MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
otonoha(中華料理/南阿佐ヶ谷)

otonoha(中華料理/南阿佐ヶ谷)

ドーンと山盛りになった挽き肉とヤーツァイ(からし菜の茎の部分を使った四川の漬物)が印象的。レンゲでそれを切り崩しながらコクのあるスープと一緒にずずっとやる。

perm_media 《画像ギャラリー》otonoha(中華料理/南阿佐ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

otonoha(最寄駅:南阿佐ヶ谷駅)

食べ進むほど重なり合う渾然一体の風味がたまらない

練りごまのやさしさに後を引く辛さがピリッと来て、次第に渾然一体となっていく風味がたまらんのだ。何気なく隠れているキクラゲもいい。辛みは四川山椒と自家製ラー油、一味が辛過ぎずに生かされ、自家製の醤油ダレも味わいを生む。塩、醤油、紹興酒や香味野菜を使って仕込まれ、寝かされた味だ。余韻が残る旨みをじっくり感じつつ、最後まで味わいたい。

坦々麺(汁有)
1404円

具材もたっぷり、美味しさが詰まった料理をやちむん(沖縄の器)が受け止める。辛過ぎず、重過ぎないけど、じわじわ深く、余韻の残る味。スープに残った挽き肉やヤーツァイを最後まですくいながら楽しみたい

メバルの姿揚げ香味ソース
1500円前後(時価)

季節ごとの魚のメニューも楽しみ。サクッと揚がったメバルは頭からバリバリ。白身に甘酢のソースがまたよく合う

お店からの一言

店主 栂野正史さん

「野菜もいっぱいな中華です」

otonohaの店舗情報

[住所]東京都杉並区阿佐谷南1-14-12 [TEL]03-5378-3531 [営業時間]11時半~14時半(14時LO、昼は水・金のみ)、18時~23時(22時LO、土・日・祝17時半~) [休日]月曜日・火曜日 [座席]全16席/全席禁煙/予約可(夜のみ)/カード不可/サ・お通し代なし [アクセス]地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅2a出口から徒歩3分


電話番号 03-5378-3531

2018年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ランチタイムは行列、ディナータイムは連日満席。そんな人気店の看板メニューのひとつがこの「焼きめし」。
台湾の人気炒飯店『民生炒飯』の味に惚れ込んだ日本人スタッフが現地で修業をし、本場の味を習得。店主に認められ、国外初出店を果たした。
長江の中流に位置する湖北省。周囲にある各地域の食文化が混じり合う、まさに美食の宝庫なんだとか。
中国東北部出身の女性店主が丁寧に作る、本場そのままの点心が評判。皮から手作りの小籠包や水餃子はほっこりする家庭の味で、毎日でも食べられそう。
『筑紫樓』といえばフカヒレ専門店の重鎮。行ってみたいけど、恵比寿本店や銀座店の煌びやかなイメージに及び腰……。
最新記事
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
get_app
ダウンロードする
キャンセル