5年もすると「中華そば一力」は行列ができる屋台となったのでした。

その後、国鉄敦賀駅前に屋台を固定すると瞬く間に人気店となり、屋台が到着する前から行列ができるほどになりました。当時を知る人によると「寒さの厳しい北陸で雪が降る中、焚火にあたり暖を取りながら1時間待ってでも食べたかった」というくらい美味しかったそうです。

開業から20年後の昭和52年、ついに敦賀市役所の並びに店舗を構えることとなりました。

昭和52年に店舗を構えたときの外観

この時、長年使用していた屋台を店舗前に飾り、厨房も屋台に限りなく近づけるように設計し、屋台を辞めるときに出ていた多くの惜しむ声にこたえていました。その後、フレンチ出身の二代目・菅井宏治さんが継ぎ、創業者亡き後、研究を重ねさらに進化を遂げております。

中華そば一力は地元で知らない人はいないほど知られている銘店であり、このラーメンを食べに県外からも多くのお客さんが訪れています。

次のページ
団体旅行ブームで敦賀のラーメンが繁栄...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...