MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
名古屋グルメ_高級寿司店が居酒屋感覚で使える!? 名古屋・大曽根『おおぞね鮨』の心意気に脱帽/名古屋エリア限定情報(76)

名古屋グルメ_高級寿司店が居酒屋感覚で使える!? 名古屋・大曽根『おおぞね鮨』の心意気に脱帽/名古屋エリア限定情報(76)

名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。 そんななか、JR中央本線大曽根駅前の『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に驚くべき変貌を遂げた。 もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたというのだ……。

高級寿司店が居酒屋感覚で使える店へとリニューアル!? 名古屋・大曽根『おおぞね鮨』の心意気に脱帽


名古屋では、ここ10年くらいの間に5000円程度で本格的な寿司が味わえる店が少なくなった。

新規オープンする寿司店はどこも、おまかせのコースが8000円以上の高級店ばかり。


そんななか、JR中央本線大曽根駅前に7年前に開店した『おおぞね鮨』は、今年5月にリニューアルオープンしたのを機に、驚くべき変貌を遂げたという。

とはいえ、外観や店内はそんなに変わったようには見えないが……。


「実は変わったんですよ。
以前は店の入り口にも店内にもメニューを掲げていませんでした。
だから、店の前を通りかかった方が入ってくることはほとんどありませんでしたね。
もっと地元の方が気軽に楽しめるように、思いきってリーズナブルな価格にしたんです。
だからといって、前から常連のお客様もいますので、ネタのグレードを下げたりはしていません」
と、店長の伊藤尚樹さん。


高級店から大衆店に路線変更とは!

これは、なかなかできることではない。

その決断に拍手を贈りたい。

また、リニューアルに伴って、ランチもはじめた。


これもかなりお得とか。


これが寿司7貫と巻物半分に椀物とコーヒーが付くランチの「握りセット」(980円・税込)。

仕入れの状況によって内容は替わるが、この日は(後列左から)マグロとカンパチ、サーモン、スズキ、玉子、エビ、カツオ、鉄火巻。

ランチはほかにも「上握りセット」(1200円・税込)や「ネギトロ丼」(850円・税込)、「海鮮丼」(850円・税込)を用意している。


「地産地消にこだわり、ネタは愛知県の南知多産のものを仕入れています。
とくに平目や鯛、スズキは全国屈指のレベルだと思います。
シャリも愛知県産のあいちのかおりや岐阜県産のハツシモを使っています。
粒が大きくて粘りが少ないのでシャリには最適なんです」(伊藤さん)



夜のおすすめは、その日に仕入れたネタの中から店長選りすぐりネタを使った「最幸の11貫」(1980円・税別)。

この日は(最前列左から)、カツオ、ホタテ、シメサバ、中トロ、漬けマグロ、スズキ、エビ、玉子、イクラ、穴子。


「ネタの種類に合わせて漬けにしたり、昆布締めにしたり、柚子皮をちらしたりと一つ一つに手間をかけています。
そんな寿司の楽しさを気軽に楽しんでいただければ」と伊藤さん。



ちなみにコースは、お通しとお造り、焼物、寿司11貫、海老天(または茶碗蒸し)、椀物、デザートの全7品で3500円(税別)。

飲み放題付きは5000円(税別)。


これはかなりお得だ。

おおぞね鮨
[住所]愛知県名古屋市北区大曽根3-13-17 オゾンアベニュー会館1階
[TEL]052-911-9828
[営業時間]11時半~14時(13時半L.O.)、17時~23時(22時半L.O.)※土・日・祝は16時~23時(22時半L.O.)
[定休日]月曜



このグルメ記事のライター
永谷正樹@まとメシ

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
名古屋市昭和区にある『炭焼 うな富士』。地元では知らない人はいないうなぎの名店である。 全30席の店内は常に満席で、平日でも店の前に行列ができるほどの人気ぶり。 そんな『うな富士』が今年4月、新型コロナウイルスの影響もあり、出前とテイクアウト、そしてついに通販も開始した。
名古屋めしが食べられる居酒屋が数多く建ち並ぶ名古屋駅周辺で、専門店にも負けないと評判なのが、『名駅宴処 花かるた』だ。 緊急事態宣言の発令を受けて、現在は月~金曜日のランチ営業(11時~14時L.O.)のみ営業(土、日、祝日は臨時休業)しているほか、14時半(L.O.)まで店の入り口でテイクアウトメニューの販売を行っている……。
新型コロナウイルスの影響で今、飲食店は危機に瀕している。 とはいえ、自粛生活の中でも美味しいものを食べたい。そこで、これまで『まとメシ』にて紹介した店を中心に、私、永谷正樹がオススメするテイクアウトメニューやお取り寄せグルメを集中的に紹介しよう。 まずは、名古屋市緑区にある和食店『花ごころ 緑苑』から、始めようと思う。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt