MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BEAVER BREAD(パン/東日本橋)|約80種のパンを扱うベーカリー!外カリッ中モッチリ食パンがオススメ!

BEAVER BREAD(パン/東日本橋)|約80種のパンを扱うベーカリー!外カリッ中モッチリ食パンがオススメ!

店主が名店出身云々の難しい話は抜きにして、まずはこの芳しき食パンを本能の赴くまま味わって。ブラウンに輝く耳はサクッと歯切れ良く、生地は真綿のようにふわふわしっとり。

perm_media 《画像ギャラリー》BEAVER BREAD(パン/東日本橋)|約80種のパンを扱うベーカリー!外カリッ中モッチリ食パンがオススメ!の画像をチェック! navigate_next

BEAVER BREAD(最寄駅:東日本橋駅)

本能を刺激する香りと食感旨さの進化が止まらない!

噛み締めれば小麦の香りがほわんと鼻腔を駆け抜けて……恍惚。見事なまでの食感と風味を実現させたのは厳選した材料の配合だ。小麦粉は北海道産キタノカオリなどをブレンド。適度な粉感を残しつつ、もっちりミルキー、かつ日持ちする旨さが理想とか。そのため開業1年半で6回もレシピを変えたそう。さすがにもう完成形? いやいや店主の割田さん、何やら見直しを検討中。通わねばなるまい!

パン・ド・ミ
1本800円

小麦粉は農家を口説いて仕入れているというキタノカオリにはるきらりを配合し、もちもちし過ぎないバランスに。食パン1本は1日で食べきれないこともあると想像して3日後も美味しい味を追求

山食
380円

ミニサイズの山食は蜂蜜入りでほんのり甘い。パンは約80種。店主の割田さんは銀座『ブーランジェリーレカン』でシェフを務めて独立

お店からの一言

店主 割田健一さん

「ミニの山食や量り売りのハード系も人気です」

BEAVER BREADの店舗情報

[住所]東京都中央区東日本橋3‒4‒3 [TEL]03-6661-7145 [営業時間]8時~19時(土・日・祝は18時まで)※ランチタイム有 [休日]月・火/予約可/カード不可 [交通アクセス]都営浅草線ほか東日本橋駅B4出口から徒歩3分、都営新宿線馬喰横山駅A2出口から徒歩1分


電話番号 03-6661-7145

撮影/西﨑進也、貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2019年6月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
入り口に書かれた「焼きたてパン。昭和25年創業。昔風の作り方です」のコピーに心惹かれるレトロなお店に、懐かしい面持ちのパンが並ぶ。
毎日の朝食や食卓に欠かせない身近なものから、リッチな高級系まで出揃っていて、最近ますます「食パン」が面白くなっています。東京のパン屋さんのなかでもコレ! と、おと週取材班が太鼓判を押す逸品を、厳選してご紹介。おすすめの食べ方も掲載です!
食品や日用品などさまざまな商品が並ぶコストコは、パンの種類も充実しています。その中で見つけたのが新商品の「国産ミルクブレッド」。白くてふわふわした見た目から、あの名作アニメに登場した「白パン」を思い出します。
正直、何の変哲もない街の小さなパン屋さん。なのに絶え間なく客が詰めかける。
職人がひとりで焼いているため、売り切れることも多々ある人気のパン店。「塩ぱんあんこ」はその名の通り、塩の利いたパンの風味の中になめらかなあんが溶け合って、絶妙な甘さだ。
最新記事
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
get_app
ダウンロードする
キャンセル