MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ALMA(イタリアン/恵比寿)|東北地方の新鮮素材を使った海の恵みを存分に味わえるイタリアンのお店♪

ALMA(イタリアン/恵比寿)|東北地方の新鮮素材を使った海の恵みを存分に味わえるイタリアンのお店♪

“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

perm_media 《画像ギャラリー》ALMA(イタリアン/恵比寿)|東北地方の新鮮素材を使った海の恵みを存分に味わえるイタリアンのお店♪の画像をチェック! navigate_next

ALMA(最寄駅:恵比寿駅)

東北の漁港から毎日届く海の恵みを味わう

もっちりとしたパスタにはハーブやチーズが練りこまれ、貝の旨みと繊細な風味をバランスよく際立てる。そのほかマリネやカルパッチョ、炭火焼きなどのアンティパストメニューでも旨みあふれる貝を存分に楽しみたい。貝の小さな一片、野菜ひとかけらからも香りたつ素材の風味に、体が喜ぶような幸せを感じるはず。

東北いろいろ貝のソース手打ちシャラティエッリ
1980円(2人前)

メニューにはまず食材の名前と産地がしっかりと表示され、各地の漁港や魚屋、農家の人々とのリレーを感じる。鶏のブロード(ダシ)が加わったパスタソースでスチームされた貝は、身がふっくら柔らかく潮の香りが広がる

気仙沼産カツオのカルパッチョ
1680円(2人前)※写真は1人前サイズ

初カツオをスモークしたものにタプナードソース、ミョウガのピクルス、梅などを合わせたもの。海のもの、山のもの両方の恵みがたっぷり。イタリアンの手法に東北の食材を合わせ、新しい味わいを提供する

東北野菜の一皿
1580円(2人前)※写真は1人前サイズ

華やかなサラダには、様々な調理方法で素材の味を引き出した15種もの東北産野菜が使われている。フキやウルイなどの伝統的な食材と共に、ルタバカ(西洋かぶの一種)などの新しい野菜を取り合わせ、親しみやすさと斬新さが共生するひと皿に

お店からの一言

シェフ 佐藤正光さん

「テーブル席や奥の半個室でもおくつろぎいただけます」

ALMAの店舗情報

[住所]東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル1階 [TEL]03-5468-5737 [営業時間]18時~翌1時(24時LO)、土16時~翌1時(24時LO)、日16時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンター、テラスあり、全36席/テラス席以外禁煙/予約可/カード可/お通し代700円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩6分


電話番号 03-5468-5737

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
神泉の人気店『オルランド』の兄弟店として今年オープンしたばかり。本店より少しカジュアルに楽しめるカウンターだけの空間だ。
一見、喫茶店のような趣だが、実は豊富な料理が楽しめるイタリアンレストラン。人気の鶏肉のグラタンは、ベシャメルソース、フォン・ブランという鶏ガラのダシや白ワイン、さらに大山地鶏の旨みが一体となった、やさしくもコクのある味わいだ。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
特に男性にとってちょっとモノ足りないイメージがあるというパスタランチだが、この店ではそんな心配ご無用! 全メニュー同料金でLLサイズの麺量400gまで増量可なのだから。
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル