MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
コフィノワ(珈琲店/蔵前)

コフィノワ(珈琲店/蔵前)

独自にカスタマイズした焙煎機によるコーヒーは、ブレンド3種、シングルオリジンが7種の全10アイテム。しかも、ドリップからエアロプレス、エスプレッソまでさまざまな抽出で、その魅力を味わえる。

コフィノワ(最寄駅:蔵前駅)

魅力に開眼したい人にもぜひおすすめだ。

本日のコールドブリュー(写真は、カツラブレンド、エチオピア イルガチェフェコンガフリーウオッシュト)
460円

「カツラブレンド」は深煎りで昔ながらのブレンドをイメージ

オニオンチーズトースト
500円

ふわっとして弾力もある「ペリカン」のパンを使用

本日のドリップコーヒー(ケニア キアンヤンギファクトリーフリーウオッシュト)
450円

すっきりとした香りが魅力。こだわりの銘柄のひとつ

お店からの一言

店主 高橋史郎さん

「個性豊かな味わいを体験してみて」

コフィノワの店舗情報

[住所]東京都台東区蔵前3-20-5 ハッピーメゾン蔵前1階 [TEL]03-5823-4445 [営業時間]平日8時半~18時、土・日・祝11時~18時 ※ランチタイム有 [休日]木 [席]全14席/全席禁煙/予約可/カード不可 [交通アクセス]都営大江戸線蔵前駅A5出口から徒歩1分 ※テイクアウト可


電話番号 03-5823-4445

2018年7月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
名物の分厚いホットケーキと並び、密かにファンが多いのがパフェ。なかでも旬のフルーツの美味しさにこだわった季節のパフェは格別。
ドバイの七ツ星ホテル『ブルジュ アル アラブ』や世界の名だたるホテルで採用されている、ドイツの高級紅茶「ロンネフェルト」。そのロンネフェルトを贅沢にもかき氷で味わえる。
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
2017年春、中央線の高架沿いに出現した「高円寺アパートメント」。1階には6つの個性的な店が軒を連ねる。
店主の高崎さんには日本酒への愛が詰まっている。日本ワインを扱うのも、温度が上がっても美味しいことから「お燗に通じる」と思ったからとか。
全国にたくさんあるローカル私鉄、そのなかでもローカル指数一番!といえば銚子電鉄でしょう。 銚子駅から関東の東端の岬、犬吠埼(いぬぼうさき)の近くを通って終点の外川駅まで、全長6.4Kmの小さな路線。 決してラクではないといわれる銚子電鉄の経営難を支えているのが「おいしくて楽しいもの」……なんです。
調味料などのビンについている、樹脂キャップ。このキャップがなかなか外せないので、ゴミを捨てるときにいつも困っていたところで、ダイソーの『キャップはずし』を発見! 表示通り「スパッと外せる」なら便利やけん、さっそく使い心地を試してみたばい……。
蔵造りの町並みから少し入った、緑豊かな350坪の敷地内に、10席のみのカウンター席に、テーブル席、広々とした風情あふれる個室と3つの様式の客席を持つ。カウンター席では、お好み握りや写真のコースが注文できる。
皿によそられ出てきたときの興奮度は半端ない。魚介と野菜の色あざやかなルックス。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt