SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。このプロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

第5弾は、静岡・伊豆「あまからや」です。

週3日間のみの営業

第5弾は、1999年に開催された「ラーメン登竜門」で優勝を果たし、現在伊豆市の原保(わらぼ)で週3日間のみの営業をされている「あまからや」さんです!

店舗名:静岡・伊豆「あまからや」
住所:静岡県伊豆市原保(わらぼ)246
電話:0558-99-9895
営業時間:金曜日、土曜日、日曜日、祝祭日(金・土・日の前後の祭日のみ)、 11時~15時(ラストオーダーは14時45分) 
創業:平成11年
創業者:海老名東人(えびなはると) 

・過去のラー博出店期間
1999年 6月3日~1999年8月29日

1999年出店当時の外観

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント

「当館で1999年に開催したラーメン登竜門の企画で優勝されたお店です。今でこそスパイスラーメンというジャンルも出てきておりますが、今思うとあまからやさんは20年前にこのラーメンを完成されており、先見の明があったのだと思いました」

ラーメン登竜門とは

ラーメン登竜門とは1999年に「今までの既成概念にとらわれない新しい発想発掘の場」、「これからラーメンに人生をかけようと考える方への夢の場の提供」というコンセプトのもと、優勝者には当館に3ヶ月間出店できるというコンテスト型のイベントでした。

応募総数は344名で、その中には開業前の「せたが屋」や「ぜんや」等、現在有名店となった多くの店主も応募されておりました。1次審査(書類審査)、2次審査(面接)を経た10名が3次審査の審査員試食に進みました。

審査員は、佐野実氏(支那そばや)、山田雄氏(麺屋武蔵)、河原成美氏(一風堂)、村中伸宜氏(すみれ)等の有名店主をはじめ、大崎裕史氏、北島秀一氏、石神秀幸氏等のラーメン評論家の方々でした。

そして最終審査は3名に絞られ、当館のハードリピーター246名による試食審査となりました。結果は僅差となり、あまからやの海老名東人氏が選ばれました。

優勝した「あまからや」の海老名東人さん(1999年撮影)

当時の投票結果は以下の通りです。

海老名氏(あまからや)86票、落合氏(どる屋)79票、野本氏(縁や)79票、無効2票

ちなみにこの優勝旗は現在もあまからや伊豆本店に飾られております。伊豆本店は自然豊かな里山の古民家(築100年)です。

伊豆本店に飾られている優勝旗

次のページ
あまからやの歴史 実家は100年以上続く...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...