SNSで最新情報をチェック

新横浜ラーメン博物館(横浜市)は、30周年を迎える2024年へ向けた取り組みとして、過去に出店した約40店舗が2年間かけて3週間のリレー形式で出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を2022年7月1日から始めています。同年11月7日からは、1994(平成6)年のラー博開業時の店舗(現在も出店中の熊本「こむらさき」を除く7店舗)が、リレー形式で約3~4カ月ほど出店する「あの銘店をもう一度“94年組”」もスタート。この各プロジェクトにあわせ、店舗を紹介する記事の連載も同時に進行中です。新横浜ラーメン博物館の協力を得て、「おとなの週末Web」でも掲載します。

icon-gallery

30年前の濃厚味噌ラーメンが復活

あの銘店をもう一度“94年組”の第5弾は札幌「すみれ1994」さんです。今回は30年前の濃厚味噌ラーメンが復活。すみれを卒業したお弟子さん達が集結し、すみれオールスターズとして出店致します。

【あの銘店をもう一度“94年組”・第5弾・「すみれ1994」】
出店期間:2024年1月9日(火)~2024年2月5日(月)
出店場所:横浜市港北区新横浜2-14-21 
     新横浜ラーメン博物館地下1階
     ※あの銘店をもう一度第25弾「けやき」の場所
営業時間:新横浜ラーメン博物館の営業に準じる

・過去のラー博出店期間
1994年3月6日~2004年10月31日
2012年8月30日~2018年12月2日

1994年当時の「すみれ」ラー博店の外観

岩岡洋志・新横浜ラーメン博物館館長のコメント「3年間で100回以上も通った。熟練の職人しか作れない味」

「すみれ」さんには3年間で100回以上通いました。だからこそご出店していただくことが決まった日は本当に嬉しかったです。その経緯はコラムで大半のことは書かせていただきましたので、ここでは今回の出店に関してお話しさせていただきます。

あの銘店をもう一度の企画が立ち上がった段階で私たちは札幌に伺いました。94年組は1994年当時の味の再現というテーマがあり、この内容で受けてくれるか、ドキドキしておりましたが、店主の村中伸宜さんから「わかったよ。当時の濃厚な味噌ラーメンを作るよ」と言っていただきました。

そして2022年の11月に村中さんから「昔の濃厚な味噌ラーメンが完成したから食べに来てほしい」という連絡をいただきました。私も「すみれ」のラーメンは1991年から100杯以上食べていますし、時代と共に変化していることもわかっていましたが、そのラーメンを食べた瞬間、当時の記憶が甦り、懐かしさと共に「これ!これ!この味」と興奮しました。

村中さん曰く、あの当時の味噌ラーメンは高度な技術を要するため、熟練の職人しか作ることができないようです。今回は独立して有名店となった村中さんのお弟子さんが期間中来てくれるのでその味を再現することができるようです。このラーメンをこのスタッフで食べられるのは28日間しかありません。貴重な一杯を是非この機会にお召し上がりください。

次のページ
昭和39年、東京五輪の年に誕生「純連」と「すみれ」の関係とは...
icon-next-galary
1 2 3 4 5icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

おとなの週末Web編集部
おとなの週末Web編集部

おとなの週末Web編集部

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。2月15日発売の3月号では、「サクッと“とん活…