MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ALMA(イタリアン/恵比寿)|東北地方の新鮮素材を使った海の恵みを存分に味わえるイタリアンのお店♪

ALMA(イタリアン/恵比寿)|東北地方の新鮮素材を使った海の恵みを存分に味わえるイタリアンのお店♪

“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。

ALMA(最寄駅:恵比寿駅)

東北の漁港から毎日届く海の恵みを味わう

もっちりとしたパスタにはハーブやチーズが練りこまれ、貝の旨みと繊細な風味をバランスよく際立てる。そのほかマリネやカルパッチョ、炭火焼きなどのアンティパストメニューでも旨みあふれる貝を存分に楽しみたい。貝の小さな一片、野菜ひとかけらからも香りたつ素材の風味に、体が喜ぶような幸せを感じるはず。

東北いろいろ貝のソース手打ちシャラティエッリ
1980円(2人前)

メニューにはまず食材の名前と産地がしっかりと表示され、各地の漁港や魚屋、農家の人々とのリレーを感じる。鶏のブロード(ダシ)が加わったパスタソースでスチームされた貝は、身がふっくら柔らかく潮の香りが広がる

気仙沼産カツオのカルパッチョ
1680円(2人前)※写真は1人前サイズ

初カツオをスモークしたものにタプナードソース、ミョウガのピクルス、梅などを合わせたもの。海のもの、山のもの両方の恵みがたっぷり。イタリアンの手法に東北の食材を合わせ、新しい味わいを提供する

東北野菜の一皿
1580円(2人前)※写真は1人前サイズ

華やかなサラダには、様々な調理方法で素材の味を引き出した15種もの東北産野菜が使われている。フキやウルイなどの伝統的な食材と共に、ルタバカ(西洋かぶの一種)などの新しい野菜を取り合わせ、親しみやすさと斬新さが共生するひと皿に

お店からの一言

シェフ 佐藤正光さん

「テーブル席や奥の半個室でもおくつろぎいただけます」

ALMAの店舗情報

[住所]東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル1階 [TEL]03-5468-5737 [営業時間]18時~翌1時(24時LO)、土16時~翌1時(24時LO)、日16時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンター、テラスあり、全36席/テラス席以外禁煙/予約可/カード可/お通し代700円別 [交通アクセス]JR山手線ほか恵比寿駅西口から徒歩6分


電話番号 03-5468-5737

撮影/小澤晶子 取材/赤谷まりえ

2019年6月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
200余年の歴史を誇るフィレンツェの名店『マキャベリ』。その名を冠した日本唯一の支店だ。
魚介専門イタリアンならでは、そして大阪だからこそのダイナミックで豪快な旨みマシマシなペスカトーレ!
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
お腹がgooと鳴れば料理がgoodなgooへgo。誌面で遊んでる訳じゃございません。
東京都清瀬の契約牧場で深夜に搾られた生乳を、その日の朝にチーズ職人が店舗で加工して提供。鮮度抜群のフレッシュチーズは、さっぱりしつつもコクがあり、ミルク感がたっぷりの上質な美味しさ。
正直に白状すると、生卵の白身のどろり感がちょっと苦手な私。 生卵をなめらかに混ぜられてカラザもするりと取れる、卵を混ぜるために作られた『まぜ卵』なるものを発見! 「いや~な白身のどろり感がなくなるよ!」と、パッケージに書いてあったので、さっそく購入して、試してみました。
無類の海老好きにはタマらないお店がある。海老バル「orb福島(オーブ福島)」だ。このお店、難波などで何度か利用した経験があるのだが、まずは入り口に正面にあるこの水槽に誰もが目を奪われるはず。 実はここ、オマール海老のつかみ取りができるお店で有名なのだ。
天保元年創業。日本料理の老舗『なだ万』ときけば身構えてしまうが、こちらは気軽なランチ会もおひとり様も歓迎。
さっぱり風味のあんとコクのあるバター、その相性の良さは言うまでもないが、これにくるみパンをプラス。低温長時間発酵させた味わい深い生地に、食感も心地よいくるみの香ばしさ、あんバターの甘じょっぱさがあいまって、後を引く味に。
ランチや定食をやっている店に入ると、唐揚げ定食をデフォルトで頼んでしまう脂っぽいおっさん女子です。だが、もし店のメニューにあったら唐揚げにも目もくれず頼んでしまうのが、実はハムエッグ定食。 なぜか定食屋さんで食べるハムエッグにはテンションが爆上りなのである(苦笑)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt