MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で、魚系サンドイッチLOVE、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(119)

吉祥寺グルメ情報_吉祥寺で、魚系サンドイッチLOVE、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(119)

白飯史上主義の私だが、小腹が空いたときに食べたいのは、サンドイッチである。 吉祥寺にも、さまざまなオリジナリティを出したサンドイッチがあるけど、意外に魚系サンドイッチってないよね、ということで、今回は吉祥寺の魚系サンドイッチをご紹介だ!

吉祥寺で、魚系サンドイッチLOVE、の件


白飯史上主義の私だが、小腹が空いたときに食べたいのは、サンドイッチである。

そんな私の小腹神喫茶は、吉祥寺パルコの『O屋』である(連載8回104回参照)。

ここのミックスサンドは、ハム+ポテサラ+カレーツナと非常に個性的。

そして吉祥寺の老舗喫茶『茶房M文庫』のハムチーズ+カレーツナのサンドイッチも美味である。

両店ともカレーツナがいい味&オリジナリティを出しているわけですが、意外に魚系サンドイッチってないよね、ということで、今回は吉祥寺の魚系サンドイッチをご紹介だ!

イラスト/小豆だるま



まず『茶房M』の隣にあるレモンパイでおなじみの『T亭』(61回参照)には、クルミパンとアボカドサーモンサンドがあるので、サーモン好きの人は、要チェックだ。

パンが美味しいです。

しかし『T亭』の一番人気は、チキンのオープンサンドだと思われます……(笑)。


しかし今回、私が推したいのは、サバである。

本当のサバ好きは、まとメシ連載陣のサバジェンヌ・池田陽子さんの連載を読んだほうが、ものすごくためになりますが、吉祥寺のサバが知りたい人は、このまま読み進めるように(苦笑)。

なんと吉祥寺のサバサンドイッチは、オシャレカフェに存在していたのであーる! 

中道通りの入り口付近にある『S』という洋服屋さんの奥にオシャレカフェがあるんですが、そこに『サバと生姜の味噌マヨネーズ』というサンドイッチがあって、サラダ+スープ+ドリンク付き。

いわゆるホットサンド系ですけど、味のイメージ的にサバの味噌煮の味をサンドイッチにアレンジした雰囲気。

味噌煮が好きな人は、ぜひ食べてほしいです。

ちなみにサラダはたっぷりで、ドレッシングも美味しい(おっさん女子の高得点ポイント)。

実は、このカフェは、サンドイッチのクオリティが高く、ほかにも『はちみつとカマンベールチーズ』というチーズ好き(101回参照)は、避けて通れないという感じのサンドイッチや、『きんぴらごぼうとローストチキン』など、和風アレンジの利いたものもあって、おすすめです。

ただ、セット価格は吉祥寺のランチ相場1000円を超えており、やや高め。

まあ、オシャレカフェなんで、致し方ないね。


土日は混んでいますが、平日は本当に穴場。

私はここの洋服は1枚も買ったことはありませんが(苦笑)、カフェはけっこう利用しています。


そしてお客さんは99%女子です!











天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
吉祥寺は飲食に関しては何でもある街と思われているが、実は意外にないものがある。今回は、意外にないもののひとつ、仕事帰りのおひとり様女子(乗り換えでいったん吉祥寺に降り立つ女子も含む)を癒す店をご紹介だ。
なんだかんだいって、地方名産品界のスターは、北海道だよね。 実は私は、北海道名産をどーんと集めたアンテナショップ『Dさんこプラザ』のヘビーユーザー……。 北海道のおやつは、美味しいものがありすぎて絞るのが大変なんだけど、おっさん女子的に最も愛する“北海道のじゃがいも”のおやつランキングを作ってみたよ。
世の中&吉祥寺も食パンブーム。 食パンに、野菜や果物、そのほか食材を練り込んで焼き上げた練り込み系食パン、ぶどうパンなんかが、スタンダードだけど、最近いろいろ増えてきてるよね。 私も調子に乗って、練り込み系食パンも食べ散らかしたので、その結果をご報告だ。
私は、ついつい鶏唐揚げ定食をデフォルトで選んでしまいがちな、脂っぽいおっさん女子。だが私にも魚が食べたいときがある(苦笑)。そして私は白飯至上主義。 今回は、基本脂っぽいおっさん女子がふと食べたくなる、海鮮丼系どんぶりが充実した居酒屋ランチを紹介してみるよ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt