MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
韓国料理のおすすめ店!東京で本場の味を楽しむならこの12店舗

韓国料理のおすすめ店!東京で本場の味を楽しむならこの12店舗

辛さと旨さがやみつきになる韓国料理。日本最大のコリアン・タウン「新大久保」はもちろん、西新宿や池袋などグルメライターが実際に足を運んで見つけた本当に美味しいお店を厳選してご紹介します!本場の味が楽しめますよ!

perm_media 《画像ギャラリー》韓国料理のおすすめ店!東京で本場の味を楽しむならこの12店舗の画像をチェック! navigate_next

はじめに

すっかり浸透している韓国料理。東京都内でも韓国料理のお店は多く見られますよね。
甘辛モツ鍋やチヂミ、冷麺など、それぞれのお店が看板メニューを掲げています。そんな中から選りすぐりのお店を集めました。
宴会やちょい飲みでも、美味しい韓国料理に舌鼓を打ちながら、楽しくお酒を飲みたいですね!

松屋(最寄駅:東新宿駅)

▲タコ鍋 4300円

真っ赤なスープに丸ごとのタコが泳ぐ―。まずはそのビジュアルに、盛り上がること間違いなし。
タコの身は塩でよく揉んでいるのでとても柔らかく、スタッフが食べやすく切ってくれるのもうれしい。創業からおよそ30年、数多い新大久保の韓国料理店の中でも、草分け的存在だ。その実力が、この鍋に凝縮されている。

▲海鮮チヂミ 1800円

[住所]東京都新宿区大久保1-1-17 光荘1階
[TEL]03-3200-5733
[営業時間]11時~24時(23時LO)※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]座敷、テラス、別館ほか、全119席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし
[アクセス]地下鉄副都心線ほか東新宿駅A1出口から徒歩3分

韓国料理 水刺齋(最寄駅:新宿駅)

▲定食 メイン3種選べる得なセット 2,760円

宮廷料理をベースに、薬膳を用いて丁寧に作られたポッサムやプルコギ。これらを野菜ソムリエが選んだ野菜で「サム」(包む)して食すのがスランジェ流だ。

2名以上ならコースもぜひ。薬膳スープで茹でたポッサムなど肉料理は3種類から選べる。生地と具を和え、ひと晩寝かせてから焼く海鮮ネギチヂミ、スンドゥブなど盛り沢山!

▲「韓国料理 水刺齋」店内の様子

[住所]東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タカシマヤタイムズスクエア本館13階
[TEL]03-5361-2034
[営業時間]ランチ11時~17時(コースは16時半LO)、ディナー17時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]不定休(施設に準ずる)
[座席]カウンターあり、全53席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし ※「韓国料理 水刺齋 新宿店」の価格はすべて税抜きです

韓灯(最寄駅:月島駅)

▲コプチャンジョンゴル 1人前2500円

“コプチャンジョンゴル”は、浅めの鍋で炊いた韓国風モツ鍋。「昔、プサンで食べたものをアレンジしました」と店主の金さん。醤油ベースの甘辛ダレで作るのが金さん流で、香味野菜や韓国産唐辛子を使い、深みのある味わいに仕上げる。このタレにモツを浸し、たっぷりの野菜をのせて煮込むこと約10分。タレや野菜の旨みが染み込んだモツの、噛むほどに増す濃厚なコクはヤミツキ!夢中で食べてしまい、あっという間になくなるので、モツの追加がお決まりだ。

九州小倉から移転してきて15年になるこちらのお店はおしゃれな内装でデートにもよさそうです。
コプチャンジョンゴルというモツ鍋はおすすめで、醤油の甘辛ダレは香味野菜などを使ったコクのある味わいです。
いろいろな種類の薬味と一緒に煮込む豚肉のポッサムや手作りキムチはおつまみにも最適。〆のおじやはぜひ食べてほしい逸品です。

『韓灯』外観

[住所]東京都中央区月島2-8-12 AS ONE月島 地下1階 
[TEL]03-3536-6635 
[営業時間]17時半~23時LO 
[休日]月 
[座席]カウンター4席、テーブル30席 計34席/全席喫煙可(場合により分煙)/予約可/カード可/サなし 
[アクセス]地下鉄有楽町線・都営大江戸線月島駅9番出口から徒歩1分

くるむ サンパ店(最寄駅:新大久保駅)

▲15種野菜と韓国焼肉セット 1人前 2138円

色とりどりの新鮮な野菜が食べ放題の『くるむ サンパ店』。多種類の野菜や薬味と一緒に肉を巻いて食す。
残った野菜はジュースかスムージーにしてくれる。

野菜をたっぷり食べられてヘルシーなので女性にも人気の新大久保のお店。
サムギョプサルやチヂミ、タッカルビといった韓国料理の定番料理を味わうことができます。
野菜でお肉を巻いて食べる焼肉セットは、15種もの野菜が食べられて、お肉の脂も気になりません。余った野菜はスムージーにしてくれるサービスも嬉しいですね。

『くるむ サンパ店』外観

[住所]東京都新宿区大久保2-32-2 林ビル2階   
[TEL]03-3200-6969 
[休日]無休 

韓国料理なると(最寄駅:浅草駅)

▲海鮮チヂミ 800円

一番人気の「海鮮チヂミ」にはアサリ、エビ、イカがたっぷり。「石焼上ミノ」など熱々の石鍋料理も見逃せない。常連には地元の料理人も多い穴場店だ。

夜中の3時まであいているこちらのお店はチヂミが大人気です。
ボリューム満点の海鮮チヂミはアサリや海老、イカが入っていて、来店したお客さんのほとんどが注文するほどだそう。
熱々で食べる石焼上ミノもオススメ。韓国のお酒マッコリ、焼酎の種類も豊富で美味しいお酒を飲みながら韓国料理を堪能できます。飲み放題付のコースもあり。

『韓国料理なると』外観

[住所]東京都台東区浅草4-39-2  
[TEL]03-3872-7560  
[営]17時~翌3時  
[休]水 

KOREAN 水刺間(最寄駅:東京駅)

▲特撰チゲ定食 1300円

「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。
チゲのスープを口に含むと、アサリのエキスと牛骨のダシがどどっと押し寄せ、しばし陶酔。どこの店でも出される定番のナムルも、別の食べ物かと思うほど美味しい。

いつもお客さんが多い人気のお店は、野菜がたっぷり入った黒毛和牛のプルコギが絶品です。
チゲはアサリと牛骨から出ている、旨味の凝縮されたスープが美味。丸ごと一羽の鶏を特製スープで煮込んだタッカンマリはコラーゲンたっぷりでお店のイチオシです。
また、3ヶ月ほど漬けて作る自家製の果実酒もキウイ、シソ、マンゴーなど種類豊富。

『KOREAN 水刺間』内観

[住所]新丸の内ビルディング5階 
[TEL]03-6551-2685 
[営業時間]11時~14時半LO(土15時LO)、17時~22時LO(日・祝21時LO)※ランチタイム有 
[休日]不定休(施設に準ずる) 
[座席]39席/昼は全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR東京駅丸の内中央口、地下鉄丸ノ内線東京駅から徒歩すぐ

春川鶏カルビ(最寄駅:新大久保駅)

▲スンデ 800円

スンデやチヂミなどの酒に合うつまみが豊富。さらには1瓶1500円程度することも多いソジュ(韓国焼酎)も900円とかなりお手頃で飲めるのがうれしい。

韓国屋台はちょい飲みにも最適なのでいつもお客さんが絶えません。
豚の血や春雨などを入れて作る韓国のソーセージ、スンデはおつまみに欠かせない一品。チーズタッカルビやチキン、はたまたおでんなど色々なメニューが味わえます。
韓国の焼酎、ソジュもここではとてもリーズナブルに飲めるので、ぜひ挑戦してみてください。

『春川鶏カルビ』外観

[住所]東京都新宿区大久保1-15-7 
[TEL]03-3207-4572 
[休日]無休

韓感(最寄駅:西新宿駅)

▲プルコギ冷麺 880円

人気の「プルコギ冷麺」をすすると…美味しいっ。後日再訪問して食べた「豚キムチスンドゥブチゲ」(896円)も絶品だった。ご飯、キムチ、ナムル、大根の煮物も食べ放題でこの値段。働くみなさんの貴重な休憩タイムを、行列時間に捧げる気持ちがよ~く分かりますっ。

新宿で、ランチタイムに行列のできるこのお店は、プルコギ冷麺や豚キムチスンドゥブチゲなどがおすすめです。
さらにランチはライスとおかず3品、おかわり自由という太っ腹のサービス。
また、こちらのお店は焼肉も食べることができます。オリジナルのタレはわさび醤油や味噌、梅和えなどなんと9種類。色々な味でお肉を楽しめます。

『韓感』外観

[住所]東京都新宿区西新宿7-19-6 東洋ビル1階 
[TEL]03-3371-3949 
[営]11時半~15時(月~金)、17時半~23時半 
[休]日・祝

万世家(最寄駅:池袋駅)

▲デジカルビセット 1490円

カルビやホルモン類など、焼き物充実系の韓国料理店。写真のデジカルビは、スパイスの香り高い特製ダレにひと晩漬け込んで熟成させた豚肩ロースを、炭火で炙って食す。

池袋の韓国焼肉のお店は、10名や20名での宴会もできるので会社の飲み会などにも重宝します。個室もあるのでゆっくり食事をすることができますね。
特製ダレにひと晩つけた豚肩ロースを炭火でいただくデジカルビセットは数種類の薬味とサンチュがついてきます。
夜中の3時まで開いているので、使い勝手がいいのも助かりますね。

[住所]東京都豊島区池袋2-58-5 
[TEL]03-5396-0677 
[営業時間]17時~翌3時(翌2時半LO) 
[休日]水
[アクセス]地下鉄有楽町線ほか池袋駅C6出口から徒歩5分

板橋冷麺(最寄駅:大久保駅)

▲水冷麺 810円

サツマイモのでんぷんを使う細麺は自家製で、注文後に製麺。コシが強いが、ハサミで切るので食べやすい。牛骨ベースの甘酸っぱいスープも秀逸。

オモニの味にこだわる韓国料理のお店は麺もスープも自家製です。
麺にはさつまいものでんぷんを使い、注文を受けてから製麺しています。
甘ずっぱいスープの水冷麺と、ちょっと辛いビビン冷麺がイチオシメニュー。
どちらも味わえる欲張りなハーフ&ハーフもあるそうですよ。ランチには定食やセットメニューが充実しています。

[住所]東京都新宿区百人町1-21-4 
[TEL]03-5937-6833 
[営業時間]11時~23時 
[休日]無休 
[アクセス]JR中央本線大久保駅北口から徒歩3分 ※ランチタイム

居酒屋 新慶州(最寄駅:浅草駅)

▲サムギョプサル 2200円(約2人前)

気さくなママが営む韓国家庭料理の店「居酒屋 新慶州」。おすすめは厚みのある豚バラ肉を豪快に焼き上げ、味噌ダレやキムチと共にサンチュやエゴマの葉で包んで食べるサムギョプサル。

浅草にある韓国家庭料理のお店には、話しやすいママがいてアットホームな雰囲気です。
サムギョプサルはおすすめメニューで、ボリュームのある厚めの豚バラをキムチと一緒にサンチュやエゴマの葉で巻いて食べます。味噌だれで食べるとビールやご飯が進みます。
スンドゥブチゲはほどよい酸味と辛味があり、熱々を頬張るのが美味しい一品。

[住所]東京都台東区西浅草3-13-6 
[TEL]090-8330-6047 
[営業時間]18時~翌3時 
[休日]第1・3水

新大久保ブデチゲ(最寄駅:新大久保駅)

▲激辛ブデチゲ 1人前 1274円(写真は2人前)

珍しいブデチゲ専門店は新大久保にあります。ブデチゲとは、一般的なチゲにランチョンミートやラーメンを入れる鍋のこと。
こちらのお店では自慢の牛骨スープを使い、自家製キムチやお餅も加えていてクセになる味です。
辛いのが好きな方はぜひ激辛ブデチゲに挑戦してみてください。唐辛子や青唐辛子が入っていて辛党に人気です。

[住所]東京都新宿区百人町2-1-1 K-PLAZA1階
[TEL]03-6233-9996 
[休日]無休

おわりに

グルメライター厳選のおすすめ韓国料理店をご紹介しましたが、気になるお店は見つかりましたか?
どのお店も本場の味が楽しめる名店ばかりですので、ぜひ足を運んでみてください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
アジア料理の中でも上位の人気を誇る「タイ料理」!手軽に食べられる安いものから、本格的な食材を使った高級なものまで、たくさんの種類がありますよね。ここでは「カレー」に焦点を当て、おいしいと評判のお店をピックアップ!厳選情報をお届けします。
編集の戎さんから「東京都内のアジアン麺を食べまくってください」という指令を受け早速アジアン麺を巡ってきました!
スパイス料理は酒が進む!スパイスをふんだんかつ巧みに使った料理が自慢の<カレー酒場>をご存知?ここでは、カレーだけれはない本格的な”スパイス料理で飲ませる”東京都内のおすすめ店をご紹介。この刺激、クセになりますぞ! エリア:木場/新中野/曙橋/飯田橋/江古田/北参道 ※ランチタイム有
都内で諸国食遊!日本の麺料理も多いですが、海外へ目を向けるとまだ見ぬ麺がそこかしこにあります。そこで、都内で食べられるアジアの麺料理を徹底調査。特に美味しかった5軒をご紹介します。各国を巡った気分でご覧ください。エリア:渋谷/浅草橋/神楽坂/原宿/新橋 ※ランチタイム有
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。
2020年一番の売れ筋商品は何だったのか? 大手コンビニ各社にスイーツと冷凍食品でヒアリング。それらをおとなの週末編集部が食べ比べしました。
208views コラム
職人がひとりで焼いているため、売り切れることも多々ある人気のパン店。「塩ぱんあんこ」はその名の通り、塩の利いたパンの風味の中になめらかなあんが溶け合って、絶妙な甘さだ。
福岡を代表するサバ料理といえば、サバの刺身を醤油ベースのたれ、白ごま、薬味であえた「ごまさば」。 でも、あんなすばらしい味は福岡に行かなければ到底ムリ(涙)と思っていたら……。 「東京都内で福岡の料理を提供しているお店の多くに、ごまさばがありますよ」と、Facebookグループ『東京にある福岡のお店に行こう』発起人の宮脇さんが情報を提供してくれた。
自宅での晩酌やリモート飲みも増え、自宅用の酒肴が欠かせない今日この頃。ウニの濃厚さとからすみの塩気が絶妙な『天草産うにからすみ』や、焼くだけで至福の味わい『広島産 殻付きかきグラタン』等、見た目も味も抜群な通販商品を、厳選してご紹介します!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル