SNSで最新情報をチェック

icon-gallery

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。同年11月7日からは、1994(平成6)年のラー博開業時の店舗(現在も出店中の熊本「こむらさき」を除く7店舗)が、リレー形式で約3~4カ月ほど出店する「あの銘店をもう一度“94年組”」もスタート。この各プロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中です。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

“94年組”シリーズの第2弾は、1988(昭和63)年、東京都中野区野方の環七(かんなな)通り(環七)沿いで創業した「野方ホープ」です。

「創業者のがんこババアに捧げる、35年間の成長」をスローガンに“出店”

“94年組”の第2走者は、環七「野方ホープ」さんです。「創業者のがんこババアに捧げる、35年間の成長」をスローガンに、野方ホープを支え続けたスタッフが一丸となって温故知新のラーメンを披露します。

【あの銘店をもう一度“94年組”・第2弾・「野方ホープ 1994」】
出店期間:2023年3月2日(木)~7月17日(月)
出店場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 
     新横浜ラーメン博物館地下1階
     ※「あの銘店をもう一度“94年組”」第1弾「支那そば 勝丸」の場所
営業時間:新横浜ラーメン博物館の営業に準じる

「野方ホープ」のラーメン

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント「学生時代に初めて食べて衝撃を受けた『背脂ラーメン』」

私は学生時代に初めて「背脂ラーメン」を食べ、衝撃を受けました。世の中にこんなに美味しいラーメンがあるのか?と思いました。この頃は全くラーメン博物館の構想はありませんでしたが、その後店舗選定をする上で、東京の背脂ラーメンは是非紹介したいと思いました。

野方ホープさんはいわゆる「環七ラーメン戦争」(1980年代後半から90年代、東京の外側を半周する都道“環七通り”沿いに出現した数々のラーメン店が話題となり、多くの客を集めた)の中で、勝ち抜いたお店です。あの当時、環七には話題のお店は多くありましたが、今もなお営業を続け、繁盛をしているお店は一握りかもしれません。

大量の背脂が入っていますが、スープを飲むと以外にあっさりしていてコクがあります。その秘密を生前、創業者の小栗冨美代(おぐり・ふみよ)さんが「じゃがいも等の野菜をたっぷり入れている」と教えてくれました。小栗さんはご逝去されましたが、その遺志を継いだ優秀なスタッフ達によって、今もなお進化し続けております。

次のページ
「野方ホープ」の歴史 創業者・小栗冨美代さんの波乱万丈の人生...
icon-next-galary
1 2 3 4 5 6icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。3月14日発売の4月号では、「おにぎりとおべん…