SNSで最新情報をチェック

松屋銀座が「おいしさと笑顔の引き出し」をコンセプトにした冷凍食品売り場を、2022年8月31日地下2階にオープン! 銀座の名店の味が楽しめる「銀ぶらぐるめ」をはじめ、高品質にこだわった約50のブランドを展開。驚きのおいしさをお伝えします!

画像ギャラリー

冷食の概念をはるかに超えるおいしさ

コロナ禍以降、大きく変わった私たちのライフスタイル。『おとなの週末Web』でもお伝えしている通り、冷凍食品の自動販売機やテイクアウト需要の高さなど、新たな生活様式が定着してきている。

さまざまな指標はあるが、冷凍食品は今、中食需要の高まりを受け、マーケットは8000億円とも言われているんだとか。

そんな新しい価値観に応えるべく、2022年8月に改装・リニューアルし、常設の冷凍食品売り場を置くのが「松屋銀座」。実際、松屋銀座の担当課長・今井克俊さんは「もしコロナ禍がなかったら、この展開はなかった」と言い切る。

「松屋銀座」の冷凍食品専用売り場「ギンザフローズングルメ」
「松屋銀座」の冷凍食品専用売り場「ギンザフローズングルメ」

これまで本誌の調査などでも冷凍食品は多数食べてきたが、松屋銀座の冷食のクオリティの高さに正直びっくりした。もちろん、ベースがきちんとしたものを出すお店というのはあるのだが、これが自宅で食べられるのは、だいぶ感動モノ。お値段が張るのは事実だが、おもてなしにも使えるおいしさと高級感なので、ぜひお試しいただきたい。

それぞれの味については後述するが、冷凍食品は解凍方法が調理のキモ。ちょっとのコツでお店の味に近づける。だから、商品のことを熟知した松屋銀座のスタッフが店頭に立ち、丁寧な説明をするという。

「GINZA FROZEN GOURMET」と銘打ったオリジナルの保冷バッグも登場し、持ち歩きや配送などについても万全の体制を整えている。しかも店頭だけでなく、オンラインストアでも購入できるのがうれしい。

オリジナルの保冷バッグ
オリジナルの保冷バッグ

冷凍食品は、冷凍庫に入れておけば日持ちするし、いつでも食べられるのがメリット。調理時間なども綿密に計算されているのだろう。湯煎やレンチンで調理できるものも多いから手軽だし、一人前ずつになっている商品が多いのもこの時代にありがたい。余計な添加物も少ないから身体にもやさしいといいことづくめなのだ。

次のページ
冷凍食品としてデビューした銀座4名店の料...
1 2 3 4

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...