SNSで最新情報をチェック

ラーメン文化があまりない福井で食べる「鯖らーめん」

続いてハピリンの1階から2階へ、いざ移動。『いちろくラーメン ふくい駅前店』「鯖らーめん」を味わっていただきたい。

ハピリン2階に位置する、いちろくラーメンふくい駅前店。1階のつけ麺専門店『つけ麺いちろく』も好評
ハピリン2階に位置する、いちろくラーメンふくい駅前店。1階のつけ麺専門店『つけ麺いちろく』も好評

じつは、福井はあまり「ラーメン文化」がないお土地柄らしい。ラーメンの歴史は浅く、ラーメン=中華そばの時代が長いうえに、基本、デフォルトは「蕎麦」。飲んだ後の〆も「蕎麦」なのだそう。

そんなラーメン不毛の地に2010年、忽然とあらわれた『いちろくラーメン』。いまや福井市内に3店舗を構え、福井市の繁華街・片町で飲んだ〆に訪れる人も多い人気店だ。

『いちろくラーメン ふくい駅前店』の店内。レトロ感のあるおしゃれなインテリア。女性ひとりでも入りやすい
『いちろくラーメン ふくい駅前店』の店内。レトロ感のあるおしゃれなインテリア。女性ひとりでも入りやすい

オーナーの山中与志一さんは福井市出身。東京で長きにわたって修業した経験をいかして、東京ラーメンをベースに「福井流」にアレンジ

山中与志一さん。ラーメンブームが巻き起こったころの東京で修業した経験をもつ
山中与志一さん。ラーメンブームが巻き起こったころの東京で修業した経験をもつ

毎日、ていねいに作るというオリジナルの「どんづけスープ」は鶏、豚、にぼしやサバ節など魚介のトリプルがベース。濁りがなく、透き通った「ピュア」な清湯スープが自慢だ。

どれだけピュアかといえば、いちろくラーメンは「子ども」にも大好評! 「子どもが親御さんを連れてくるんです(笑)。『うちの子どもが、いちろくラーメンしか食べないんです』とおっしゃる方もいます」と山中さん。

いまや、福井市民におけるラーメンのデフォルトになりつつある、いちろくラーメンで多くのファンを持つのが「鯖らーめん」だ。

サバが躍る、鯖らーめんのポスター。ふくい駅前店のみで提供
サバが躍る、鯖らーめんのポスター。ふくい駅前店のみで提供

ちなみに、いちろくラーメンでは、ラーメンの歴史が浅い福井においてセレクト可能なスタイルを、とスープは醤油、塩を用意している。

ラーメンは「がまし醤油」と「まくり塩」の2種類から味が選べる。ちなみに「がまし」と「まくり」は競艇用語。競艇選手も多く訪れるそう
ラーメンは「がまし醤油」と「まくり塩」の2種類から味が選べる。ちなみに「がまし」と「まくり」は競艇用語。競艇選手も多く訪れるそう

かねてから、福井らしいラーメンができたらと考えていた山中さん。ハピリンから、春のキャンペーン商品ができないか、と相談を受けたときに「うちの塩ラーメンにはサバが合いそうだからコレにしよう」とひらめいた

予想は大正解。鯖らーめんの提供をスタートしたところ、毎回、鯖らーめん一徹、というお客さんや、なんとわざわざ横浜からやってきて「ウマい!」を連呼して帰って行ったお客さんもいたそうで、めでたく定番に。

サバラーメンの名を呈して、提供するラーメン店は全国になくはない。ただし基本、スープに使った「サバ節」へのこだわり、という場合が多く、ビジュアルから「サバ」を感じられることはあまりない。

しかし、いちろくラーメンでは、しっかり丼に鎮座した焼きサバの姿を拝むことができる

サバが大好きという山中さん。もちろん、たんにラーメンの上にサバをのせたという代物ではない。目指したのは「ちゃんとサバの味を楽しみながら食べられるラーメン」だ。

「福井ならではのサバを使ったラーメンがあればいいなあと思っていましたが、たんにサバをのっけた、おいしくない、となったらダメでしょう。だから、僕がきっちりやらないと、と思って」と山中さん。

焼きサバは、福井市内の仕出し店でていねいに「炭火焼き」で仕上げたもの。さらにラーメンと焼きサバのバランスをとことん考慮して、仕上げの鶏油を強くする、トッピングを吟味するなど工夫を重ねた。

ジェンヌにとってもうれしい「サバの姿ありありラーメン」。いただいてみましょう!

次のページ
【実食】サバ麺はしごも問題ないほどスッキリ!...
icon-next-galary
icon-prev 1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

池田 陽子
池田 陽子

池田 陽子

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…