MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[谷根千 グルメ]おすすめ10選!グルメライターが食べ歩いて見つけました!

[谷根千 グルメ]おすすめ10選!グルメライターが食べ歩いて見つけました!

[谷中・根津・千駄木]の居酒屋、そば、バーなどのグルメ情報。日本酒に酔いしれる 根津のグルメと、穴場店の豊富な 千駄木のグルメをご紹介!下町情緒を楽しめる街、谷中・根津・千駄木エリア。最近は、日本人だけでなく外国人も訪れる人気スポットとなっています。その街の隅々まで、食べ歩きならぬ飲み歩きをしつつ巡ってみました。

ひみつくじら【根津】

ツチくじら氷温熟成赤肉 お刺身など、くじら尽くし盛り合わせ 2890円

写真は赤肉、トロくじら、赤ベーコン、さえずり。盛り合わせは1480円〜で、内容は仕入れによって変わる

捕鯨基地で氷温熟成させて風味をさらに凝縮させており、刺身を口にするとまったく臭みがなく、深い旨みに驚かされる。6月末から8月中旬までは、生のまま直送されたクジラを賞味できるので、特に狙い目だ。

東京都文京区根津1-27-7 ☎03-5834-7157 [営]17時~22時 LO、土・日・祝12時~22時 LO [休]火、第1・第3月 [席]カウンター5席、テーブル2席×1卓、3席×1卓、5席×1卓、6席×1卓 計21席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし、お通し600円別 [交]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩5分

根津 日本酒 多田【根津】

おまかせセット(日本酒一杯に前菜と刺身で2160円)

店主の多田さんは31歳。外資系ホテルや北千住『日本酒宿七色』などで修業を積んでおり、堅実な和食から洋風メニューまで取り揃え、それにしっくりと合う日本酒を供してくれる。まずは「おまかせセット」(日本酒一杯に前菜と刺身で2160円)の注文を。これだけで、店の実力が計り知れるはずだ。

東京都文京区根津2-15-12 木村ビル1階 ☎03-5809-0134 [営]17時半~23時半 (22時半LO)、土・日・祝15時半~22時 (21時LO) [休]月 [交]地下鉄千代田線 根津駅 1番出口 徒歩3分、地下鉄千代田線 千駄木駅 1番出口 徒歩11分

そばこころ 蕎心(きょうしん)【根津】

鴨汁 1600円

日本家屋の1階はテーブル席で2階は座敷。昼の腹ごしらえはもちろん、「そば刺し」、「蕎麦豆腐の揚げ出し」(各500円)などの蕎麦前と共に、酒をゆっくり楽しみたくなる良店だ。

東京都文京区根津2-11-10 ☎03-5842-1433 [営]11時~15時、17時半~21時 ※ランチタイム有[休]木 [交]地下鉄千代田線根津駅より徒歩1分

根津たけもと【根津】

おつまみ3点盛(鱧のフライ、鮪と九条葱のぬた、タタミ鰯) 1400円

一人客用、料理を少量ずつ盛ったメニュー。衣はカリカリ、中はふんわりの鱧フライ、揚げることで風味がふくらんだタタミ鰯など、どれも酒が進む一品だ。その日の仕入れによって内容は変わる

酒は料理に合わせることを考えて香りは抑えめ、有名蔵から希少な蔵までその個性をきちんと感じられるラインナップだ。手際よい調理風景と共に旨い酒と肴を満喫したい。

東京都文京区根津2-14-10 B1F ☎03-6753-1943 [営]17時~23時(22時半LO)、土16時~23時(22時半LO) [休]日(月が祝の場合は営業し、翌月休) [席]カウンター8席、テーブル2席×5卓 計18席/全席禁煙/カード可(10000円~)/予約可/サなし、お通し代680円別 [交]地下鉄千代田線根津駅1番出口から徒歩3分

串焼 とくり【千駄木】

ちぎも、ねぎま 各190円

脂に臭みがなく甘みのある肉を、スタンダードな焼き鳥からささみのアンチョビマヨのような変わり串にして提供している。焼き鳥以外の一品料理も豊富で、日本酒やワインなど、和洋どんな酒とも合う。夫婦息の合った接客で居心地もいい。

東京都文京区千駄木2-49-8 ☎03-3821-8910 [営]18時~23時LO(焼物22時半LO)、日・祝15時半~20時半(LO) [休]月 [交]地下鉄千代田線千駄木駅団子坂出口から徒歩5分

和菓子薫風【千駄木】

寒天ぜんざい 540円
吉乃友 540円

甘夏の風味とほろりと崩れる寒天の食感が心地よい一品。フルーティで酸の切れがいい酒が合う

たとえば写真の「寒天ぜんざい」は寒天と粒あんに甘夏のピールとジャスミン茶のシロップを添えており、粒あんにさわやかな風味を加えて個性を出している。店内ではこのような菓子と共に、日本酒(540円)を合わせて楽しむことができる。

東京都文京区千駄木2-24-5 ☎03-3824-3131 [営]13時半~20時、土・日13時半〜19時 [休]月、火、土日不定休 [席]テーブル 8席×1卓 計8席/全席禁煙/カード不可/予約応相談/サなし [交]地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩2分

ビアパブイシイ(谷中)

国産クラフトビールで喉を潤す

地元の人間でにぎわう、普段使いのできるパブ。飲食店で修業を重ねた店主・石井さんが国産クラフトビールの旨さに魅せられ、よみせ通り沿いに2013年4月に開いた。クラフトビールは樽が空く度に新しい銘柄に替えるため、いつ行っても違うビールが飲めると好評だ。来店は少人数がオススメ。

写真:フィッシュ&チップス(穴子) 1000円

店舗情報

[住所]東京都台東区谷中3-19-5 結城ビル1階 [TEL]03-3828-7300 [営業時間]17時~翌1時(フード24時LO、ドリンク24時半LO)、日15時~22時(フード21時LO、ドリンク21時半LO) [休日]月 [席]カウンター11席、テーブル2席×2卓 計15席/全席禁煙/カード不可/予約不可/サなし [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩6分

三陽食品(谷中)

自家製ところてんを店頭で販売

ところてんや寒天、こんにゃくを販売する昔ながらの店。作りたてのところてんを天突きで突いてくれて、酢醤油かけ130円、黒蜜かけ180円などが店頭で食べられる。持ち帰り用は2人前分150円。お土産にもどうぞ。

写真:ところてん 130円

店舗情報

[住所]東京都台東区谷中3-8-9 [TEL]03-3821-0672 [営業時間]7時〜19時 [休日]日 [交通アクセス]地下鉄千代田線千駄木駅2番出口から徒歩3分、JR日暮里駅から徒歩7分

日本酒BAR 福助(谷中)

2016年2月にオープンしたスタンディングバー。日本酒は辛口を中心に約20種、500円〜。料理は軽いつまみから肉・魚料理まで、海外ホテルの日本料理店で料理長を務めてきた店主が調理する。さっと飲みたい時にもしっかり食べたい時にも使える、重宝する一軒だ。

写真:大吟醸 板粕のカマンベールチーズ焼き 700円

店舗情報

[住所]東京都台東区谷中3-13-8 [TEL]03-4296-6720 [営業時間]17時~翌1時(24時半LO)、 土・日 12時~15時、17時~24時 [休日]火 [交通アクセス]東京メトロ千代田線 千駄木駅から徒歩3分、JR 日暮里駅から5分

筆や(谷中)

和酒? ワイン? 気分次第で

ビストロでも居酒屋でも楽しめるうれしい店なのだ。団子坂下から谷中霊園方面にのんびり散歩しつつ、最後に美味でクライマックス! 名物は2日間煮込んだシチューと聞けばビストロを想像するが、メニューには厳選した日本酒(燗もあり)と、鮮魚の刺身なども。

写真:タンシチュー(単品) 2100円

店舗情報

[住所]東京都台東区谷中7-4-1 [TEL]03-3827-1144 [営業時間]12時〜14時半LO(土・日・祝11時半〜)、18時〜22時半LO(土・日・祝〜21時LO) [休日]月・火、第3日(夏季、年末年始) [交通アクセス]JR日暮里駅南口から谷中霊園を通り抜け 徒歩10分、千代田線千駄木駅から徒歩10分

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3455views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt