×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは魚や野菜、果物など旬食材の魅力をご紹介します。
さて、今回のテーマとなる食材は?

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い食材

■若芽を食します

正解:コシアブラ

難易度:★★★★★

一度はお取り寄せしてみて!

コシアブラはウコギ科に属する山菜です。同じウコギ科であるタラの芽のようなメジャーな存在ではありませんが、「山菜の女王」という別名をもっているほど美味な山菜とされています。

北海道から九州に自生する、山に入ると見つけやすい落葉木なのですが、その高さは約15mにもなり、新芽もはるか頭上に生えていることが多いため、採取するのがひと苦労ということも多い希少性の高い山菜です。

旬は4月~5月頃までですが、標高の高い地域では6月下旬頃まで採取できます。標高の高いところで採れたもののほうが美味しいといわれています。

ただし、収穫するタイミングが難しく、天候がよいとあっという間に成長してしまうため、タイミングを逃すと一番美味しい時期を逃してしまいます。

栽培に手間がかかるのと、日持ちがしないことから市場にはほとんど出回っていないのですが、旬の時期にはWEBなどで産地直送のものをお取り寄せすることができます。

タラの芽と同じく新芽を食す山菜で、クセが少なく、ほろ苦い風味と、根元部分のコリッとした食感が特徴で、和え物やおひたし、天ぷら、まぜごはんなど、さまざまな料理で楽しめます。

とくに、天ぷらはコシアブラの定番料理といわれています。

コシアブラを採取するときの注意点は、ヤマウルシの新芽に似ていて、誤って触れてしまうと、かぶれてしまいます。山菜とりに慣れていない人は、はじめは山菜とりに慣れている人と山に入ることをおすすめします。

また、コシアブラなど野生の農産物については、食品衛生法における食品中の放射性物質の基準値を超える事例が一部地域で報告されています。これを受け、一部自治体が、業者に対して出荷・販売をやめるよう要請しているほか、自家消費についても控えるよう呼びかけています。購入や採取の際には、厚労省や自治体のホームページでご確認ください。

次のページ
美味しいコシアブラの見分け方...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…